IIS Media Pack 1.0 を使ってみよう!(1)


 


こんにちは、はらだんです。先月末から今月はじめまでアメリカに出張に行っておりました。シャーロットからシアトルに移動した次の日はスーパーボールの日でした。かの国では紅白とか箱根駅伝くらいみんなが見るものらしいです。USチームのマネージャも毎年パーティをやっているそうです。Tech Ready(*)の会場の大スクリーンで見ていました。アリゾナとピッツバーグの試合で、最後のほうでアリゾナが逆転、さらに最後の30秒ほどでピッツバーグが逆転と激しく盛り上がっていました。点が入ると会場に来ている米国のエンジニア達が大喜びで、私のほうを見て「今の見たか?アンビリーバボー!」と話しかけてきました。


 


さて、IIS 7.0 の拡張機能の Media Pack 1.0 の話です。来年あたりスーパーボールはこれでHD画質配信されるのではないでしょうか。


 


動画配信というと従来 Windows Media Services から配信を行っていましたが、IIS 7.0 からは Media Pack という機能拡張をインストールすることでコンテンツ配信が行えるようになりました。IIS 単独で動画配信ができるようになります。対応するコンテンツのコンテナも WMVFLVMP4 など 11 種類にもなります。


 


現在の主な機能は以下の2つです。


・ビットレートスロットリング
コンテンツの配信スピードの制御を行うことができます。


Webプレイリスト


 コンテンツをどのようにユーザーに提供するのかコントロールします。


 


Windows Media Services 9 との比較:




















 


IIS Media Pack 1.0


Windows Media Services 9


プロトコル


HTTP


RTSP / HTTP


配信方式


プログレッシブダウンロード


ストリーミング


動作環境


IIS 7.0
Windows Server 2008


Windows Server 2003,
Windows Server 2008


 


今後さらに機能が増えていく予定になっています。現在同ページにてアナウンスされている次回追加機能スムーズストリーミングはストリーミングのビットレートをクライアントの回線品質に合わせてシームレスに変化させる技術です。もちろんこれに対応したコンテンツが必要となり Expression Encoder 2 SP1 で作成が可能です。


 


スムーストリーミングはここで体験することができます。


 


次回以降環境を作成していきたいと思います。


 


Media Pack 1.0 ダウンロードサイト


ダウンロード 32bit


ダウンロード 64bit


 


 


~先週末スポーツジムなるものに行って風邪を引いたような気がするはらだん~

Comments (1)

  1. こんにちは、はらだんです。今回は 前回紹介 したスムーズストリーミングについて実際に配信中のパケットを取得してその動作をちょっとだけ覗いてみたいと思います。 スムーズストリーミングはネットワークやクライアント

Skip to main content