アプリ データのローミング

Windows 8 では、ユーザーは常につながった状態でいられます。つながる対象は、インターネット、クラウド サービス、その他の Windows 8 PC などですが、皆さんのアプリも、ローミング アプリ データを活用することで、この常につながり合うエコシステムに参加することができます。この記事では、ローミング アプリ データについて詳しくお伝えします。概要やその重要性はもちろん、何よりも伝えたいことは、いかに簡単にローミングをアプリに実装できるかということです。 データをローミングする理由 Windows 8 では、Windows とのつながりを感じられるために欠かすことができない個人設定のローミングを、デスクトップ テーマ、背景、ブラウザーのお気に入りなどのさまざまな設定で実行します。しかし Windows 自体は、ユーザーの個人設定のそれほど大きな部分を占めているわけではありません。常に接続された Windows 8 のエクスペリエンスを形成する基盤となるのはアプリです。Windows ユーザーが楽しいと感じ、彼らがそのほとんどの時間を使うのは、皆さんのアプリに他なりません。Bing 天気や Bing スポーツのようなマイクロソフトのアプリもローミング エクスペリエンスを提供しますが、皆さんの協力なしでは、常につながる Windows 8 という私たちのビジョンを完成させることはできません。 クラウドへのローミングも、ユーザーの利便性を高め、皆さんのアプリをライバルと差別化できる、時代の流れに乗った魅力的な対応です。ローミング対応の優れた Metro スタイル アプリでは、ユーザーが一度構成した内容がどこにいても再現され、別の PC で同じアプリにアクセスしたときに改めて構成し直す必要がありません。ユーザーが PC を乗り換えた場合にもエクスペリエンスが継続されるため、場所にかかわらず常につながっていることができます。 ローミングを簡素化する取り組み 私たちがローミング アプリ データを実現するにあたっては、こうしたローミング エクスペリエンスをいかに簡単に実現するかが目標となりました。面倒で複雑な同期部分のしくみを、開発者の皆さんからいかに遠ざけるかということです。私たちは、ユーザーが構成可能な全項目を皆さんが簡単にローミングできるようにすることを目指しました。 Windows 8 では、あらゆる Metro スタイル アプリのアプリケーション データ (英語) のローミング同期を統合することで、この目標を実現しています。ここで活用されているのが、ユーザーが所有する Microsoft アカウントの連携性です。ApplicationData…

3