C++ 用 Windows Azure ストレージ クライアント ライブラリのプレビュー版をリリース

このポストは、12 月 20 日に Windows Azure Storage Team が投稿した Windows Azure Storage Client Library for C++ Preview の翻訳です。 マイクロソフトは、C++ 用 Windows Azure ストレージ クライアント ライブラリを新たにリリースしました。現時点ではプレビュー リリースですので、このライブラリは本番環境のコードでは使用しないでください。また、一般提供版のインターフェイスの改良および変更に活用するため、皆様にお試しいただき、フィードバックをお寄せいただけますと幸いです。この記事では、ライブラリの概要について説明します。 Windows Azure ストレージについての詳細は、「SOSP 論文 – Windows Azure Storage: 強力な一貫性を持つ高可用性クラウド ストレージ サービス (英語)」を参照してください。 エミュレーターについての案内 このライブラリでは 2013-08-15 REST バージョンを使用していますが、このバージョンはまだストレージ エミュレーターではサポートされていません。Windows Azure ストレージ エミュレーターの更新版が来月中にリリースされる予定です。こちらでは、新機能が完全にサポートされます。現行バージョンのストレージ エミュレーターで開発を行うと、暫定的に Bad Request エラーが返されます。新しいエミュレーターのリリースまでは、2013-08-15 REST バージョンの新機能を使用するには Windows Azure…

0

Java 向け Windows Azure ストレージ クライアント ライブラリ v. 0.5.0

このポストは、12 月 19 日に Windows Azure Storage Team が投稿した Windows Azure Storage Client Library for Java v. 0.5.0 の翻訳です。 マイクロソフトは、Java 用 Windows Azure ストレージ クライアントの更新版のリリースを発表しました。今回のリリースには、ログ記録のサポート、新規 API オーバーロードの追加、2013-08-15 REST バージョンのストレージ サーバーの完全サポートなど、大きな機能変更が含まれています。詳細についてはこちらのページを参照してください。ソース コードは、これまでと同様にすべて Github (英語) から入手できます (場所が新しくなっていますのでご注意ください)。最新のバイナリ ファイルは Maven からダウンロードできます <dependency> <groupId>com.microsoft.windowsazure.storage</groupId> <artifactId>microsoft-windowsazure-storage-sdk</artifactId> <version>0.5.0</version> </dependency> エミュレーターについての案内 現在、2013-08-15 REST はストレージ エミュレーターのサポート対象外となっています。今後 2 ~ 3 か月以内にリリースが予定されている Windows Azure ストレージ…

0

Java Spring Framework アプリケーションを Windows Azure に移行する

このポストは、11 月 6 日に投稿された Migrating a Java Spring Framework Application to Windows Azure の翻訳です。 マイクロソフトは、Windows Azure の Java 関連テクノロジを多数ご紹介している、実践形式の新しいチュートリアル (英語 : 日本語版準備中) とサンプル コードを公開しました。このガイドでは、チュートリアル形式で Java Spring Framework アプリケーション (PetClinic サンプル アプリケーション) を Windows Azure クラウドに移行する方法を説明しています。このガイドで使用されているコードは、GitHub (英語) でも公開されています。Java 開発者の皆様は、ぜひこの新しいサンプルとチュートリアルをダウンロードしてお試しください。 詳細 Windows Azure はオープンなクラウド プラットフォームであり、Microsoft .NET、Java、Node.js、PHP、Python、Ruby などの広範なプログラミング言語やフレームワークをサポートしています。このガイドは、一般的な Java アプリケーションを Windows Azure クラウドに移行する方法を紹介しているもので、特に Java 開発者を対象としています。一般的な Spring Framework のサンプル…

0

Windows Azure Web サイトでの IP およびドメインの制限

このポストは、12 月 9 日に投稿された IP and Domain Restrictions for Windows Azure Web Sites の翻訳です。 編集メモ: 今回は、Windows Azure Web サイト チームの主任プログラム マネージャー リードを務める Stefan Schackow の記事をご紹介します。 これまで、Windows Azure Web サイト (WAWS) で IP およびドメインの制限を構成できるようにしてほしいというご要望を多数いただいておりましたが、今回この機能が導入されました。IP およびドメインの制限は新しいセキュリティ オプションで、先日導入された動的 IP アドレス制限 (DIPR) 機能と併用可能です。 IP およびドメインを制限する機能では、一連の IP アドレスまたはアドレス範囲に対して、Web サイトに対するアクセスを許可/拒否することができます。Windows Azure Web サイトでは、Web サイト内の web.config ファイルを使用すると、この機能の有効化と無効化、および動作のカスタマイズが可能です。 IIS で使用可能な IP およびドメインの制限機能の概要については、iis.net の…

0

Windows Azure Web サイトで Django、Python、MySQL を使用して、ブログ アプリケーションを作成する

このポストは、12 月 18 日に投稿された Using Django, Python, and MySQL on Windows Azure Web Sites: Creating a Blog Application の翻訳です。 編集メモ: 今回は、Windows Azure Web サイト チームでプログラム マネージャーを務める Sunitha Muthukrishna の投稿をご紹介します。 作成するアプリケーションによっては、Windows Azure Web サイト (英語) 上の Python の基本スタックがそのままユーザーのニーズに合っている場合もあれば、基本スタックではアプリケーションで必要となるモジュールやライブラリの一部が不足している場合もあります。 この記事では、Virtualenv (英語) と Python Tools for Visual Studio (英語) を使用して、アプリケーションに適した Python 環境を構築する手順を説明します。また、Django (英語) をベースとしたサイトを Windows Azure Web サイトで運用する方法についても紹介します。…

0

HTTPS および SSL による Windows Azure Web サイト (WAWS) のセキュリティ保護

このポストは、12 月 14 日に投稿された Securing your Windows Azure Web Sites (WAWS) with HTTPS and SSL の翻訳です。 編集メモ: 今回は、Windows Azure Web サイト チームでプログラム マネージャーを務める Erez Benari による記事をご紹介します。 ID の盗難やさまざまな形態でのサイバー犯罪が急速に増加していることから、Secure Socket Layer (SSL) によって Web サイトのセキュリティを保護することが、重要かつ一般的になってきました。Web サイトを Windows Azure Web サイト (WAWS) 上でホストしているお客様は、HTTPS を使用した設定をご検討されているのではないでしょうか。この記事では、その方法について説明します。 最初のステップは、デジタル証明書を取得することでしょうか。いいえ、必ずしもそうではありません。実際には最初に、お客様独自のカスタム ドメインを所有するのか、または Azure の既定のドメインである Azurewebsites.net を使用してサイトを運用するのかを決定します。これを最初のステップとするのは、Windows Azure Web サイトが SSL で動作するように事前設定されているため、独自のドメインが不要な場合は、すぐに SSL を使用できるからです。ただ単にブラウズするだけでよいのです。お使いのブラウザーで、プレフィックスを…

0

EC-CUBE、が Windows Azure に登場!!

Windows Azure Web サイトにECサイトのオープンプラットフォームで有名なEC-CUBEがついに登場。面倒なインストールは不要、初期費用も必要なく使った分だけの従量課金でコストを削減できます。 EC-CUBE が Windows Azure に対応 様々な企業からクラウドサービスが提供されていますが、使用する際に気になるのは使い勝手、機能や価格になります。今回はなんとクラウディアさんが EC-CUBE とコラボレーションしてEC-CUBE × Windows Azure キャンペーンページで簡単インストール方法や導入のメリットなどを詳しく紹介されてます。   Windows Azure アカウントをお持ちの方は、管理ポータルでご確認ください。 初めて Windows Azure をご利用される方は無料評価版のご利用からをお勧めいたします。

0

Windows Azure ストレージの冗長オプションと読み取りアクセス地理冗長ストレージ

このポストは、12 月 12 日に投稿された Windows Azure Storage Redundancy Options and Read Access Geo Redundant Storage の翻訳です。 マイクロソフトはこのたび、データ読み取りの可用性を向上させる新しいプレビュー機能、「読み取りアクセス地理冗長ストレージ (RA-GRS=Read Access – Geo Redundant Storage)」をリリースいたします。この機能を利用すると、ストレージ アカウントのプライマリ拠点が利用できなくなった場合に、セカンダリ拠点にある同じ内容のコピー (地理 レプリケーション=地理冗長  されたデータ) を読み取ることができます。 この機能の詳細を説明する前に、Windows Azure ストレージで利用可能な冗長オプションについて簡単にまとめます。その後、読み取りアクセス地理冗長ストレージ (RA-GRS) の新しいオプションや、この限定プレビューにサインアップする方法など、利用可能なオプションをひとつひとつ詳しく解説していきます。また、RA-GRS を使って読み取りの可用性を向上させるために役立つ、ストレージ クライアント ライブラリの変更点についても説明します。 Windows Azure ストレージの冗長オプション Windows Azure ストレージには、BLOB、テーブル、キュー向けの以下の冗長オプションがあります。 1. ローカル冗長ストレージ (LRS=Locally Redundant Storage): 同じ拠点内の 3 つのストレージ ノードに、トランザクションを同時に複製することにより、ストレージ アカウントのすべてのデータの耐久性を確保します。LRS の選択方法など、LRS の詳細については、以降のセクションで説明します。 2….

0

読み取りアクセス地理冗長ストレージのパブリック プレビューを発表

このポストは、12 月 13 日に投稿された Announcing Public Preview of Read Access Geo Redundant Storage の翻訳です。 ビジネス クリティカルなソリューションのクラウド依存度がますます高まっている今、データの耐久性と、重大な障害発生時のデータ アクセスの確保は、きわめて重要な課題となっています。 このたびマイクロソフトは、このニーズに応える新しいサービス、読み取りアクセス地理冗長ストレージ (RA-GRS) のパブリック プレビューを発表しました。 RA-GRS を使用すると、プライマリ拠点のストレージ アカウントが利用不可になった場合に、セカンダリ拠点のストレージのレプリカを読むことができます。セカンダリ拠点はプライマリ拠点から数百キロ離れた場所にあるため、データの耐久性を保持しつつデータへのアクセスを改善することができます。 この新しい読み取りアクセス サービスは、データのレプリケーションを強化するオプションとして提供されています。このサービスを利用するには、Web 上のプレビュー サービス (英語) ページで限定プレビュー版へのサインアップを行ってください。サインアップが済んだら、Windows Azure 管理ポータルにログオンし、お使いのストレージ アカウントで RA-GRS を有効にします。Windows Azure Service Management API でも同様に設定を行うことができます。サービスが有効になると、セカンダリ拠点のエンドポイントの名前が提供されます。この情報を利用してセカンダリ拠点のエンドポイントに読み取り要求を送信することで、データを読み取ったり、アカウントのデータをレプリケートする際のタイム ラグを照会したりすることができます。詳細については、Windows Azure ストレージのサイトと Windows Azure ストレージの冗長オプションと読み取りアクセス地理冗長ストレージのブログを参照してください。

0

Windows Azure のブラジルへの拡大

このポストは、12 月 4 日に投稿された Expanding Windows Azure Capacity – Brazil の翻訳です。 ブラジルのサンパウロで開催されたイベントにおいて、Windows Azure ジオ (主要地域) をブラジルに開設する計画があることを発表しました。2014 年初旬の公開を目指して、今後 4 ~ 6 週間以内にカスタマー プレビューの準備を開始する予定です。以前発表した日本、オーストラリアへの拡大、および当社パートナーの 21Vianet による中国への展開を足がかりとして、今回初めて、南米地域への大々的な展開が実施されることとなりました。 ジオ (主要地域) 開設によって、ブラジル国内の新規のお客様および既存のお客様 (2010 年春の米国での正式リリースからご利用のお客様を含む) には、待機時間 (レイテンシ) 減少によるパフォーマンス向上がもたらされるほか、データを国内に保持していただくことが可能になります。ブラジルでは、データ管理に関する規制および法令が増え続けていますが、ブラジル ジオ (主要地域) を利用するお客様はローカル冗長ストレージ (LRS) を選択することで、同じ内容のデータのコピーを 3 つ保持でき、データが国外に複製されることはありません。一方、地理冗長ストレージ (GRS) はストレージ アカウント作成時の既定のオプションであり、二次拠点にもデータを保管することによって最大限の冗長性を実現します。GRS を選択された場合、ブラジル ジオ (主要地域)を一次拠点としてお使いのお客様は、二次拠点に米国中南部リージョンをご利用いただけます。 マイクロソフトは以前からお約束しているとおり、Windows Azure サービスの世界的な展開に向けて日々取り組んでいます。今回、Boa Vista Serviços、Globosat、Linx といった、Windows Azure をビジネスに取り入れているブラジルのお客様へのサポートを拡大できることになり、大変嬉しい限りです。 Steven Martin

0