調査結果に裏付けられたクラウド導入の効果 – セキュリティ管理にかかる時間とコストの削減


このポストは、5月15日に投稿された Research Shows Cloud Computing Reduces Time and Money Spent Managing Security の翻訳です。

セキュリティは企業がクラウドを導入する際の大きな懸念材料かつ障壁であるという報告をよく目にします。このような認識を一掃するため、本日マイクロソフトは、中小企業 (SMB) がクラウド導入後にセキュリティ上のメリットを大幅に享受するようになったとする調査結果を発表しました (英語)

本調査は、マイクロソフトが米国、シンガポール、マレーシア、インド、香港の中小企業を対象に、調査会社コムスコアに委託し実施したものです。

米国での調査では主に 3 つのメリットが浮き彫りになりました。

  • 時間短縮: 米国企業の 32% が、サイバー攻撃対策に費やす時間が削減されたと回答しました。
  • コスト削減: クラウドを導入した中小企業のセキュリティ関連総費用は、未導入企業の約 1/6 に縮小しました。
  • セキュリティ強化: 米国企業の 35% が、クラウド導入後大幅にセキュリティ レベルが向上したと回答しました。

クラウド導入前に費やしていたセキュリティ管理のための時間とコストを、導入後はビジネスの拡大や競争力の強化に配分できるようになりました。

調査結果の詳細については、Microsoft News Center および Trustworthy Computing Blogをご覧ください (英語)。

Comments (0)

Skip to main content