新機能! Dropbox から Windows Azure Web サイトへのデプロイ


このポストは、3 月 19 日に投稿された New! Deploy to Windows Azure Web Sites from Dropbox の翻訳です。

Windows Azure Web サイトにソース コードを発行する手段には、現在、数多くの選択肢があります。たとえば、Visual Studio や Web Matrix などの開発ツールから発行したり、自身の PC 上にあるローカルの Git レポジトリからコードを送信したりできます。また、Team Foundation Service (英語)GitHub (英語)CodePlex (英語)Bitbucket (英語) などのプロバイダーから継続的にデプロイするように設定することもできます。これらはいずれもそれぞれにすばらしい機能を備えていますが、ユーザーはツールに精通する必要があり、そのためにはある程度の学習を積まなければなりません。しかし、本日リリースの Azure 管理ポータルでは、新しく Dropbox からのデプロイがサポートされますので、そのような学習の心配はなくなります。

Dropbox は、ローカルの Dropbox フォルダーにファイルをコピーするだけで、簡単に複数のコンピューターでファイルを共有できるようにするフリーのサービスです。これにより、Web サイトも簡単に Windows Azure にデプロイできます。ファイルを自分の Dropbox フォルダーにコピーして、デプロイ用のボタンをクリックするだけです。これ以上簡単な方法はありません。以下に、設定の方法を説明します。

  1. Azure 管理ポータルで、ダッシュボードまたはクイック スタートのページから「Set up deployment from source control」をクリックします。
  2. ウィザードで Dropbox を選択し、クリックして次に進みます。Windows Azure に、自分の Dropbox\Apps\Azure フォルダーへのアクセスを許可します。
  3. Web サイトのソース コードを格納する、Dropbox\Apps\Azure 配下のサブフォルダーの名前を指定します。

デプロイするには、単純に、ローカル コンピューター上の指定したフォルダーにソース ファイルをコピーします。ポータルで「Sync」ボタンをクリックすると、コードが Dropbox から Windows Azure に同期されます。これで完了です。

Windows Azure SDK でサポートされるプラットフォームはすべてサポートされます。このため、.NET、PHP、Node アプリケーションについても、ソース ファイルをコピーすれば、サイトをデプロイし実行するサーバーに同様の処理が行われます。デプロイ時の処理を制御したい場合は、Git デプロイ用にサポートされている同じカスタム デプロイ スクリプト (英語) の機能を利用できます。

他のデプロイ方法と同様、Windows Azure でも Web サイトのデプロイ履歴が保持されます。このため、何をデプロイし、いつ公開したのかを簡単に確認できます。また、以前の状態に戻したい場合は、デプロイ履歴からボタンをクリックするだけで以前のバージョンを再度デプロイできます。

実際のデモをこちらの 2 分間のスクリーンキャスト (英語) でご覧ください。Windows Azure へのデプロイはとても簡単になりました。ぜひ実際にお試しください。

Comments (0)

Skip to main content