モバイル用オフライン同期管理 SDK の一般提供開始を発表

このポストは、12 月 18 日に投稿された Announcing General Availability of Mobile Offline Sync Managed SDK の翻訳です。 最新のモバイル アプリを開発する際には、エンド ユーザーが必ずしもネットワークにアクセスできるわけではないという実態を考慮する必要があります。ネットワークにアクセスできない状況は、一時的なネットワーク障害の場合もあれば、モバイル アプリをよく使用する場所が接続の悪い遠隔エリアであるという場合もあります。また、モバイル デバイスのデータ プランは非常に高額になることもあり、ユーザーにはネットワーク通信量の少ないアプリが好まれます。しかし、オフライン時に適切な同期処理を実行するのは難しく、アプリの多くはオフラインでの使用に対応していません。 Azure Mobile Services では iOS、Android、Windows のアプリでネイティブな同期処理エクスペリエンスを簡単に使用することができます。この機能は JavaScript と .NET の両方のバックエンドで利用可能で、Windows Universal (英語)、iOS (英語)、Xamarin iOS、Xamarin Android、Android の各クライアントをサポートしています。 マイクロソフトはこのたび、Windows 用および Xamarin 用のオフライン管理クライアント SDK (英語) の一般提供開始を発表しました。なお、iOS 用と Android 用の SDK は近日中に一般提供の開始を予定しています。 オフライン同期には、次のような多くのメリットがあります。 サーバーのデータをデバイスにキャッシュすることで、アプリの応答性が向上 ネットワーク問題が発生しても使用できる、堅牢なアプリを作成可能 接続が悪いまたは接続できないなど、ネットワークにアクセス不可能な状況でもデータの作成や変更を実行可能 複数のデバイスの間で同期を実行し、2 つのデバイスで同一のレコードが変更された場合に競合を検出 データ プランに上限があるユーザーのネットワーク使用を制限…

0

Azure HDInsight: クラスターのカスタマイズ機能の一般提供開始と、Spark、R、Giraph、Solr などの Hadoop プロジェクト用テンプレートの追加の発表

このポストは、12 月 18 日に投稿された Azure HDInsight Makes Cluster Customization Generally Available And Provide more Templates for Hadoop projects including Spark, R, Giraph, and Solr の翻訳です。 11 月にパブリック プレビューを発表した Script Action は、Apache Hadoop エコシステムで提供されている各種プロジェクトを使用して HDInsight クラスターをカスタマイズできる機能です。新しい Hadoop プロジェクトが使用可能になると、すぐに追加することができます。プロジェクトの追加は、強力かつ柔軟に Hadoop クラスターをカスタマイズできる PowerShell のスクリプトで行います。このカスタマイズ オプションは、Hadoop、HBase、Storm などのあらゆる種類の HDInsight クラスターで使用可能です。 このたびこの Script Action の一般提供が開始され、クラスターのカスタマイズが完全にサポートされるようになりました。これにより、今後は上記のようなカスタマイズ操作を、PowerShell だけでなく GUI でも実施することができます。つまり、Script Action のユーザー インターフェイスから、スクリプトの URI、実行を許可するノードの種類、スクリプトのパラメーターを指定することができます。…

0

Azure を管理する Microsoft アカウントの失効にご注意を

Microsoft Azure の「アカウント管理者」として登録されている Microsoft アカウントが失効すると、Azure サブスクリプションが無効化されてしまいます。 通常時、Azure の管理を共同管理者やサービス管理者の ID のみで運用していて、アカウント管理者の ID では管理ポータルやアカウントポータルにアクセスしていないという場合はご注意ください。 Consumerサービスとして提供されている Microsoft アカウントは連続して 2 年以上サインインしていない場合、サーバーから自動的に削除されます。アカウントへの「サインイン」の例としては下記のようなものがあります。 サインイン先の例 OneDrive (https://onedrive.live.com/about/ja-jp/) Azure アカウントポータル (https://account.windowsazure.com) Azure 管理ポータル(https://manage.windowsazure.com) 有効期限が切れたMicrosoft アカウントでサインインを試みようとした場合は、「指定した Microsoft アカウントは登録されていません。」というメッセージが表示され、サインインできません。この Microsoft アカウントをアカウント管理者として作成された Azure サブスクリプションは無効化されてしまいます。 現在のところ、失効前の通知などはありませんので、Azure のアカウント管理者となっている ID によるサインインを定期的に行っていただくようにお願いします。   アカウント管理者の種類と権限の関係についてはこちらをご参照ください。 Azure スライドシリーズ S93 「Microsoft Azure サービスの管理」 http://www.slideshare.net/MicrosoftAzure_Japan/s93-microsoft-azure EA 管理者、サービス管理者、共同管理者として登録されている Microsoft アカウントが失効しても、Azure サブスクリプションに与える影響はありません。   なお、アカウント管理者として Microsoft アカウントではなく組織アカウント…

0

Azure Data Factory の更新: Azure Machine Learning との統合

このポストは、12 月 16 日に投稿された Azure Data Factory Updates: Integration with Azure Machine Learning! の翻訳です。 お客様のご要望にお応えして、Azure Data Factory では、Azure Machine Learning との統合を実現する大きな機能強化を実施しました。今後は、完成した Azure Machine Learning モデルを Data Factory のパイプラインから実行できます。これにより、使い慣れたスコアリング モデルに複数のソースからのデータを繰り返し入力することができます。シームレスな統合の実現により、ローンの債務不履行の可能性の特定、センチメントの判定、顧客行動パターンの分析といった予測シナリオをバッチ処理で実行することが可能になります。 AzureMLLinkedService と AzureMLBatchScoringActivity を作成すると、データ パイプラインにバッチ処理用の Azure Machine Learning モデルをすぐに呼び出すことができます。 AzureMLLinkedService これは、Azure Machine Learning ワークスペースに発行された Machine Learning モデルへのバッチ スコアリング URL (mlEndpoint) です。任意の Machine Learning モデルにアクセスするためには、このエンドポイントに加えて API キーが必要になります。API キーは、発行された…

0

Azure Backup で Windows クライアント オペレーティング システムのサポートを発表

このポストは、12 月 16 日に投稿された Azure Backup – Announcing Support for Windows Client Operating System の翻訳です。 このたび、Azure Backup で Windows 7、Windows 8、Windows 8.1 からの Azure へのデータ バックアップがサポートされるようになりました。サポートされるクライアント オペレーティング システムのバージョン (SKU) の詳細については、サポート技術情報の記事 KB3015072 (機械翻訳) をご覧ください。この記事の更新プログラムをダウンロードして実行すると、以下を含む、ここ数か月の間にリリースされたすべての機能が自動的にインストールされます。 KB2989574 (機械翻訳): 850 GB を超えるデータ ソースのサポート KB2997692 (機械翻訳): 保持期間の拡大とサインアップおよび登録の簡素化 KB2999951 (機械翻訳): Windows Server 2008 のサポート KB3015072 (機械翻訳): Windows 7、Windows 8、Windows 8.1 のサポート…

0

Virtual Machines で Premium Storage の使用が可能に

このポストは、12 月 11 日に投稿された New Premium Storage-Backed Virtual Machines の翻訳です。 このたびマイクロソフトは、Azure Premium Storage のパブリック プレビュー版をサポートすることを発表しました。Azure Premium Storage は SSD をベースとする新しい種類のストレージで、入出力処理の負荷が高いワークロードに対応することを目的として設計されています。Premium Storage を利用すれば、要件に合わせて永続ディスクをプロビジョニングし、最適なサイズやパフォーマンス特性を構成できます。また、複数の Premium Storage のデータ ディスクを 1 台の VM にアタッチし、ストライピングを行えます。これにより、アプリケーションに VM 1 台あたり最大 32 TB のストレージを割り当て、レイテンシを非常に低く抑えつつ 50,000 IOPS の処理能力を持たせることが可能となります。Premium Storage の詳細については、Premium Storage の概要 (英語) をご覧ください。 ここからは、新しい Premium Storage を Virtual Machines で使用する方法を説明します。 パブリック プレビューにサインアップする まず、パブリック…

0

Azure HDInsight に Azure Websites との統合機能が組み込まれ Web ログの分析が可能に

このポストは、12 月 9 日に投稿された Azure HDInsight Introduces Built-in Integration with Azure Websites to do Web Log Analytics の翻訳です。 Azure Websites を使用して Web サイトや Web アプリをデプロイしているお客様は、日ごろから、すべての HTTP トランザクションを追跡する Web ログや詳細なエラー ログを生成していらっしゃることと思います。これらのログは、半構造化データの非リレーショナル ファイルとして Azure Blobs に格納されます。従来、半構造化データは、抽出してリレーショナル形式のテーブルやデータベースに変換しないと分析が困難でした。 非リレーショナル形式の大規模なファイルの分析などでの利用を目的として構築された Hadoop を導入すると、Web ログを活用して、全体の Web トラフィック、ユーザーがサイトに留まった時間、特定のページやキャンペーンの有効性といったサイトのメトリックを把握できるようになります。 しかし、多くの企業では Hadoop を使用するだけの専門知識が足らず、使用を開始するためにはサポートが必要であるのが実情です。そこで、Hadoop の生産性をすばやく利用できるようにするために、Azure HDInsight のクエリ コンソールが更新され、テンプレート ギャラリーの参照が可能になり、またガイドに沿ってタスクを作成できるようになりました。タスクを利用することで、Azure Websites で取得されたログ ファイルを簡単に分析できます。また、今後数か月以内にさらにタスクが追加される予定です。     ご利用をご希望のお客様は、https://manage.windowsazure.com/ にアクセスし、Azure…

0

Azure Media Services でライブ チャネルの一般提供を開始

このポストは、12 月 11 日に投稿された Azure Media Services Announces General Availability of Live Channels の翻訳です。 このたび、Azure のサービス レベル アグリーメント (SLA) をフル サポートした Azure Media Services のライブ チャネルをすべてのユーザー向けに一般提供することを発表しました。これは NBC Sports などの放送局がイングランドのプレミア リーグ、NHL ホッケー、サンデー ナイト フットボールなどのスポーツ番組のライブ配信に使用しているものと同一のマルチプラットフォームのライブ サービスで、今年開催されたソチ冬季オリンピックや FIFA ワールド カップでも 10 局以上の国際放送局がこのサービスを利用してシームレスな配信を行いました。 機能や料金の詳細については、ライブ ストリーミングの利用開始についてのブログ記事、Media Services の Web ページ、Media Services の料金ページ、または MSDN のライブ ストリーミングのページをご覧ください。

0

Azure Active Directory ニュース: アプリケーション プロキシの一般提供開始、および新機能のリリース

このポストは、12 月 11 日に投稿された Azure Active Directory News: Application Proxy General Availability and many more new additions の翻訳です。 今年もそろそろ終わりに近づきました。この 1 年の締めくくりとして、Azure Active Directory チームから皆様にビッグなリリース情報をお届けしたいと思います。私たちは今回パブリック プレビューとして多数の新機能をリリースしました。また、いくつかの機能では一般提供も開始しました。 ここでは Azure Active Directory アプリケーション プロキシの一般提供についてお伝えします。Azure Active Directory を使用すると、オンプレミスでホストされているあらゆる種類の Web アプリケーションでシングル サインオンと安全なリモート アクセスを利用できるようになります。アプリケーション プロキシは Web アプリケーションを発行する機能で、Premium Edition と Basic Edition の両方でご利用いただけます。これにより、オンプレミスの Web アプリケーションも SaaS アプリケーションと同様に配信できるため、一貫性の高いスムーズなエクスペリエンスをエンド ユーザーに提供できます。 アプリケーション プロキシおよび今回リリースされた他の機能の詳細については、Active Directory チームのブログ…

0

11 月 18 日に発生した Azure Storage サービスの中断に関する根本原因分析と改善策の最終報告

このポストは、12 月 17 日に投稿された Final Root Cause Analysis and Improvement Areas: Nov 18 Azure Storage Service Interruption の翻訳です。 2014 年 11 月 18 日、Azure Storage および Virtual Machines などのその他の一部のサービスにサービス中断が発生し、多数の Microsoft Azure ユーザーの皆様にその影響が及びました。インシデント発生後、マイクロソフトでは根本原因分析 (RCA) の暫定報告をまとめたブログ記事を公開し、問題の解決に向けてどのように取り組んでいるかをお伝えすると共に、このインシデントの調査と対策強化を最優先事項として取り組んでまいりました。今回の記事では、このような問題の再発防止策や、お客様とのコミュニケーションやサポート対応の改善策の概要を含む、根本原因分析の最終結果をお伝えいたします。マイクロソフトは、今回のサービス中断によりお客様のアプリケーションおよびサービスに多大なる影響が出ましたことを真摯に受け止め、心よりお詫び申し上げます。また、お客様から Microsoft Azure にお寄せいただいている信頼に改めて感謝しますと共に、フィードバックのご提供を通じて弊社製品の継続的な改善にご協力いただいている皆様にお礼申し上げます。 根本原因分析 11 月 18 日 (太平洋時間) (11 月 19 日 (協定世界時間))、Microsoft Azure でサービス中断が発生し、複数のリージョンで Azure Storage サービスへの接続が断続的に切断される状態となりました。また、Azure Virtual Machines…

0