Microsoft Azure Web サイトの価格帯を更新


このポストは、4 月 4 日に投稿された Pricing Tiers updates for Microsoft Azure Websites の翻訳です。

編集メモ: 今回は、Windows Azure Web サイト チームでプログラム マネージャーを務める Byron Tardif による記事をご紹介します。

Microsoft Azure Web サイトの新しいリリースでは、価格帯が一部変更されると共に、Web サイトの柔軟なスケーリングを実現するWeb ホスティング プランが導入されます。

価格帯変更の最大のポイントは、Basic (基本) レベルの新規導入です。これは、実稼動サイトを対象としたもので、小規模のサイトや、開発とテストのシナリオをサポートします。Basic (基本) レベルの価格帯では、最大 3 つの仮想マシンを専用インスタンスとして Web サイトの実行に使用でき、SSL サポート、ジョブのスケジューリング、エンドポイントの監視などがサポートされます。

Standard (標準) レベルでも一部変更が行われ、費用対効果が向上します。まず、Standard (標準) レベルでは、50 GB のストレージ (なんと以前の 5 倍以上!)、SNI SSL 5 つの無料サポート、専用 IP 1 つ、無制限の Web Sockets 接続が提供されるようになります。次の表に、各価格帯で利用可能な機能やリソースをまとめています。

さらに、価格帯のコンセプトの一部として、リソース管理の新しい方法である Web ホスティング プラン (従来の Web サイト モード類似の機能) が導入されます。価格帯Web ホスティング プランの属性の 1 つで、これに基づいて、プランに含まれているサイトで使用可能なリソースと機能が決まります。下図は、これが従来の Azure 管理ポータルおよび Azure 管理ポータル プレビューでどのように表示されるかを示したものです。

Web ホスティング プランの導入により、各価格帯のお客様がスケーリングとコストをきめ細かく調整できるようになるだけでなく、料金設定と提供される機能のバランスに関して他のホスティング オプションと比べ高い競争優位性が確保されます。Web ホスティング プランの詳細については、こちらのページ (英語) およびこちらの記事 (英語) をご覧ください。

Comments (0)

Skip to main content