Visual Studio 2012 を使った Windows 8 アプリのテスト

私たちは、Windows 8 でオペレーティング システム プラットフォームの刷新を進めながら、Visual Studio で利用できるツールセットの拡張にも取り組み、Windows 8 アプリをテストする際の生産性の向上に努めました。この新しい現代的な OS 環境で、綿密なデザインと十分なテストを通じてアプリの品質を高めれば、皆さんのアプリはより大きな成功を収めることができるでしょう。以前のブログ記事「Windows 8 で Metro スタイル アプリをテストする」では、高品質な Windows 8 アプリを作成するうえで考慮する必要のある主な分野について取り上げました。今回の記事では、アプリのテストと検証を支援する Visual Studio 2012 の機能をいくつか紹介します。 Windows 8 デバイスでのアプリの外観 アプリの成功はその主要機能にかかっていると言えますが、エンド ユーザーに気に入ってもらうためには、Windows 8 デザイン ガイドラインに従って洗練された外観を提供することも重要です。アプリのユーザー エクスペリエンスを検証する際の物理デバイスへの依存度を軽減するため、Visual Studio 2012 にはシミュレーターが搭載されています。したがって、開発中にずっとタブレット デバイスに接続している必要はありません。シミュレーターを利用すれば、あらゆるフォーム ファクターの物理デバイスをテストのために用意しなくても済む可能性が高くなります。シミュレーターは次のような分野のテストに役立ち、数回クリックするだけでアプリの外観をすばやく簡単に検証することができます。 画面のサイズ、解像度、アスペクト比 アプリのレイアウト 画面の向き 図 1. Visual Studio のシミュレーターで Windows 8 のスタート画面を表示したところ。 Windows 8 アプリは、さまざまなフォーム ファクターのデバイスで動作します。画面サイズと解像度を変えてアプリの動作をテストできるように、Visual Studio のシミュレーターでは、これら 2…

0

WinRT と await を掘り下げる

最近の記事「Windows ランタイムの非同期性により高速で滑らかなアプリにする」では、C# と Visual Basic の await キーワードを使用して、そのままの制御フローを維持しながら、WinRT の非同期操作を使用できることを示すサンプルをご紹介しました。 この続きの記事では、WinRT で実際に await がどのように機能するかについて、内部を詳しく見ていきます。この知識を身に付けておくと、await を使うコードの動作を理解しやすくなり、結果として、より優れた Metro スタイル アプリを作成できるようにもなります。 手始めに、await を使わない場合について基本を確認しましょう。 基本のおさらい WinRT の非同期性は、すべて IAsyncInfo という 1 つのインターフェイスに基づいています。 public interface IAsyncInfo{ AsyncStatus Status { get; } HResult ErrorCode { get; } uint Id { get; } void Cancel(); void Close();} WinRT におけるすべての非同期操作は、このインターフェイスを実装しています。このインターフェイスは、非同期操作を参照してその ID と状態を問い合わせたり、操作のキャンセルを要求したりするために必要な基本機能を提供します。ただしこのインターフェイスには、非同期処理において最も重要とも言える部分が欠けており、操作の完了をリスナーに通知するコールバックが用意されていません。この機能は、IAsyncInfo を必要とする他の 4 つのインターフェイスに意図的に分離されています。WinRT…

0

Live SDK による Windows 8 アプリへのシングル サインオン機能の実装と SkyDrive との連携

Windows 8 なら、クラウドを利用して、仕事でもプライベートでも、複数のデバイスからシームレスに作業できます。Microsoft アカウントを使って PC やデバイスにサインインし、SkyDrive のパーソナル ストレージを利用することで (詳細については、アプリ、ファイル、PC、デバイスをクラウドとつなぐ SkyDrive と Windows 8 を参照してください)、アプリ、設定、および個人ファイルにいつでもアクセスできます。開発するアプリでこのようなクラウド機能を利用するには、Metro スタイル アプリに Live SDK を統合します。 Live SDK には、Microsoft アカウントを使ったシングル サインオン (SSO) 機能をアプリに統合し、SkyDrive、Hotmail、および Consumer Preview 版の Messenger の情報にアプリからアクセスするためのコントロールと API のセットが含まれています。また、対応する Windows Phone 用の SDK (英語) もあり、同様の機能セットを提供しています。 Live SDK の作業の開始 まず、まだインストールが済んでいない場合は、Windows 8 Consumer Preview、Visual Studio 11 Beta、および Live SDK Developer Preview (英語) を…

0

//build/ 以降のアプリ開発者向けの変更点 (第 2 部)

お約束したとおり、//build/ 以降に私たちが行ってきた重要な作業についてさらにお話しします。この記事の第 1 部では、DirectX と XAML の統合、Blend デザイナーの改良点、CSS 独立アニメーションなどについて扱いました。しかし、皆さんは新機能のもっと深いところまでお知りになりたいだろうと思いますので、これから見ていきましょう。 タイルおよびトースト通知 タイルとトーストは、Metro スタイル デザインの原則の主要な部分です。タイルとトーストを使えば、アプリが実行されていなくても、重要な情報をひとめで見ることができます。タイルとトースト通知の開発エクスペリエンスについては、皆さんからたくさんのフィードバックをいただきましたが、その大部分はタイルの作成と更新に関するものに集中していました。これにお応えして、タイルのエクスペリエンスに次の 3 つの改良点を加えました。 API のポーリングによるタイルの更新を導入しました。新しい定期タイル通知 API を使うと、アプリ固有のタイル コンテンツがあるクラウド サービスをポーリングするように Windows に指示することができます。これは、Web 上のコンテンツを利用して、アプリのタイルに常に新鮮な情報が表示されるようにする最も簡単な方法です。次の JavaScript スニペットは、アプリのタイルのポーリングを開始する方法を示しています。 // update the tile with a poll URLvar polledUri = new Windows.Foundation.Uri("http://www.fabrikam.com/tile.xml");var recurrence = Windows.UI.Notifications.PeriodicUpdateRecurrence.halfHour;var tileUpdater = Windows.UI.Notifications.TileUpdateManager.createTileUpdaterForApplication();tileUpdater.startPeriodicUpdate(polledUri, recurrence); Web サービスから返されるコンテンツは、タイル XML スキーマ (英語) に従っている必要があります。タイル バッジもポーリングによって更新することができます。 タイルの更新の詳細については、Dev Center の以下のリンクを確認してください。…

0

//build/ 以降のアプリ開発者向けの変更点 (第 1 部)

Consumer Preview が入手可能になりましたので、私たちが何をしようとしていたか見ていただけたかと思います。//build/ 以降、エンジニアリング チームはハードな作業を続けてきました。私たちは、皆さんのフィードバックに耳を傾け、開発プラットフォームを改良してきました。同時に、多くのプラットフォーム機能にこれまで見られなかった最後のしあげを加えました。 Windows で直接行っていた作業と並行して、//build/ 以降 Visual Studio ツールにも大幅な改良を加えてきました。Metro スタイル アプリ開発と他のシナリオにも改良が加えられました。ここでは、Metro スタイル開発についてお話しますが、他の VS 機能についてもお知りになりたい場合は Jason Zander のブログ (英語) をご覧になることをお勧めします。 皆さんも慌ただしかったことと思います。MSDN Developer Preview forums で 5,000 を超えるスレッドを作り、30,000 近くのメッセージを投稿しました。弊社の製品利用統計情報から、皆さんが Visual Studio を使って開発プラットフォームを試していたことも承知しています。9 月以降、数千ものアプリ パッケージが作成されました。 そうした中で、このトピックを執筆することになりました。Consumer Preview でアプリを構築し始めるとき、どのような種類の変化を期待できるでしょうか。Consumer Preview で私たちが主に焦点を当てていたのは、Windows を開発者である皆さんにとってより良いプラットフォームにすることでした。API をより使いやすくし、Metro スタイル UI の標準コントロールを作成しました。こうしたツールの改良により、生産性を上げ、高速で滑らかなアプリを作ることができるようになります。さらに、Windows とハードウェアの能力をより有効に活用するために、最新の機能を搭載しました。 2 部から成るこの記事では、Consumer Preview でプラットフォームとツールを改良するために行ってきた重要な作業の一部について詳しく説明します。いくつかの新機能を追加し、既存の機能に改良を加えましたが、これらはすべて Metro スタイル アプリ開発におけるエクスペリエンスを向上させるためのものです。こうした改良点について気に入っていただけるものと思います。 XAML での DX…

0