Windows Azure で安全性の高いアプリケーションを構築するためのベストプラクティスを紹介する新しい連載ブログ「Windows Azure のセキュリティに関するベスト プラクティス」


このポストは、3月21日に投稿された Learn Best Practices for Building Secure Applications in Windows Azure in New Blog Series, “Windows Azure Security Best Practices” の翻訳です。

Bruce D. Kyle が、ISV 開発者コミュニティ ブログ「Windows Azure のセキュリティに関するベスト プラクティス」という大型連載を執筆しました。この記事では、Windows Azure でアプリケーションの安全性を確保する方法を解説しています。この連載は 7 回のシリーズとして、脅威とその対抗措置、アプリケーションのライフサイクルにおいてユーザーが適用可能なプロセス、およびアプリケーションの各種要件に応じてベストプラクティスを実装する方法について説明しています。

各回のタイトルは次のとおりです。

Windows Azure では、ユーザーが新しい方法でクラウド アプリケーションにアクセスできるようにするサービスが提供されています。このシリーズでは、これらのサービスとユーザー ID を組み込む方法についても紹介しています。

Global Foundation Services オンライン セキュリティチームの「Windows Azure セキュリティ概要 (英語)をお読みいただくと、お客様側の視点とマイクロソフトの運用側の視点の両方から、Windows Azure に実装されたさまざまなセキュリティ コントロールをご理解いただけます。このドキュメントでは、利用可能なセキュリティ機能の技術的なテストや、Windows Azure のセキュリティ強化に貢献している人々やプロセスについて説明するだけでなく、コンプライアンスについても簡単に触れ、Windows Azure で実現されるセキュリティについて総合的に解説しています。

 

Comments (0)

Skip to main content