Live Encoding の紹介と注意事項


こんにちは、マルチメディアサポートチームです。

今回の記事で、Azure Media Services における Live Encoding 機能について紹介および注意事項について案内致します。

Azure Media Services は Video-On-Demand と申します保存されている動画ファイルを配信する機能の他に、カメラやキャプチャーデバイスを利用して、多くのユーザーにライブ配信を提供することは可能です。

今までの Azure Media Services におけるライブ配信は、エンコード済みのデータをチャンネルを通して配信するとい機能がありました。追加の機能として、Live Encoding のチャンネルが用意され、エンコード自体も Azure Media Services に任せることができます。

複数のビットレートを提供するオンプレミスのエンコーダーが必要なく、指定されたプロトコールでキャプチャーしたデータだけを送るというメリット点はありますが、使用するに当たっての注意事項があります。

■ チャンネルによる課金対象

ドキュメントにも記載されていますが、チャンネルの状態で課金が決まります。つまり、ストリーミングしていない場合で「準備完了」という状況でも、課金はされています。そのため、ストリーミングを終えたら、忘れずにチャネルを停止してください。

次の表は、チャネルの状態と課金モードとの対応を示しています。(参照ページ)

チャネルの状態

ポータル UI インジケーター

課金対象

開始中

開始中

いいえ (遷移状態)

実行中

準備完了 (実行中プログラムなし)
または
ストリーミング (実行中プログラムが最低 1 つ存在)

はい

停止中

停止中

いいえ (遷移状態)

停止済み

停止済み

いいえ

■ Live Encoding が有・無の価格

チャンネルを作成する際に、Live Encoding の機能を使うかどうかを設定できます。

注意いただきたいのは、Live Encoding が有・無の価格です。エンコードの無いライブ チャンネルの場合は \100.98/時間 でございます。Live Encoding を使用したライブチャネルの場合は、利用する時間について異なりますが、最初の 20 時間ですと \4,078.98/時間 になります。(参照ページ)

※ 値段については、現時点 (2015 年 11 月 13 日) の価格のため、変更される可能性があります。

イベントを検討しており、予め予算を計算する必要がある場合にはツールがございますので、ご活用ください。

Pricing calculator

https://azure.microsoft.com/en-us/pricing/calculator/


Comments (0)

Skip to main content