新しいクラッシュ レポートを Windows ストア アプリの認定にお役立てください

Windows ストアの規模が拡大し、アプリ開発者の皆様にも大きなチャンスが広がっています。Microsoft ではアプリ認定プロセスの透明性を高め、Windows ストアへのアプリ公開に必要な作業を皆様にわかりやすくお伝えしたいと考えています。アプリが認定に不合格となった場合の対処方法もその 1 つです。 アプリが認定に不合格となる理由で最も多いのが認定プロセス中のクラッシュや非応答状態です。アプリのクラッシュにはさまざまな原因が考えられるため、アプリで発生した内容やその修正方法を特定するのは困難です。ローカル環境でクラッシュが発生していない場合特定はさらに難しくなります。 Microsoft では 1 月 28 日 (月) より、クラッシュや非応答状態が理由で認定に不合格となったアプリのクラッシュ ファイルを認定レポートに同梱して送付しています。クラッシュ時に何が起きたかを正確に把握し、問題の原因究明と解決にお役立ていただけるようになりました。 クラッシュ ファイルは以下の 2 つの形式で提供されます。 クラッシュ ダンプ (.dmp) ファイル: クラッシュしたアプリに関する重要情報が格納されています。Visual Studio 2012 または Windows 用デバッグ ツールで開くことができます。 ErrorInfo (.txt) ファイル: 未処理の JavaScript 例外に関連したクラッシュの情報が格納されています。 2 つのファイルが提供する情報は、何が原因でアプリのクラッシュまたは非応答状態が発生したかを判断する有益な材料となります。アプリは、問題の修正後に再度提出していただけます。 Microsoft デベロッパー センターでも、これらのクラッシュ レポートの分析方法 (英語) を紹介する記事が新たに公開されました。ファイルの内容に関する詳しい情報と、内容を開いて確認する手順についてはこちらをご確認ください。もちろん、公開済みアプリのクラッシュ データは Windows ストア ダッシュボードの品質レポートでご確認いただけます。 — 主任テスト マネージャー、Dave Smith


Windows 8 用の Bing アプリの作成

概要 Windows 8 向けに Bing チームはニュース、天気、ファイナンス、スポーツ、トラベル、マップというアプリを作成しています。この技術概要の記事では、これらのアプリのアーキテクチャ、それらが使う主要な Windows 8 の機能とコントラクト、それらが採用しているコモン コントロール、グローバルな対応状態について概説します。 Bing チームのメンバー数人で 1 年ほど前に、Windows 8 向けの Bing アプリを提供するためのアプリ チームを結成しました。これらのアプリの最大の目的は、高速で滑らかなエクスペリエンスにより、複数のソースのコンテンツを利用して、情報をユーザーに提供し続けることです。どのアプリも、タッチおよびタブレット デバイス向けに最適化されていますが、キーボードとマウスを使っても快適に操作できます。この数か月間、私たちはこれらのアプリをグローバル対応にするように取り組んできました。 これらのアプリを開発するにあたり、私たちには 2 つの目的がありました。Windows 8 の魅力をさらに高めるすばらしいアプリを構築することと、アプリ開発者のモデルになるアプリを提供することです。この記事では、これらのアプリの技術概要と、皆さんのアプリ開発に役立つ知見とリソースを紹介します。これらのアプリを開発する中で、私たちは多くのことを学びました。この経験をもとに、次回は今回とは異なる方法をとりたいことがいくつかあります。その全容については、続きをお読みください。 天気アプリ: 気になる場所の天気を確認できます。 アーキテクチャの概要 プラットフォーム サービス マップ アプリは XAML/C# を使っていますが、それ以外はどのアプリも HTML/Java Script で作成されています。すべてのアプリで、インストルメンテーション、キャッシュ、クエリ サービス、設定、ローミング、プロファイル管理、市場に合わせたカスタマイズ、音声認識の基礎機能など、いくつか基本的なサービスを提供する共通クライアント プラットフォームを利用しています。いくつかの理由からあえてクライアント側キャッシュを採用して、プリフェッチを活用し、クライアント側で各種データの有効期間を設定できるようにしています。 私たちのアプリはすべての PC デバイスを対象に設計されていますが、その多くはタブレット デバイスになると想定しています。Windows 8 タブレットは、コンシューマーと企業ユーザーの両方が、コンテンツの利用にもコンテンツの作成にも使用できます。多くの場合、ユーザーはさまざまな接続状態を経験します (高速ネットワークでの完全な接続、WiFi や携帯ネットワークでの弱い接続、断続的に途切れるネットワーク、さらには接続がまったくない状態)。私たちの目標は、Web ページとは異なるリッチなクライアント アプリを作成することでした。私たちは、すべてのネットワーク データをファイル システムにキャッシュし、最新のデータが取得されるまで、キャッシュされているデータを再利用するという IE のコンセプトを採用しました。また、キャッシュされたデータも利用できず、ネットワーク要求も失敗した場合のエクスペリエンスも設計しました。このようなシナリオのために、正常に接続を処理する旨のエラー メッセージと再試行メカニズムを用意し、OS からのネットワーク接続の変化に応じて自動的に再試行されるようにしています。…