Azure Media Services Explorer の紹介 – その2:スムーズストリーミングの動作確認の例

こんにちは、マルチメディア サポートチームです。 前回のトピックでは、Azure Media Services Explorer ( 以下 AMS Explorer に省略) を使った、カスタムプロファイルによるエンコード例を実施しました。 今回は、テストの MP4 のコンテンツを AdaptiveBitrate のコンテンツにエンコードし、そのビットレートの変換を確認する URL をご紹介します。 スムーズ ストリーミングは、Microsoft が作成した複数のビットレートから最適なビットレートを選択するアダプティブビットレート技術です。エンコードの結果としましては、複数のビットレートのコンテンツが作成され、ネットワーク状況に合わせた配信になります。 ポータルから「H264 Smooth Streaming 1080p」または「H264 Smooth Streaming 720p」を選択することで、簡単にスムーズストリーミングのコンテンツを作成できます。しかし、Media Services Encoder 用のプリセットが利用されると、定めたビットレートのコンテンツは作成されます。(各プリセットの詳細) 従いまして、特定のビットレートにてエンコードするために、AMS Explorer を利用すればカスタム プロファイルにてエンコードし、希望のビットレートでコンテンツを作成できます。 今回は高いビットレートを優先的に再生したいという場合、「H264 Smooth Streaming 1080p」のプリセットまたは AMS Explorer と一緒にインストールされるテンプレートを3つの高いビットレートのみを残すように (Bitrate="6000", Bitrate="4700", Bitrate="3400") 編集します。 手元の環境で試した手順はこちらになります: 1. 前回の記事で紹介しました手順にてカスタム プロファイルを選択します。 2. XML ファイルを選択します。 AMS…

0

Azure Media Services Explorer の紹介 – その1:カスタム プロファイルでエンコードする例

こんにちは、マルチメディア サポートチームです。 今回の記事で、Azure Media Services を利用するお客様に便利なツールを紹介したいと思います。 皆様がご存知の通り、Azure のポータルから一つのファイルのアップロードやプリセット エンコード等のいくつかの機能が利用できます。しかし、複数ファイルをアップロードしたり、詳細な設定でカスタムエンコードしたりする等の動作を実行するには SDK でツールを開発する必要があります。Azure Blog で紹介された Azure Media Services Explorer ツールを使用することで、プログラムを開発することなく利用できます。 GITHUB サイトからツールを取得できます。(ソース コードも取得できますのでアプリケーション開発者の方も参考になると思います) 以下の URL をご確認ください。   Azure Media Services Explorer https://github.com/Azure/Azure-Media-Services-Explorer/releases/tag/v3.0.0.9 ツールを開発したチームの英語ブログは以下の URL から確認できますので、詳細な仕様についてはご参照ください。   Managing Media Workflows with the new Azure Media Services Explorer Tool http://azure.microsoft.com/blog/2014/10/08/managing-media-workflows-with-the-new-azure-media-services-explorer-tool   ■ カスタム プロファイル にてエンコードする例 Azure にアップロードしたコンテンツをエンコードすることはポータルから可能ですが、図 1 のように、特定のプリセットしか使用することはできません。…

0