Windows 10 でボリューム スライダーの操作後に流れる音声を中断させると、その後一定期間システム音が流れなくなる

こんにちは、マルチメディアサポートチームです。今回は、Windows 10 Anniversary Update 及び Windows 10 Creators Update で確認されている、ある条件下でシステム音が流れない現象について案内します。   事象発生までの流れ   Windows 10 にて、タスク バーのスピーカー アイコンをクリックすると、以下 図1 のように、ボリュームを調整するための「ボリューム スライダー」がタスク バーの上に表示されます。   (図 1)   このボリューム スライダーを利用して任意の値にボリュームを設定した際、音量の確認のために、「一般の警告音」プログラム イベントで設定されている音が再生されます。(参照: 図 2)   (図 2)   この音が再生されている途中に、ユーザーがボリューム スライダー UI から (デスクトップをクリックするなどして) フォーカスを外します。その場合、以下の動作になる場合があります。   ·         Windows 10 Anniversary Update: 音がフェードアウトします。 ·         Windows 10 Creators Update: 音の再生が中断されます。  …

0

楽しいハック講座 (4) Windows7 オーディオアーキテクチャの概要

こんにちは。日本マイクロソフトの我孫子です。今日は Windows7 のオーディオ再生・録音の仕組みについて、ハック講座らしくディープに解説していきます。 Win7 時代に ASIOは必要なのか、いわゆる「ビットパーフェクト」な再生に最適な環境は何か、などなどについて考えていく材料になればと思います。 ■Windows7 のオーディオアーキテクチャ まずは百聞は一見にしかず、ということで、図をご覧下さい。この図は、Win7 におけるオーディオの再生処理の内部動作を示しています。紙面の都合上、ここでは、「理想的な」ドライバが使われている場合のみが描かれており、「理想的でない」場合の内部動作は割愛しています。また、録音処理については大部分の矢印が逆方向になるだけですのでこちらも割愛しています。さらに、ユーザモードが詳細になっている反面、カーネルモードやハードウェアの詳細は割愛されています。それらについてはまた日を改めて取り上げる予定です。 ■理想的なドライバ 「理想的な」ドライバとは、以下のいずれかです。 UAA 準拠 (UAA: Unified Audio Architecture)  USB 接続で Microsoft のドライバ (usbaudio.sys) を使用する場合 IEEE 1394 接続で Microsoft のドライバ (avcaudio.sys) を使用する場合 PCI バス接続でデバイスベンダー提供の HDAudio ドライバを使用し、かつ、そのドライバが Windows7 Certified ロゴを取得している場合 デバイスベンダー提供のWaveRT ミニポートドライバを使用し、かつ、そのドライバが Windows7 Certified ロゴを取得している場合 「理想的でない」ドライバとは、以下のいずれかです。 UAA 準拠 PCI バス接続でデバイスベンダー提供の HDAudio ドライバを使用し、かつ、そのドライバが Windows7 Certified ロゴを取得していない場合 デバイスベンダー提供のWaveRT ミニポートドライバを使用し、かつ、そのドライバが…

0