データセンターの拡大と処理能力の計画


このポストは、5月25日に投稿された Datacenter Expansion and Capacity Planning の翻訳です。

現在 Windows Azure で使用されているサーバーの計算処理能力が、1999 年時点に全世界で使用されていたサーバーの計算処理能力を超えているということをお伝えすると、驚かれる方も多いでしょう。毎週多数のお客様が Windows Azure に新規登録してくださると同時に、すでにご利用中のお客様はさらに使用量を拡大してくださり、マイクロソフトは大変恐縮するとともに嬉しく思っています。新規のお客様とご利用中のお客様との双方のニーズに沿えるように、既存のデータセンターの容量を追加するとともに、新しい拠点を設置して全世界にわたる展開を進めます。

すでにご利用中のお客様が必要としている容量を予測するため、データセンター容量の動向を詳しく測定しました。また、既存のデータセンターに展開済みのお客様の容量拡大に対応するため、一定のしきい値に達したデータセンターについては、新規のお客様へのご提供を停止しました。現在、South Central US リージョン内のコンピューティング サービスおよびストレージ サービスは、新規のお客様にはご利用いただけません (すでに South Central US に展開されているお客様は、これまでどおりご利用いただけます)。SQL Azureサービス バスキャッシュ、およびアクセス制御の各サービスについては、新規のお客様にも South Central US のデータセンターをご利用いただけます。

先日のブログ記事で発表したとおり、マイクロソフトは米国にデータセンター ("West US" および "East US") を新たに 2 か所開設し、Windows Azure のお客様への提供を開始しました。本日は、既存のコンピューティング サービスおよびストレージ サービスのさらなる充実を図るため、"East US" リージョンで SQL Azure サービスを提供することを発表いたします。

Windows Azure に多大な関心を寄せてくださっているお客様に感謝の意を示すとともに、新しいオプションをオンラインでご利用いただくために、データセンターの世界的展開についての動向を今後もお伝えしてまいります。Windows Azure をまだご利用でない方は、90 日の無料トライアルでぜひお試しください。

Windows Azure ビジネス プランニング担当ゼネラル マネージャー、Steven Martin

Comments (0)

Skip to main content