“ハイブリッド クラウド” を実現する新しい Windows Azure サービスを発表 (Windows Azure Blogより)


このポストは、6 月 7 日に投稿された Announcing New Windows Azure Services to Deliver “Hybrid Cloud” の翻訳です。

“ハイブリッド クラウド” は、さまざまな種類のデータセンターのデータとサービスを利用するアプリケーションの使用と構築を可能にする今日のクラウド コンピューティングに欠かせないソリューションです。企業各社は、自社のビジネスおよびアプリケーションをそれぞれ独自の方法とスピードでクラウドへと移行しつつあります。企業のこうした変化に対応するために不可欠なのが、ニーズに応じてオンプレミス、クラウド、あるいはその両方を使ってアプリケーションや IT ソリューションの設計、開発、展開を柔軟に実施できるクラウド ソリューションです。

マイクロソフトは 6 月 7 日 (日本時間 6 月 8 日)、クラウドとオンプレミス サーバーにわたるアプリケーションの構築を容易にする、新たな Windows Azure サービスのプレビュー版をリリースします。インフラストラクチャ サービスとプラットフォームサービスを組み合わせたこれらの新しい Windows Azure の機能により、これまで以上に柔軟にクラウド上でアプリケーションを構築できるようになります。また、新しいオペレーティングシステムのサポートの追加や、.NET、Java、PHP、Node.js 向けの新しい言語ライブラリのリリースを行うほか、Windows Azure の利用対象地域の拡大も予定しています。 これらの新しいサービスについては、6 月 7 日 午後 1 時 (太平洋時間) (日本時間 6 月 8 日 午前 5 時) からScott Guthrie が主催する "Meet Windows Azure" イベント (ライブ ストリーム) で発表しますが、ここではその内容の一部を紹介します。

  • Windows Azure 仮想マシン — 仮想マシンを活用することでアプリケーションの移植が可能になり、仮想ハード ディスク (VHD) をオンプレミスとクラウド間で行き来させることができるようになります。Microsoft SQL Server や Microsoft SharePoint といった既存のワークロードをクラウドに移行し、独自にカスタマイズした Windows Server や Linux のイメージを提供したり、ギャラリーから選択することが可能です。VHD はベンダーに広く採用されている一般的な仮想ファイル形式であり、Microsoft Open Specification Promise に基づき自由に使用することが許可されています。
  • Windows Azure 仮想ネットワーク — Windows Azure での仮想プライベート ネットワーク (VPN) のプロビジョニングと管理、およびオンプレミス ネットワークからクラウド環境へのセキュアな拡張を可能にします。IP アドレス、ルーティングテーブル、セキュリティ ポリシーの構成といったネットワーク トポロジを制御できるほか、業界標準の IPSEC プロトコルを使用して自社の VPN ゲートウェイと Windows Azure 間を安全に接続できるようになります。
  • Windows Azure Web サイト — Web サイトおよびアプリケーションを構築するための高度かつ拡張性の高いソリューションです。.NET、Node.js、PHP に対応するほか、Git や FTP といった一般的な展開手法も使用できます。また、WordPress、Joomla!、DotNetNuke、Umbraco、Drupal を始めとするオープン ソース アプリケーションを、数回のクリック操作で簡単にクラウドに展開することが可能です。
  • 新しいツール、言語サポート、SDK の提供 — Windows Azure SDK June 2012 では新しい開発機能がいくつか提供されます。これらの機能により、Java、PHP、.NET のサポートの更新、および新たに Python が Windows Azure のサポート言語として追加されたことによって向上した最新のサービスに対するコードの記述が可能になります。また、Windows と Mac の両方のコマンド ラインが 100% サポートされます。
  • 新たな国と地域で提供開始 — Windows Azure が新たに、ロシア、韓国、台湾、トルコ、エジプト、南アフリカ、ウクライナを含む 48 の国と地域で提供開始されます。ロールアウトは今月下旬に完了予定です。これにより、Windows Azure は 89 の国や地域と 19 の通貨で展開される、業界で最も広く利用されるクラウド プラットフォームとなります。

今回リリースするこれらの新しい機能によって、あらゆる種類のアプリケーションをクラウド上で簡単に構築、展開できるようになるほか、次のような柔軟な対応を実現できます。

  • クラウドへのセキュアな VPN 接続によるデータセンターの処理能力の拡大
  • Windows Azure 管理ポータルの改善による運用と管理の簡素化: クラウド アプリケーションの展開と管理のための運用機能を強化し、コマンド ラインから類似の管理サポートを提供
  • ASP.NET、PHP、Node.js による Web サイト構築のためのクラウドの拡張
  • クラウド アプリケーション構築のためのオペレーティング システムおよび OSS 言語ライブラリのサポート範囲の拡大
  • ニーズに応じたスケーリング: 移植性のある業界標準の VHD を使用して既存アプリケーションをクラウドに移行することで、グローバル規模での展開における制御能力を最大化
  • クラウドとオンプレミス アプリケーション間のセキュアな接続
  • クラウド上でアプリケーションを開発、テスト、構成し、実稼働に向けてオンプレミスで展開

今回、皆様にこれらの新しい機能を提供できることを大変嬉しく思います。機能を実際に試して、Windows Azure で何ができるかを体験いただき、ぜひフィードバックをお寄せください。Windows Azure、そして Windows Server と System Center の次期リリースを活用することで、オンプレミスとパブリック クラウドにわたるデータとサービスの接続に最適なこれまでにないプラットフォームを実現できます。新機能の詳細については、ファクト シート (英語) をご覧ください。また Microsoft News Center (英語) では、Windows Azure を実際に活用するマイクロソフトの主要なお客様である Pottermore 社の事例を公開しているのでぜひご覧ください。

これらの最新情報や補足情報、およびプレビュー版の入手に関する詳細については、6 月 7 日 午後 1 時 (太平洋夏時間)(日本時間 6 月 8 日 午前 5 時) から開催される Meet Windows Azure イベントに参加し、ご確認ください。

Bill Laing (サーバーおよびクラウド担当コーポレート VP)

Comments (0)

Skip to main content