ピクセルを最大限に活用する – 表示状態の変更に適応する

Windows 8 のアプリは、さまざまな画面サイズとさまざまな表示状態で実行されます。ユーザーは、25 インチのデスクトップ モニターの側端にアプリをスナップすることもできますし、10 インチのワイドスクリーン タブレットの画面全体をアプリで埋めることも可能です。いずれの場合も、皆さんのアプリが利用可能なスペースを十分に活用することが望まれます。この記事では、アプリの現在のサイズと表示状態をコードで追跡する方法と、画面サイズと表示状態の変更を処理するために Windows 8 Consumer Preview でアプリを記述する方法について、ヒントを示します。 //build/ では、さまざまな画面シナリオに合わせてアプリを設計する方法について説明しました。たとえば、XAML に関する講演 (英語) や HTML に関する講演 (英語) をお聞きください。最近の Building Windows 8 ブログでは、画面のスケーリングの調査と設計に関する私たちの考えを少しお伝えしました。多くの場合、明示的なコードを記述しなくても、純粋なマークアップを使って画面サイズの変更に対応できます。しかし、アプリの表示状態 (英語) を追跡し (つまり、アプリが縦長モード、全画面モード、フィル モード、スナップ モードのどれであるか)、それに応じて反応するようにコードを記述することが必要になる場合があります。たとえば、HTML の ListView を使ってアイテムを表示する場合、次の図に示すように全画面モードでは GridLayout を使いますが、スナップ モードでは ListLayout を使います。XAML の場合、GridView コントロールと ListView コントロールを同様に切り替えることができます。このための方法を理解するために、まずはサイズ変更と表示状態の変更をコードで検出する方法を見てみましょう。 左の全画面表示状態では、GridLayout (HTML) または GridView コントロール (XAML) が使われている。 右のスナップ表示状態では、ListLayout (HTML) または ListView コントロール (XAML)…

0

XAML と DirectX の統合

私たちは Windows 8 の開発の早い段階で、XAML により提供される豊富なコントロール セットや双方向性などの UI と、グラフィックスなどでの DirectX による低レベル高パフォーマンス レンダリングを統合する方法を考えてきました。 Dev Center フォーラムやその他のチャネルを通じて Developer Preview のためにご提供いただいたフィードバックは、開発者が本当に構築したかった関連するシナリオ セットに集中するのに役立ちました。ここでは、いくつかの一般的なテーマを取り上げます。皆さんの多くは、XAML アプリとも呼ばれるアプリに DirectX グラフィックスを追加するか、または DirectX アプリに Metro スタイル UI を簡単に追加することを希望していました。 ここで、良い情報があります。Consumer Preview のリリースでは、XAML アプリと DirectX アプリを厳密に区別する必要がなくなります。使い慣れた XAML モデルを使用して、同じアプリ内で多彩な UI プラットフォームとしての XAML および高パフォーマンス レンダリング ソリューションとしての DirectX の両方の利点を利用できるようになります。 これらを組み合わせることができるようになるので、実際に両方のメリットを活かすことができます。これにより、さまざまな可能性が開けます。皆さんから寄せられた主なシナリオには、次のような事例が含まれていました。 UI とグラフィックスを融合するアプリの画像処理、創造性、および設計 大きな DirectX グラフィックスと UI が混在する大縮尺の地図とドキュメント ビューアー フルスクリーンの高パフォーマンス DirectX グラフィックスおよび最小限のオーバーレイ…

0

//build/ 以降のアプリ開発者向けの変更点 (第 1 部)

Consumer Preview が入手可能になりましたので、私たちが何をしようとしていたか見ていただけたかと思います。//build/ 以降、エンジニアリング チームはハードな作業を続けてきました。私たちは、皆さんのフィードバックに耳を傾け、開発プラットフォームを改良してきました。同時に、多くのプラットフォーム機能にこれまで見られなかった最後のしあげを加えました。 Windows で直接行っていた作業と並行して、//build/ 以降 Visual Studio ツールにも大幅な改良を加えてきました。Metro スタイル アプリ開発と他のシナリオにも改良が加えられました。ここでは、Metro スタイル開発についてお話しますが、他の VS 機能についてもお知りになりたい場合は Jason Zander のブログ (英語) をご覧になることをお勧めします。 皆さんも慌ただしかったことと思います。MSDN Developer Preview forums で 5,000 を超えるスレッドを作り、30,000 近くのメッセージを投稿しました。弊社の製品利用統計情報から、皆さんが Visual Studio を使って開発プラットフォームを試していたことも承知しています。9 月以降、数千ものアプリ パッケージが作成されました。 そうした中で、このトピックを執筆することになりました。Consumer Preview でアプリを構築し始めるとき、どのような種類の変化を期待できるでしょうか。Consumer Preview で私たちが主に焦点を当てていたのは、Windows を開発者である皆さんにとってより良いプラットフォームにすることでした。API をより使いやすくし、Metro スタイル UI の標準コントロールを作成しました。こうしたツールの改良により、生産性を上げ、高速で滑らかなアプリを作ることができるようになります。さらに、Windows とハードウェアの能力をより有効に活用するために、最新の機能を搭載しました。 2 部から成るこの記事では、Consumer Preview でプラットフォームとツールを改良するために行ってきた重要な作業の一部について詳しく説明します。いくつかの新機能を追加し、既存の機能に改良を加えましたが、これらはすべて Metro スタイル アプリ開発におけるエクスペリエンスを向上させるためのものです。こうした改良点について気に入っていただけるものと思います。 XAML での DX…

0