IIS Media Services 3.0 βリリース : Media Pack から Media Services に名前が変わりました!よろしくね。


 

こんにちははらだんです。今日はストリーミング サービスのニュースです。これまで 2 回ほど取り上げてきた IIS7.0 Media Pack1.0 ですが、先日ラスベガスにて開催された MIX’09 カンファレンスにて新しい情報がアナウンスされました。Media Pack IIS Media Service 3.0 という名称に変わり、β版のダウンロードが可能になりました。(また、MIX’09 にて Silverlight3 のアナウンスがされ、βもリリースされました。)


 


IIS Media Service 3.0 での新しい機能は以下になります。


1. Smooth Streaming 1.0 β


2. Live Smooth Streaming 1.0 β


3. Advanced Logging 1.0 β


 


 


1. Smooth Streaming 1.0β


あらかじめコンテンツを多数のビットレートでエンコードしておき、クライアントのネットワーク品質に合わせて再生中にシームレスに最適なビットレートにスイッチする技術です。公開予定となっていたものが正式にアナウンスされ、今回のβ版で実際に動作が確認できるようになりました。以下のサイトで映像を体験することができます。実際にビットレートが変化していく様子がリアルタイムにグラフで確認できます。やはり開始は一番低いレートから始まるようです。


Smooth Streaming 体験サイト


 


 


 


このビデオ コンテンツは MSDN にて提供されています。ダウンロードして IIS Media Services の


テストに使用できます。


 


 


2. Live Smooth Streaming 1.0β


ライブ スムーズス トリーミングはその名の通りスームーズ ストリーミングでライブ配信を行うものです。エンコードには Expression Encoder 2 SP1 を使用します。ユーザーはライブの現在の映像を見れるし、過去の映像も遡ってみることができます。


 


 


3. Advanced Logging 1.0β


WMS においてもそうですが、ログはサービスを提供する側にとって非常に重要な要素です。ユーザーが何をどのくらい見たのか、どういう操作を行ったか、どういう通信状態だったのかなどもろもろを記録する機能です。アドバンスド ロギングはカスタマイズが可能でより詳細なログを取得することが可能です。


 


IIS Media Service 3.0 βのアナウンスはこちらです。


IIS Media


 


 


Media Service 3.0 になって機能が増えました。週末にでもいじってみようかと思っているはらだんでした。

Comments (0)

Skip to main content