Windows Azure HDInsight が Hadoop 2.2 クラスターのプレビュー版をサポート


このポストは、2 月 13 日に投稿された Windows Azure HDInsight supports preview clusters of Hadoop 2.2 の翻訳です。

マイクロソフトは昨年 10 月に Windows Azure HDInsight の一般提供を開始しましたが、このたび Windows Azure HDInsight で新たに Hadoop 2.2 クラスターのプレビュー版をサポートすることを発表しました。

Windows Azure HDInsight は、マイクロソフトが100%  Apache Hadoop をベースとして構築した Windows Azure 用ディストリビューションです。Hadoop は大規模なデータの分析を行う分散ストレージおよび分散処理のプラットフォームであり、リレーショナル データと非リレーショナル データの両方に対応しています。HDInsight を使用すると、Azure ユーザーは、Windows Azure BLOB ストレージのデータや計算ノードのローカルにあるネイティブ HDFS ファイル システムのデータを利用することができます。さらに、Hadoop クラスターに動的にプロビジョニングしてデータを処理し、Windows Azure の柔軟なスケーリングを活用することも可能です。CIO Magazine (英語) では、HDInsight で大規模なデータを活用し、新しい種類のデータを統合して分析を行っているユーザーの特集記事を公開しています。ぜひご参照ください。

Windows Azure HDInsight での今回のサポートによって、クエリの応答時間が大幅に短縮 (最大で 40 倍) されるほか、データ圧縮 (最大で 80%) によってストレージ要件が緩和され、さらに YARN の利点 (英語) (Hadoop の新しいデータ処理システムへのアップグレード) も活用できるようになります 。Windows Azure HDInsight は、世界中に存在する Windows Azure のデータセンター設置地域のうち、中国以外の地域 (北米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア) でご利用いただけます。

Hadoop 2.2 のプレビュー版のサポートが決定した Windows Azure HDInsight の使用開始を検討しているお客様は、こちらのページ (英語) の案内をご参照ください。また、参考として以下に関連資料をまとめましたので、ぜひこちらもご確認ください。

Comments (0)

Skip to main content