位置情報と Bing マップを使用して位置認識アプリを作成する

ユーザーの位置情報とアプリのビジネス ロジックを組み合わせることによって、天気、クーポン、スポーツ イベント、コンサートの一覧などの情報を、アプリ ユーザーの現在地に合わせて簡単に提供できるようになります。Windows 8 の位置情報機能を Bing マップ SDK と共に使用することで、強力な位置認識 Windows ストア アプリを開発できます。 この記事では、位置情報サービスを使用するアプリが、IP アドレス、Wi-Fi ネットワーク、GPS データのいずれかを使用してその場所固有の情報をユーザーに提供する方法について説明します。位置情報を取得した後は、Bing マップ SDK を使用して現在地を表示します。 位置情報を取得する 位置情報の取得には Windows.Devices.Geolocation 名前空間を使用します。GPS、Wi-Fi ネットワーク、IP アドレスうちどの情報をユーザーの位置情報の取得に使用するかは、主に以下の 2 つの要因がかかわってきます。 要求される精度の正確性: アプリの必要性に応じた最適な精度です。 位置情報データの利用可能性: GPS 機能を搭載していないデバイスがある、または、ネットワークや Wi-Fi 接続が利用できない状況で位置情報が要求される場合があるということです。 適切な精度 位置情報を要求する場合は、アプリが適切な精度を指定して、指定した精度の範囲内で位置情報データが最も速く返されるようにする必要があります。精度のレベルは、位置情報の種類に応じてそれぞれ以下のように異なります。 GPS – GPS は、約 10 m という最も高い精度を提供します。ただしGPS センサーを起動状態にして衛星データを取得し、データを三角測量する場合、詳細な位置情報を返すのに 1 ~ 2 分間かかる場合があります。一方、GPS が衛星との接続を確立した後は、次の位置情報ポイントは最初よりも早く取得されます。もちろん GPS の使用頻度が高くなると消費電力も高くなります。GPS を有効化してデータを取得するには、Geolocator.DesiredAccuracy プロパティを High…


Windows デベロッパー センターの新しいエクスピリエンスの紹介

Windows デベロッパー センターの 2011 年 10 月の開設以来、Microsoft では世界中の開発者やデザイナーと連携しながら、アプリ開発者に向けた最適なアドバイスや、アイデア、サンプルのより良い提供方法について取り組んできました。この取り組みでは、非常に多くのアクセスと提供されたフィードバックを基に、ご好評いただいたものと改善する必要があるエクスペリエンスについて検証してきました。 新着情報 Windows チームは、現在も勢いよく成長しているアプリ エコシステムに重点を置いています。これは、優れたアプリ、経済的価値、そして新しいビジネス チャンスという形によって効果が表れます。新しいデベロッパー センターでは、アプリ開発者、デザイナー、ビジネスの連携をサポートし、優れたアプリの開発と Windows ビジネスの成功に役立つリソースを提供します。 これらの目的を達成するために、以下の点を強化しました。 ナビゲーション モデルを変更したことにより、アプリの開発ライフサイクルの進捗状況に応じた関連コンテンツを検索できるようになりました。 サイトのデザインが、上位タスク、シナリオ、新しいコンテンツをハイライトできるようになりました。 また、開発者が必要とするコンテンツ、サンプル、各種ダウンロードに加え、デザイナーやビジネス向けのリソースへのアクセスが簡単になりました。 開発するアプリに応じて、Windows ストア アプリ、Internet Explorer、Windows デスクトップ、および ハードウェアの 4 つの分野ごとにアクセスすることができます。これらのサイトでは、上述した新しく実装されたエクスペリエンスを提供しています。今回の投稿では Windows ストア アプリ特有の変更点について詳しく説明します。 役割にあった最適なコンテンツを どんなに情報豊かな Web サイトでも、探している情報が見つからないと役に立ちません。何十万ものトピックを提供しているデベロッパー センターでは、情報が整理されていることや、必要な情報の見つけやすさがとても重要です。Windows ストア アプリの開発においては、デザイナーやビジネスを効率的にサポートするために必要な情報を集約しておくなど、担当する役割とシナリオに応じた分類が必要不可欠です。主な例は次のとおりです。 開発者 Windows ストア アプリの効果的な開発に必要なコンテンツを簡素化しました。Windows ストア アプリ ホーム ページでは次のことを確認できます。 “主要なタスクとコンテンツ” がわかりやすく表示されているため、必要なコンテンツをすぐに閲覧できます。国または地域固有のイベントや、サイトに新しく追加されたリソースがハイライトされます。 コーディングに役立つ資料のほか、アプリ開発を始めるために必要なすべてのリソースや、アプリを Windows ストアに提出するための詳細なガイドラインをダウンロードすることができます。 重要なコード サンプルはハイライトされ、開発ライフサイクルに沿った視点から手順を分かりやすく説明しています。 “One…


ターゲット アプリに対する共有

「Sharing from your app」(英語) では、サンプル アプリ Food with Friends (英語) のコンテンツを複数のターゲット アプリで共有するというアイデアを紹介しました。これらのターゲット アプリによりユーザーは、リッチなエンド ツー エンド シナリオを実現できます。Windows 8 アプリは、皆さんのユーザーが、友達や他のアプリとの間で共有したいと思うような興味深いコンテンツを提供しています。魅力的で優れたデザインの共有ターゲット アプリは、ユーザーのソーシャルな “つながり” のエクスペリエンスの中心になることができます。 この記事では、特に Food with Friends のようなアプリでの共有ターゲット コントラクトの使用方法について考えます。このコントラクトを使用するとアプリは、他のアプリからコンテンツを受信して、そのコンテンツを品質向上に役立てることができます。私たちは、皆さんのアプリをそれぞれのカテゴリで最高のアプリへ導くお手伝いがしたいのです。 ターゲット アプリは、共有ターゲット コントラクト (英語) を使用して構築されており、すばやく簡単に共有を実現できるよう設計されています。Windows のすべてのアプリが共有ターゲットになるわけではありませんが、アプリがコンテンツを発行、変換、格納、または、他のアプリから受信したコンテンツになんらかの方法で価値を追加することができる場合は、共有ターゲットを作成するとメリットがあります。 アプリは常にターゲット アプリのリストに表示されるようになります。アプリはすぐに必要なデータを共有できる他のアプリと関連し、つながります。 共有コントラクトにより、アプリとあらゆるソース アプリの間にブリッジが作成されます。どちらのアプリでも、1 対 1 で統合する必要はありません。 共有チャームが常に OS に存在し、使用可能であるため、ターゲット アプリが OS でアプリの境界を越えて表示されるようになります。これにより、さらに多くのユーザーをアプリに集客することが可能になるでしょう。 共有コンテンツの受信 共有ターゲット アプリで魅力的なエクスペリエンスをどのように提供できるかを示す例をいくつか見てみましょう。 Windows 8 のメール アプリや People アプリについては、既によくご存知かもしれません。メールでは複数の友人のコンテンツを受信して共有できる共有ターゲットの簡単でパーソナルなエクスペリエンスが作成されます。People…