WindowsAzure.com で必要なコンテンツを見つける


このポストは、3 月 21 日に投稿された Find the content you need on WindowsAzure.com の翻訳です。

編集メモ: 今回は、データ プラットフォーム チームのコンテンツ パブリッシング シニア マネージャー、Paulette McKay の投稿を紹介します。

今週、Windows Azure の技術的コンテンツの利用環境についていくつか大きな変更がありました。必要なコンテンツをすばやく、的確に、かつ簡単に見つけることができるようになっています。ホームのページから「開発」と「管理」のタブがなくなっていることに既にお気付きのことでしょう。これらは、Documentation (英語) という 1 つのページに置き換えられました。 (* 現状 (2013/03/28)、日本のサイトでは 「開発」 「管理」 から 「Documentation」 ページにアクセスすることができます。)

このドキュメント センターから、関心のある機能を試してみたいときに役立つコンテンツに簡単に移動できます。たとえば、Web サイトを構築する、Windows ストア アプリのクラウドベースのバックエンドを作成するなどの方法を知ることができます。

デベロッパー センターにも簡単にアクセスできます。アーキテクチャ ガイダンス、リファレンス ガイド、コード サンプルなどを参照できます。

「What’s New」 セクションには機能やサービスに関する最新の情報が掲載されます。「Top Articles」セクションでは、お客様からよく寄せられる質問に対する回答が主に紹介されます。「Blog」 からは、どのような人たちが Windows Azure を話題にしているのかを知ることができます。他には、Windows Azure のフォーラムへのリンクもあります。

新しいドキュメント ページとともに、先週、新しいダウンロード ページも公開されました。すべての SDK、ライブラリ、PowerShell コマンドレット、コマンドライン ツールへのリンクがこの 1 ページにまとめられています。すべてのツールおよび SDK の最新バージョンを直接インストールするリンクが提供されているだけでなく、以前のリリースのアーカイブへのリンクや、初めて使用する際に役立つ記事へのリンクも提供されています。

今回の変更は、必要なコンテンツを見つけやすくするための取り組みの第一段です。今後数か月のうちに、ドキュメントの利用がいっそう便利になるよう、さらに改良を行う予定です。引き続きご注目ください。

ご利用になった皆さまからのご意見もお待ちしております。

Comments (0)

Skip to main content