[更新あり][ご注意ください] 12 月 10 日の Windows Update で配信された Silverlight 対象の更新プログラム KB3011970 をインストールするとエラー(6001)が発生し Silverlight で動画再生が出来ない事象が発生します。


原文のブログ Can’t play PlayReady DRM video after installing Silverlight Update 5.1.31010 の翻訳になります。

12 月 10 日の Windows Update のうちの KB3011970 が本件の問題となる修正プログラムとなります。こちらの適用により Silverlight のバージョンが 5.1.30514 から 5.1.31010 にアップグレードされます。

その後、 DRM 暗号化が利用されいるコンテンツを扱うサイトから動画の再生すると、エラーが発生する可能性があります。

お客様には多大なご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

 

現在確認している回避方法

エラーが発生した際に、Silverlight のバージョンを確認し、5.1.31010 であれば一旦Silverlightのアンインストールと再インストールすることで回避いただけます。

 

■ アンインストール手順

1. [コントロールパネル] > [プログラム] > [プログラムのアンインストールまたは変更] を選択します。

2. [Microsoft Silverlight] を選択します。

3. アンインストールをクリックします。

 

■ 再インストール手順

1. 以下のインストールポイントをブラウザーで開きます。

http://www.microsoft.com/getSilverlight

2. Silverlight をインストールをクリックします。

3. 環境に合わせて、以下のどちらかのファイルを実行します。

“Silverlight_x64.exe” 64-bit OS の場合

-または-

“Silverlight_x86.exe” 32-bit OS の場合

 

お手数をおかけし誠に申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

***********************************

12 月 17 日記事の更新

 

12月14日(日本時間)に、問題を修正しました Silverlight 5.1.31211.0 がリリースされました。

この修正は、12月10日の修正を無効にするものであり、12月10日の修正を適用された Silverlight 5.1.31010.0 のユーザー様に対して更新が実施されます。

詳細は英文になり大変恐縮ですが、以下のをご確認ください。

 

New Silverlight version is available to replace version 5.1.31010.0

https://support.microsoft.com/kb/3025055/en-us

 

従いまして、自分の環境でインストールされている Silverlight のバージョンに合わせて、Windows Update が以下の動作をします。

5.1.31010.0 のバージョンで上の回避策を適用した環境の場合、Windows Update が 環境にインストールされているバージョンが 5.1.30514 を最新と判断します。

5.1.31010.0 のバージョンで上の回避策を適用していない環境の場合、Windows Update で (KB3011970) が表示され、リコールのバージョンである 5.1.31211.0 をインストールします。

https://support.microsoft.com/kb/3011970/en-us

 

■  正常に動作するバージョン

Silverlight 5.1.30514

Silverlight 5.1.31211.0

■  問題が発生するバージョン

Silverlight 5.1.31010.0

 

分かりにくい状況となっておりますことを改めましてお詫び申し上げます。


Comments (0)

Skip to main content