Windows Azure モバイル サービスで、Android のサポートと東アジア地域でのサービス提供を開始


このポストは、3 月 6 日に投稿された Windows Azure Mobile Services adds Android support and extends availability to East Asia の翻訳です。

Windows Azure モバイル サービスは、連携性の高いダイナミックでスケーラブルなモバイル アプリを構築する開発者を支援するものです。モバイル サービスを使用すると、皆さんが作成したアプリを Windows Azure でホストされているスケーラブルでセキュアなバックエンドに接続できるだけでなく、クラウドでのデータ保存、ユーザー認証、プッシュ通知の送信も可能になります。Scott Guthrie が Windows Azure モバイル サービスの最初の公開プレビュー版 (英語) を発表した際に、Windows ストア、Windows Phone 8、iOS、そして Android のアプリ開発者の皆さんに最高のサポートをお届けするとお約束したとおり、8 月には Windows ストアのサポートを開始し、その後間もなく iOS (英語)Windows Phone 8 のクライアント ライブラリの提供も行いました。

また、サポート対象プラットフォームを増やすのと同時に、一定間隔でスクリプトを実行するスケジューラ (英語) や、モバイル サービスの作成と管理を自動化するコマンドライン ツール (英語) といった便利な機能を投入してきました。スケジューラは、煩雑な反復タスクをたった数回のクリック操作で実行できるようにする、モバイル サービスに欠かせない重要な追加機能です。アプリケーションの中には、Twitter のデータを 1 時間ごとに集約するものや、1 日のダイジェストを毎日電子メールで送信するもの、データベースのクリーンアップを毎週実施するものなど、定期的にタスクを実行するものがあります。このような場合、これまでは何日もかけて独自のソリューションを作成する必要がありましたが、スケジューラを使用すれば、簡単な設定をするだけで済むようになります。また、XamarinTwilio (英語)SendGrid (英語)Pusher (英語) との提携によってモバイル サービスの機能セットを拡張したほか、ほぼすべてのモバイル プラットフォームに対応したことで、開発者の皆さんが使い慣れたサービスを使用してアプリを構築できるようにしました。 

これだけではありません。Scott Guthrie の最近の記事 (英語) にもあるように、Windows Azure モバイル サービスにはさらに以下のような重要な更新が行われました。

  • Android ネイティブ アプリの開発を完全サポート
  • 東アジア地域での提供を開始

これまでにモバイル サービスを使用して構築されたアプリは、非常に素晴らしいものばかりです。これにはたとえば、Johnson & Johnson の Digital Health ScorecardVGTVSlot MachineSlyFox (すべて英語) などがあります。モバイル サービスは、こうした魅力的なオンライン アプリを作成している世界中の開発者を支援してきました。この中に Android 開発者の皆さんへのサポートが加わることでどのようなアプリが誕生するか、とても楽しみです。

マイクロソフトは、開発者の皆さんがそれぞれ使い慣れた言語やツール、サービスを使用して、あらゆる主要なモバイル プラットフォーム向けのクラウド接続型アプリケーションを簡単に構築、展開していただけるよう取り組みを行っています。また、製品改良やパートナーシップの拡大にも尽力することで、皆さんとのお約束を果たせるよう日々努めています。 

Android のサポート

Windows Azure チームは、Android のサポートを実現するために Microsoft Open Technologies 社 (英語) とパートナーシップを結びました。これにより、SDK の開発を同社のエンジニアリング チームが担当し、プッシュ サポートの構築とポータルとの統合を Windows Azure チームが担当することになりました。同社が開発した Android SDK はモバイル サービスの他の SDK と同様にオープン ソースで提供され、Apache 2.0 のライセンス条項の下で GitHub (英語) からご利用いただけます。また、コミュニティにもぜひご参加ください。

この SDK では、Android ベースのスマートフォンやタブレット (Android 2.2 以降) をクラウドのバックエンドに接続し、Google Cloud Messaging (英語) を使用してプッシュ通知を送信できます。また、Google、Facebook、Twitter、マイクロソフトの資格情報を使用したユーザー認証も可能です。

Android 向けのモバイル サービスを使い始めるには

Android 向けのモバイル サービスを使用するには、Windows Azure 管理ポータルにアクセスし、[Create]、[Compute]、[Mobile Service]、[Create] の順にボタンをクリックします。

モバイル サービスの作成が完了したら、[Quickstart] に移動して [Android] タブを選択します。次に、新規アプリを作成するか、既存の Android アプリを Windows Azure でホストされているバックエンドに接続するかを選択します。

Android アプリの新規作成を選択すると、"todo" というスターター プロジェクトをダウンロードできるようになります。ここでは、エミュレーターで適用した変更が Windows Azure SQL データベースのテーブルにどのように反映されるかを確認できます。

プッシュ通知の追加

プッシュ通知は連携性が高いモバイル アプリを作成するうえで欠かせない機能ですが、プッシュ通知の構成は開発の中で特に厄介な工程でもあります。モバイル サービスでは、この点にわずらわされることなくプッシュ通知を簡単にアプリに追加し、機能を強化させることができます。

既に Google の API コンソール (英語) から Google Cloud Messaging に登録し API キーを取得している場合は、そのキーをモバイル サービスの [Push] タブにコピーするだけです。

API キーを入力したら、任意のサーバー スクリプトからの通知を、下記のコードを使用して [Data] タブから送信できます。

push.gcm.send(registrationId, 'A new Mobile Services task', {
     success: function(response) {
          console.log('Push notification sent: ', response);
     },
     error: function(error) {
          console.log('Error sending push notification: ', error);
     }
});

プッシュ通知がトリガーされると、画面に次のように表示されます。

モバイル デベロッパー センター (英語) に、下記の項目に関する完全なチュートリアルを公開しているのでぜひご覧ください。

次の動画は、同僚の Chris Risner が Android アプリの構築について簡単に解説したものです。

モバイル サービスを利用した Android アプリの開発をひととおり理解したら、TicTacToe Leaderboard (英語) および Feedback (英語) という Android のサンプル コードをお試しいただくことをお勧めします。

東アジア地域でモバイル サービスの提供を開始

今回の更新によって、Windows Azure の東アジア地域にモバイル サービスを展開できるようになりました。これにより、アジア地域のお客様のアプリケーションの遅延が減少することが期待されます。

遅延を最小限に抑えるために、モバイル サービスと Windows Azure SQL データベースは従来どおり同一のデータ センターに配置してください。

まとめ

公式の Android SDK の使用と東アジア地域へのモバイル サービスの展開は、いずれもすぐに開始していただけます。

今回の更新は、ユーザーの皆様からのフィードバックを検討させていた結果、実現に至りました。マイクロソフトでは引き続きお客様からのご意見をお待ちしております。追加を希望される機能がある場合は、こちら (英語) のサイトへご投稿ください。また、作成したアプリを電子メール経由で披露いただくのも大歓迎です。また、問題発生時には フォーラム (英語) までご質問をお寄せください。

Windows Azure アカウントをお持ちでないお客様は、無料評価版にサインアップして、最新のモバイル サービスをお試しください。モバイル サービスを使用したアプリの構築方法の詳細については、Windows Azure モバイル デベロッパー センターをご覧ください。

今回の更新に対するご意見や次回の更新希望については、@Mlunes90 までご連絡ください。

Miranda

Comments (0)

Skip to main content