KB解説: 2010年4月版


今月もマルチメディア関連の修正モジュール(Hot Fix) およびサポート技術情報(KB)が公開されました。6件のうち5件が日本(当チーム)にて解析を実施した案件でした。

 

概要は以下の通りです。

971235 WMS がクラッシュする件 (Server 2003, Server 2008)

Windows Media Services (WMS) 9.1/9.5 を長期運用した場合にクラッシュする問題を修正します。先日リリースされた WMS 2008 R2 では修正済みです。

979280 WMS で Kerberos 認証に失敗する件 (Server 2003)

WMS 9.1 で多数のグループに所属するユーザーの Kerberos 認証に失敗する問題を修正します。環境により若干異なりますが、例としては 200以上のグループに所属する場合に該当します。先日リリースされた WMS 2008 R2 では修正済みです。WMS 2008 (Server 2008) の修正は現在作業中です。

980169 MF で再生できない ASF がある件 (Vista)

特定の ASF (WMV/WMA) ファイルを Vista の MF (およびWMP11)が再生できない問題を修正します。該当する ASF の例は携帯電話で撮影したファイルです。技術的には ASF のビットストリーム中に Replicated Data オブジェクトが存在しないファイルが該当します。携帯電話のファイルを再生するためには、この修正を適用した上で、適切な音声デコーダMFTのインストールが必要です。Win7 ではこの問題は発生しません。

981679 WaveOut API がハングする件 (Win7)

比較的応答の遅いオーディオデバイスを搭載したマシンで、WaveIn/WaveOut API により再生と録音を同時に行う IP 電話のようなアプリケーションを動かすと、散発的にアプリケーションがハングする問題を修正します。

981013 オーディオサーバのメモリリークの件 (Vista, Win7)

WINMM系 API (PlaySound, WaveOut 等) を使って、共有モードで音声を再生する度にオーディオサーバー内部で発生するメモリリークの問題を修正します。再生1回あたりのメモリリーク量は微小ですが、短い音声を繰り返し長期間に渡って再生し続けるようなシナリオでは問題になります。

981112 WMP メディア共有時の電源管理の件 (Win7)

Windows Media Player のメディア共有を有効しており、かつ、メディア共有しているコンテンツがない場合に、マシンをスリープ状態にできない問題を修正します。

 

以上、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

マルチメディアサポートチーム一同

Comments (0)

Skip to main content