Windows ストア アプリを世界市場対応にする

開発する新しいアプリを世界市場に対応させ、ユーザー数の拡大を図りたいと思いませんか。Windows 8 では、さまざまな言語や文化に対応するアプリを今までにないほど簡単に開発できます。今回の記事では、ほとんどまたはまったくコードを変更せずに、新しいアプリを世界対応で設計する方法を紹介します。 世界対応がもたらす市場チャンスについては、多言語アプリ ツールキットに関する Sara Thomasさんの記事でも説明されています。その中にある「45 億人にアピールできる可能性」と「200 を超える市場で」アプリを販売できるというフレーズを念頭に、今回の記事を読み進めていただけるとさいわいです。 シナリオ レンタカー会社の営業所のタブレットで使用する Windows ストア アプリを設計しているとします。営業所のスタッフと顧客は、レンタカーの写真、仕様の説明、駐車場所をこのアプリで確認します。タブレットを見ながら、車についての情報 (現在の走行距離など) を入力または確認し、既存の傷などについての情報を記録します。顧客が署名する契約もこのタブレット上にあります。 車の返却時にも、同じアプリが使われます。新しい走行距離を入力し、車に新たに付いた傷があれば記録します。これは世界共通のエクスペリエンスです。世界中でレンタカーは利用されており、同じような手続きを踏みます。このアプリはグローバル市場向けのアプリとして有望です。世界対応にすることで、アプリ販売のチャンスは大きく広がります。 アプリの開発では、密接に関連する次の 2 種類のプロセスを利用します。 グローバリゼーション: 複数の地域と言語で機能するようにアプリを設計および開発するプロセス。 ローカライズ: 特定のローカル市場の言語、文化、制度に合わせてアプリを (文字要素と文字以外の要素も含めて) 調整するプロセス。 グローバリゼーション アプリのグローバリゼーションを行う際は、次の点に注意してください。 柔軟なレイアウトのアプリを設計する。 アプリ設計に静的フォームを使用しないようにします。Windows ストア アプリがサポートするレイアウト機能を活用することで、テキストのサイズ、レイアウト、向きの変化に最適化される、柔軟なアプリを実現することができます。推奨事項については、デベロッパー センターの「レイアウトの選択」を参照してください。 理由があって静的フォームを使う必要がある場合は、テキスト フィールドとボタンのキャプションが翻訳後のテキストを表示できる大きさになるようにしてください。英文は翻訳すると、40% 長くなる可能性があります。また、Å や Ņ のように記号付きの文字が使われる言語や、最小フォント サイズが他の言語よりも大きい言語では、縦のスペースも多めに取って文字が完全に表示されるようにします。 翻訳しやすいテキストや画像を作成する。 翻訳を社内で行うか社外に委託するかにかかわらず、他の言語や文化に翻訳しやすいアプリにする必要があります。 次の点に注意してください。 特定の言語に固有の口語表現や比喩は使わない。 翻訳しにくい技術的なスラング、略語、または頭字語は使わない。 アプリに口語体を採用する場合や、特定の地域だけで有効な用語を採用している場合は、翻訳担当者にその意味を説明してください。 翻訳が必要になるテキストを画像に含めない。 世界共通でない、文化固有のもの (郵便受けなど) を示す画像は使わない。使わざるを得ない場合は、ローカライズされた画像を提供する (これについては後述します)。 文化の違いに配慮する。 自分の文化では適切な画像が、他の文化では不快に取られたり、誤って解釈される場合があります。 次の点に注意してください。 宗教上のシンボル、動物、または国旗や政治運動を想起させる色の組み合わせは使わない。…