EE5 (Expression Encoder5) への要望を募集中!


Expression Encoder 開発チームが次期バージョン EE5 への要望を一般募集中です。英語サイトで恐縮ですが、一人10票、一項目あたり3票まで投票できる他、新たな項目を追加することもできますので、どんどん投票ください。

現時点の上位は、このようになっています。

  1. GPUベースの H.264 エンコード (137票)
  2. 64bit 版 Expression Encocer (71票)
  3. ライブソースとしてのスクリーンキャプチャの導入 (60票)
  4. GPUベースの VC1 エンコード (52票)
  5. プレイリストソースとライブソースからのライブエンコード (47票)
  6. エンコード済みファイルのタグ編集 (SDK または PowerShell) (42票)
  7. マルチプロセスでの並列エンコード (38票)
  8. ハードキャプションのサポート (35票)
  9. HDVカメラのライブソースとしてのサポート (32票)
  10. ビデオ補正 (30票)
  11. ライブオーバーレイ (30票)
  12. エンコード中のライブ音声モニタリング (26票)
  13. プレビュー中のオーディオメーター (21票)
  14. Podcast 向け MP3エンコード (19票)
  15. Windows サーバ SKU サポート (17票)
  16. クリップ間のトランジション (14票)

どうぞお気軽に投票ください


Comments (2)

  1. David says:

    > マルチプロセッサでの並列エンコード

    WME9にてHyper-Threading On/Off時のパフォーマンスを比較した限り、既に対応しているものと思っていました。

    (マルチv.s.シングル・コアでは比較したことがありません)

    それとも、これはなにか違う機能のことでしょうか?

  2. 申し訳ありません、マルチプロセッサは誤訳です。正しくはマルチプロセスの並列エンコードです(記事を訂正いたしました)。Expression Encoder は当初からマルチプロセッサ(マルチスレッド)に対応しています。こちらの「マルチプロセスの並列エンコード」の意図しているものは、現状の Expression Encoder では1プロセス内のマルチスレッドでエンコードを行っていますが、1プロセスでは CPUリソースを使い切ることができていない状況が散見されるため、マルチプロセスかつマルチスレッドでエンコードするアーキテクチャの導入を検討しています。お詫びして訂正いたします。よろしくお願いいたします。

Skip to main content