動画配信入門1 – Windows Media サービス 9 シリーズ (WMS9)


 


    こんにちは、つっちーです。今日はWindows Media サービス 9 (WMS9) を使ってローカルファイルをオンデマンド配信してみたいと思います。手順さえ知っていれば簡単なので、試してもらえたらうれしいな~。


     


    Windows Server 2003 でご紹介します。


    まずは、IIS(Internet Information Service) Windows Media サービスを追加します。


    プログラムの追加と削除にある、Windows コンポーネント の追加からWindows Media サービス/アプリケーションサーバー2つにチェックをつけて次へを押せばOK。後はそのまま流れに沿ってインストール。


     



     


    スタートメニューから Windows Media サービス を起動して早速使ってみましょう!


    公開ポイントで右クリックから公開ポイントの追加を選択。


     



     


    公開ポイントの追加ウィザードが起動されるので、次の通りに設定していきます。


    ・適当な公開ポイント名を入力。ここでは、“test1”としておきます。


    ・コンテンツの種類で“1つのファイル を選択


    ・公開ポイントの種類でオンデマンド用の公開ポイント を選択。


    ・既存の公開ポイントで新しい公開ポイントを追加するを選択。


    ・ファイルの場所で、参照ボタンを押して配信したいコンテンツを選択。ここでは、Windows Media サービスに入っている pinball.wmv を選択してみます。特に指定せずにインストールしたら次のフォルダに入ってます。


     C:\wmpub\WMRoot


     


    そのまま次へを押していって、ウィザードの完了後の設定で、


    アナウンスメントファイル(asx)または Web ページ(htm) を作成する


    を選択して完了を押します。


     


    ユニキャスト アナウンスメント ウィザードが起動されるけど、キャンセルを押します。


    ここまででサーバー側の設定は完成!


     


    では次にサーバーに接続可能なクライアントから動画を見てみましょう。クライアントでWindows Media Player を起動します。“Ctrl”+”u” からURL を入力します。サーバー名は、“TestServer01” で、公開ポイント名が“test1” の場合だと、


    mms://TestServer01/test1


    と入力してOKを押します。サーバー名の名前解決が出来ない場合には、サーバー名の代わりにIPアドレスを直接指定してもOK


     



     


    これで、pinball.wmv ファイルがクライアント側で再生されます。


     



     


    今回は、一番シンプルな方法での配信を紹介しました。用途に応じて色々な使い方も出来ますよ~。


    社内やチームでの動画配信など、是非検討してみて下さい。


     

Skip to main content