Azure Media Services Explorer の紹介 – その2:スムーズストリーミングの動作確認の例


こんにちは、マルチメディア サポートチームです。

前回のトピックでは、Azure Media Services Explorer ( 以下 AMS Explorer に省略) を使った、カスタムプロファイルによるエンコード例を実施しました。

今回は、テストの MP4 のコンテンツを AdaptiveBitrate のコンテンツにエンコードし、そのビットレートの変換を確認する URL をご紹介します。

スムーズ ストリーミングは、Microsoft が作成した複数のビットレートから最適なビットレートを選択するアダプティブビットレート技術です。エンコードの結果としましては、複数のビットレートのコンテンツが作成され、ネットワーク状況に合わせた配信になります。

ポータルから「H264 Smooth Streaming 1080p」または「H264 Smooth Streaming 720p」を選択することで、簡単にスムーズストリーミングのコンテンツを作成できます。しかし、Media Services Encoder 用のプリセットが利用されると、定めたビットレートのコンテンツは作成されます。(各プリセットの詳細)

従いまして、特定のビットレートにてエンコードするために、AMS Explorer を利用すればカスタム プロファイルにてエンコードし、希望のビットレートでコンテンツを作成できます。

今回は高いビットレートを優先的に再生したいという場合、「H264 Smooth Streaming 1080p」のプリセットまたは AMS Explorer と一緒にインストールされるテンプレートを3つの高いビットレートのみを残すように (Bitrate="6000", Bitrate="4700", Bitrate="3400") 編集します。

手元の環境で試した手順はこちらになります:

1. 前回の記事で紹介しました手順にてカスタム プロファイルを選択します。

clip_image001

2. XML ファイルを選択します。

AMS Explorer をインストール時に、一緒にインストールされます WAMEPresetFiles から選べるようになっております。

clip_image002

3. AME Advanced Encoding ダイアログが表示され、XML を編集することもできます。

(こちらで XML を編集し、3 つのビットレートだけを残します)

clip_image003

4. エンコードが完了すると、Asset タブにコンテンツが表示されます。右クリックすると、Display Information から詳細を確認できます。

clip_image004

clip_image005

5. Asset Information ダイアログが表示され、Asset Files タブから 3 つのビットレートファイルが作成されることが確認できます。

clip_image006

6. コンテンツをエンコードした後、配信できるようにするには Publish する必要があります。

Publish から Create a locator を選択します。

clip_image007

7. Publish すると、Publication のマークを表示され、配信用の SmoothStreaming 、HLS および MPEG-DASH の URL が作成されます。

clip_image008

Azure で用意されております以下のサイトでは、様々なプレイヤーで配信の確認をできます。

http://amsplayer.azurewebsites.net/player.html

clip_image009

なお、SmoothStreaming で配信の場合、ビットレートなどの情報を確認したい方は、Silverlight で作成されています HealthMonitor を利用できます。

http://smf.cloudapp.net/healthmonitor

clip_image010

なお、AMS Explorer から配信確認するための URL を簡単に確認できます。

Playback から目的のプレイヤーを選択すると、URL に飛びます。

clip_image011

繰り返しになりますが、AMS Explorer のソースコードを取得可能ですので、アプリケーション開発者の方はご参考ください。URL


Comments (0)

Skip to main content