クラウド サービス シリーズ: Windows Azure SDK for .NET (2012 年 6 月リリース) の新機能


このポストは、8 月 8 日に投稿された Cloud Services Series: What’s New in Windows Azure SDK for .NET (June 2012 Release) の翻訳です。

編集メモ: 今回は、Windows Azure のシニア プログラム マネージャーを務める Avilay Parekh の投稿をご紹介します。2012 年 6 月にリリースされた Windows Azure SDK for .NET (英語) の PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) 関連の新機能について、わかりやすく解説されています。

最新の Windows Azure SDK for .NET (2012 年 6 月リリース) をお使いの皆さん、使い心地はいかかですか? これまで、クラウド アプリケーションの価値を高めてくれる PaaS 関連の新機能を数多く取り上げてきました。今回は、PaaS 関連で私が特にお薦めしたい機能をいくつか取り上げ、概要を説明してみようと思います。これらの機能については、今後の投稿の中で改めて詳細を説明していくつもりです。Windows Azure の全新機能については、MSDN (英語) で網羅的な情報を提供しています。

新しいパッケージ形式

2012 年 6 月リリース版の画期的な変更点の 1 つが、cspkgs パッケージをオープン形式に対応させたことです。Windows Azure を使い込んでいる開発者の方は既にご存じでしょうが、これまでも cspkgs ファイルは、zip の解凍ツールで開いてパッケージ構成を確認できました。ただし、内容を編集して再度 cspkg にパッケージ化し、Windows Azure に展開することはできませんでした。でも、これからは違います。今回のリリースでは、cspkg を、zip 形式と互換性のあるオープンな OPC 形式 (英語) に変換できるようになりました。これはつまり、Visual Studio も、Windows OS さえもない環境で、手持ちのパッケージを解凍、編集、再圧縮し、Windows Azure に展開できるようになったということです! この機能は現在、Community Technology Preview (CTP) の段階で、皆さんからのフィードバックをお待ちしています。良い点、悪い点、追加して欲しい点など、どんどんご意見をお寄せください。フィードバックは、私も頻繁にチェックしている、こちらの Windows Azure フォーラムまでお願いします。この機能については、近いうちにこのブログで詳細を説明しますのでお楽しみに。

インスタンスへのアドレスの直接割り当て

そのほかに、ネットワーキングの分野でも多くのすばらしい改良が施されています。Windows Azure Virtual Machines のプレビュー リリースで導入された "UDP" プロトコルと "Any" プロトコルのサポートについては、いろいろと耳にされているかもしれません。今回のリリースでは、ロール インスタンスに直接アドレスを割り当てるという、とても画期的な機能 (本当にすごい機能なのです!) を提供しています。具体的にいうと、クラウド内で Web ロールの 4 つのインスタンスが稼働しているとした場合、Windows Azure を通じて、これらの 4 つのインスタンスにポート (たとえば 5000、5001、5002、5003) を割り当てることができます。さらに、http://myapp.cloudapp.net:5000、http://myapp.cloudapp.net:5001 というように、URL を指定することで、特定のインスタンスと直接通信できるようになります。この機能にはたくさんの使い道があります。たとえば、こうしたポートで管理者専用のエンドポイントを作成し、実行時の各インスタンスの動作を制御したり、MapReduce タイプのワークロードなどで、特定のインスタンスにタスクを割り当てたりできるのです。この機能についても、詳しくは改めて投稿します。

カスタムのロードバランサープローブ

次に、カスタムのロード バランサー プローブについて紹介します。これは、Windows Azure ロード バランサーからロールがトラフィックを受信できるかどうかと、受信するタイミングを制御できる優れた機能です。こうした制御を行うのはかなり高度なシナリオです。Windows OS でたとえるなら、[詳細設定] のそのまた [詳細設定] といったところでしょう。皆さんご想像のとおり、この機能についても改めて詳しく投稿したいと思いますが、それは先ほど紹介した 2 つの機能の後にします。

複数の SDK のインストール

新しい SDK にアップグレードし、多くの画期的な新機能を利用することができない大きな理由の 1 つとして、"新しい SDK は試してみたいけれど、実行中の古い SDK で運用コードを使えなくなるのは困る" という鋭いご意見をいただきました。2012 年 6 月リリースの SDK では、この問題が解消されるのではないかと思います。今回の SDK は、2011 年 11 月リリースの SDK と共存させることが可能です。後日、2012 年 6 月リリースの SDK をインストール後、2011 年 11 月版の SDK で新しいプロジェクトを作成する方法と、2011 年 11 月版 SDK で作成した既存のプロジェクトを 2012 年 6 月版 SDK 用にアップグレードする方法を、スクリーン ショットを交えて紹介したいと思います。

今回の内容については、次回以降の投稿でより深く掘り下げていきます。Windows Azure SDK for .NET について、扱ってほしいトピックがありましたら、下のコメント欄から投稿をお願いいたします。

クラウドサービスシリーズ

前の投稿を読む

 

Comments (0)

Skip to main content