Visual Studio 2013 Update 2 RC および Azure SDK 2.3 のリリースを発表


このポストは、4 月 4 日に投稿された Announcing release of Visual Studio 2013 Update 2 RC and Azure SDK 2.3 の翻訳です。

マイクロソフトは、Visual Studio 2013 Update 2 RC および Azure SDK 2.3 for .NET のリリースを発表しました。これにより、Azure で開発を行う際に役立つ機能が多数追加されます。

Visual Studio 2013 Update 2 RC

今回リリースされる Visual Studio 2013 の更新プログラムには、Azure での開発およびテストのためのツールが組み込まれています。

Azure SDK 2.3 for .NET

Azure SDK 2.3 for .NET を追加インストールすると、以下の機能が使用できます。

  • 仮想マシン: ネイティブ コードおよびマネージ コードのリモート デバッグ機能 [関連記事] や、サーバー エクスプローラーで仮想マシンを作成する機能 [関連記事] を利用可能です。
  • Web サイト: リモートでファイルやログを表示、編集できる [関連記事 (英語)] と共に、改良された Web 発行エクスペリエンスを使用して簡単に Web を発行することができます [関連記事 (英語)]。
  • クラウド サービス: Emulator Express の一般提供が開始され [関連記事]、「標準ユーザーとして実行」のサポートおよびネイティブ コードのリモート デバッグが可能になります [関連記事]。
  • ストレージ: 更新されたストレージ エミュレーターとストレージ クライアント 3.0 がリリースされ、新しいプロジェクトが利用できるようになります [ストレージ デベロッパー センター (英語)]。
  • PowerShellX-Plat CLI、および .NET の自動化 (Azure SDK 2.3 から個別にダウンロード): リソース マネージャー [PowerShell の関連記事 (英語)X-Plat CLI の関連記事 (英語)] のほか、Web サイト、クラウド サービス、および仮想マシンの自動化に使用する多数の新規コマンド [PowerShell の関連記事 (英語)X-Plat CLI の関連記事 (英語)] などがサポートされます。

Visual Studio 2013 Update 2 RC はこちらのページ (英語) から、Azure SDK 2.3 は Azure .NET デベロッパー センター (英語) からダウンロードできます。自動化ツールは、Azure PowerShell (英語)X-Plat CLI (英語).NET クライアント ライブラリ (英語) のダウンロード ファイルに同梱されています。

今回紹介した内容の詳細については、今後のブログ記事でご説明しますので、引き続きご注目ください。

Comments (0)

Skip to main content