Hybrid Connections (プレビュー)


このポストは、5 月 13 日に投稿された Hybrid Connections (Preview) の翻訳です。

今回導入された Hybrid Connections は、Azure 上でハイブリッド アプリケーションを簡単に構築できる画期的な新機能です。Hybrid Connections は Azure BizTalk Services の機能で、Azure 管理ポータルから簡単な操作を実行するだけで、Azure Web サイトやモバイル サービスをオンプレミスのサービスおよびデータに接続できます。また、無料版 Azure BizTalk Services も導入され、この新しいハイブリッド接続をお気軽に体験していただくことができます。

Hybrid Connections では、Azure Web Sites でサポートされるフレームワーク (.NET、PHP、Java、Python、node.js) と Mobile Services でサポートされるフレームワーク (node.js、.NET) がすべてサポートされます。多くのアプリケーション固有のプロトコルを含むさまざまなマイクロソフト製および他社製 LOB アプリケーションもサポートされますが、一部サポートが制限される場合もあります。Hybrid Connections では、ネットワーク境界に対する変更 (VPN ゲートウェイの構成や、受信トラフィックに対するファイアウォール ポートの開放など) は必要ありません。Hybrid Connections を使用することで、企業の管理者は、ハイブリッド アプリケーションによってアクセスされるリソースを管理および把握することができます。

Hybrid Connections により、Azure Web Sites および Mobile Services では、オンプレミスのリソースが同じプライベート ネットワーク上に存在するかのようにアクセスできるようになります。そのため、アプリケーション管理者は構成に最低限の変更を加えるだけで、特定のフロントエンド層を Azure に移行し、エンタープライズ アプリケーションをハイブリッド シナリオに拡張することができます。

ハイブリッド接続を使用して Web サイトをオンプレミスのリソースに接続するには:

1. Web サイトの Azure Preview Portal にアクセスし、[Operations] レンズの [Hybrid Connections] タイルを選択して [ADD] をクリックします。

2. 既存のハイブリッド接続を選択するか、新しいハイブリッド接続を作成します。

a. ハイブリッド接続名と、オンプレミスのリソースのホスト名およびポートを入力します。

b. 既存の BizTalk サービス インスタンスを使用するか、新規の BizTalk サービス インスタンスを作成します。

3. [OK] をクリックします。

接続が作成されると、状態が [NOT CONNECTED] であると表示されます。以下の手順により、任意のオンプレミスの Windows ホストから、ワンクリックで接続を確立することができます。

4. ハイブリッド接続を選択します。

5. [Listener Setup] をクリックします。

6. [Hybrid Connection] プロパティ ブレードで [Install and configure now] を選択します。すると、ハイブリッド接続のセットアップの許可を求めるダイアログが表示されます。

7. これを許可することで、ハイブリッド接続のセットアップが完了します。

ポータルに表示されるハイブリッド接続の状態が [CONNECTED] に変わります。これで、Web サイトがオンプレミスのサーバーに接続されました。

Mobile Services の場合も、Azure Management Portal を使用して同じように簡単に設定できます。

1. BizTalk サービスを作成していない場合は、新規作成します。BizTalk サービスの [HYBLID CONNECTIONS] タブに移動し、新しいハイブリッド接続を追加します。

2. 上記の手順で、BizTalk Services または Web Sites ポータルからハイブリッド接続を作成します。

3. モバイル サービスの [Configuration] タブに移動し、[Hybrid Connections] のセクションまでスクロールします。

4. [Add Hybrid Connection] をクリックし、モバイル サービスで使用するハイブリッド接続を選択します。

Hybrid Connections を使用することで、Azure Web サイトまたはモバイル サービスがプライベート ネットワーク上でローカルにホストされている場合と同じようにアプリケーション接続文字列および API を使用できます。たとえば、‘payrollSQL.corp.contoso.com’ というオンプレミスの SQL サーバーに接続する場合、Azure Web サイトまたはモバイル サービスで、“Data Source=payrollSQL.corp.contoso.com;Initial Catalog=payrollDB;User ID=<user>;Password=<password>” という SQL 接続文字列を使用できます。

Hybrid Connections の詳細については、以下をご覧ください。

· 概要:「Hybrid Connections (英語)

· 手順:「Azure Web サイトとオンプレミスのリソースを接続する (英語)

· チュートリアル:「Hybrid Connections を使用して Azure Web サイトをオンプレミスの SQL Server に接続する (英語)

· チュートリアル:「Hybrid Connections を使用して Azure Mobile Services の .NET バックエンドをオンプレミスのリソースに接続する (英語)

 

Comments (0)

Skip to main content