Windows 8 アプリ (および Web サイト) から優れたリモート再生エクスペリエンスを有効にする

リモート再生の概要 リモート再生とは、アプリから Xbox やその他のサポートされているデバイスへ、音楽、写真、ビデオをホーム ネットワーク経由でストリーミングできるようにする機能です。皆さんのアプリから大画面のテレビへ、写真やビデオを簡単に出力できるようになったところを想像してみてください。あるいは、アプリからリビング ルームのスピーカーへ音楽を流すことができたらどうでしょうか。リモート再生コントラクトを使えば、このようなシナリオを皆さんのアプリで簡単に実現できるのです。これは、リビング ルームでのアプリの魅力を高める強力な手段の 1 つです。 私たちは、ユーザー、開発者、そしてデバイスにエンド ツー エンドの優れたエクスペリエンスを提供するため、次のようにリモート再生を設計しました。 ユーザー: 共有が有効になっているネットワーク (ホーム ネットワークなど) では、Windows 認定を受けたリモート再生デバイスが Windows 8 によって自動的に検出され、インストールされます。オペレーティング システムには、スワイプしてチャームを表示し、デバイス チャームでデバイスをタップするという一貫したユーザー エクスペリエンスが備わっています。サポートされるアプリであれば、どれでも同じ操作でリモート再生を開始できます。ミュージック アプリ、ビデオ アプリ、フォト アプリなど、メディアが中心となる Microsoft 製のアプリにはすべて、リモート再生エクスペリエンスが組み込まれています。リモート再生コントラクトは Internet Explorer 10 にも実装されているので、Web ページから写真や HTML5 の音楽をストリーミングすることもできます。 開発者: 開発者にとってのリモート再生コントラクトは、基盤となるメディア ストリーミング テクノロジ (プロトコル、フォーマット照合、トランスコードなど) の高度な抽象化であり、さまざまなアプリでリモート再生エクスペリエンスをすばやく簡単に実装 (およびテスト) できるようにするものです。すべてのアプリ (および IE で表示される HTML5 Web ページ) では、基本的なエクスペリエンスが既定で有効になりますが、後で調整することも除外することもできます。 デバイス: Windows 8 のリモート再生エクスペリエンスは、Windows…

0

Windows 8 アプリのユーザー エクスペリエンス統合テスト

Windows ストア アプリのテストに関するブログ記事では、アプリを複数の実行状態に分けて考え、それぞれの状態でどのようなテストを行う必要があるかについてお話ししました。また、Windows 8 ユーザー エクスペリエンスの一部の側面について取り上げ、それがアプリの実行環境にどのように影響するかも説明しました。今回は、新しいユーザー エクスペリエンスについてもう少し掘り下げ、私たちが既存のアプリをテストしたときの経験から、皆さんのアプリにも当てはまる可能性のある興味深い操作やシナリオに焦点を当てたいと思います。そして、どうすればアプリを確実に正しく動作させることができるかを説明していきます。 一般的なレイアウトと動作 Windows 8 には、イマーシブで魅力的なアプリの作成を可能にする優れた新機能が搭載されています。アプリの初期化中にはスプラッシュ スクリーンが表示され、それがユーザーにとってのアプリの第一印象を左右します。アプリが起動して実行状態になったら、ユーザーは、画面の回転やスケーリング、スナップ表示と全画面表示の切り替えをいつでも行うことができます。さらに重要な点として、これらのイベントは同時に発生したり、間隔を空けずに連続で発生したりする可能性があります。たとえば、アプリのスプラッシュ スクリーンの表示中に画面の向きが変わることもあれば、ビューのスナップと共にデバイスがプロジェクターに接続されてスケーリングが変更されることもあり得ます。ここでは、それぞれのイベントにおいて特に注意すべき問題について、もう少し詳しく見ていきましょう。 スプラッシュ スクリーン スプラッシュ スクリーン機能を使うと、システムが初回使用に備えてアプリを初期化しているときや、バック スタックにある中断状態のアプリを再開するときに、アプリでアクティビティを表示できるようになります。スプラッシュ スクリーンが正しく表示されることを確かめるには、縦向きと横向きの両方のモードにおいて、アプリを全画面表示で起動し、スプラッシュ スクリーンが正しく (通常は中央に) 配置されること、アニメーションの問題や視覚的な問題がないことを検証します。スプラッシュ スクリーンに表示されるグラフィックスの解像度品質にも十分に注意して、端がぎざぎざに表示されたり、ピクセルが粗く見えたりしないことを確かめてください。 アプリで延長スプラッシュ スクリーンをサポートしている場合は、スプラッシュ スクリーンから拡張スプラッシュ スクリーンへの遷移が滑らかで一貫していることを検証します。特に、アイコンの位置の変化や画面のフラッシュなどのわずらわしい現象に注意してください。 回転 回転は、アプリの実行中、アプリが中断状態にある場合も含めて、いつでも行われる可能性があります。UI の各状態をチェックするときには、アプリが向きの変更に適切に対応することを検証してください。特に、アプリのユーザー エクスペリエンスを低下させる可能性のあるレイアウトとクリッピングの問題に注意が必要です。また、向きが変わるときにコンテンツのジャンプやフラッシュが発生しないことも確かめてください。 アプリで自動回転の設定を使っている場合は、ユーザーがアプリを起動したとき、またはそのアプリに切り替えたとき、システムの向きがアプリの回転設定に合わせて変更されることを検証します。さらに、逆回転の設定でアプリを使用できることも確かめます。たとえば、自動回転の設定を横向きにしている場合は、横向きと反転した横向きの両方でアプリが正しく表示され、機能することを検証します。 アプリのテストに使用できる適切なハードウェアがない場合は、Visual Studio シミュレーターを使って回転をシミュレートすることができます。テストでシミュレーターを使う方法について詳しくは、「Visual Studio 2012 を使った Windows 8 アプリのテスト」をご覧ください。 スケーリング Windows 8 では、サポートされているさまざまなピクセル密度のハードウェアでタッチ機能とユーザビリティを維持できるように、アプリが自動的にスケーリングされます。このため、100%、140%、180% の各スケールで、アプリのユーザー エクスペリエンスを検証する必要があります。UI の各状態をチェックするときには、どのスケーリング構成でもアプリが正しく表示されることを確かめてください。 Visual Studio シミュレーターで次の設定を使うと、サポートされている一般的なスケールでアプリをテストすることができます。 100% スケール – 10.6…

0