[MEMO]Web Platform Installer のプライマリフィードを変更する

「私の Web Platform Installer (以下、Web PI) で MySQL をインストールできない。」という声をいただきまして、調査したところ Web PI でサポートしているフィードファイルが、以下のように変更されていることが分かりました。 (これまで) http://www.microsoft.com/web/webpi/4.0/webproductlist.xml (2013年2月6日現在) http://www.microsoft.com/web/webpi/4.2/webproductlist.xml 取り急ぎ、ワークアラウンドとしての対応として Web Platform Installer 4.0 のプライマリフィードを変更する方法をご紹介します。 (1) Web PI を起動して、画面下の [オプション] をクリックします。   (2) オプションの変更画面が表示されます。プライマリフィードのテキストボックスに、下記 URL を入力し、[OK] ボタンをクリックします。 http://www.microsoft.com/web/webpi/4.2/webproductlist.xml (3) Web PI が先ほど指定したプライマリフィードを読み込みます。完了後画面下側に 「プライマリフィードのオーバーライド元…」という表示がでますので、先ほど指定したURLが記載されていれば作業完了です。 武田正樹


[Memo]Web Platform Installer 3.0 (Web PI) で フィードファイルを追加する方法

(1) Web PI を起動し、画面下の「オプション(赤枠で囲まれたところ)」をクリックします。 (2) 赤枠で囲まれたところに、フィードファイルの絶対パス もしくは URL を入力し、「フィードの追加」をクリックします。 * フィードファイルの作成方法は、今回は割愛します。 (3) 赤枠で囲まれたところに先程入力した絶対パス もしくは URL が追加されている事を確認して「OK」ボタンをクリックします。 (4) フィードファイルの内容が正しく読み込めた場合は、画面上部に新しいタブが生成されています(ひじょうにわかりにくいです)。 そのタブ(赤枠で囲まれたところ)をクリックしてください。 (5) 赤枠で囲まれたところにある「追加」ボタンをクリックしてから、「インストール」ボタンをクリックしてください。 (6) インストールされるアプリケーションの一覧が表示されます。内容を確認のうえ、「同意する」をクリックしてください。 アプリケーションのダウンロードとインストールが行われます。   武田正樹


[MEMO] WebMatrix から Drupal 日本語版 をインストールする方法

■WebMatrix でのインストール編 (1) WebMatrix を起動し、「Web ギャラリーからサイトを作成する」(赤枠で囲まれた箇所)をクリックします。 (2) Drupal 日本語版パッケージ を選択してください。 なお、画面下にあるサイト名は半角英数字にする事をお勧めします(今回は 「Drupal」とします)。 サイト名を変更した後に、[次へ] ボタンをクリックしてください。 (3) MySQL がインストールされていない場合は、使用するデータベースの確認画面が表示されます。 MySQL を自分のコンピューターにインストールする場合はこのまま [次へ] をクリックしてください。 (4) MySQL を自分のコンピューターにインストールする場合は、管理者パスワードの設定画面が表示されます。 パスワードを入力して、[次へ] をクリックしてください。 (5) 今回インストールされるソフトウェアの一覧が表示されます。ライセンス条項をご確認のうえ、[同意する] をクリックしてください。 インストール先のコンピューターに下記コンポーネントがない場合、Drupal と一緒にインストールされます(2011/6/24 現在)。 PHP 5.2.17 For WebMatrix MySQL Community Server 5.1.57 MySQL Connector/NET 6.2.3 (6) (5) で表示されたソフトウェアがダウンロードおよびインストールされます。この時点では Drupal のインストールは行われません。 (7) Drupal 以外のソフトウェアのダウンロードとインストールが完了するとDrupal のインストールが始まります。Drupal で使用するデータベースのパスワードの設定と、(4) で設定した管理者のパスワードを入力して、[次へ] をクリックしてください。…

1

Web Platform Installer を利用した Concrete5 のインストール方法が窓の杜で紹介されました

昨日、窓の杜で Concrete5 の記事が掲載されていまして、ローカル PC でのお試方法として Web Platform Installer が紹介されていましたので、忘備録としてブログに書き留めておきます。 http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20110613_452846.html 窓の杜さん、本当にありがとうございました! 武田正樹

1

[MEMO] WebMatrix から Concrete5 日本語版 をインストールする方法

(1) WebMatrix を起動し、「Web ギャラリーからサイトを作成する」(赤枠で囲まれた箇所)をクリックします。 (2) Concrete5 を選択し、[次へ] をクリックしてください。 (3) MySQL がインストールされていない場合は、使用するデータベースの確認画面が表示されます。MySQL を自分のコンピューターにインストールする場合はこのまま [次へ] をクリックしてください。 (4) MySQL を自分のコンピューターにインストールする場合は、管理者パスワードの設定画面が表示されます。パスワードを入力して、[次へ] をクリックしてください。 (5) 今回インストールされるソフトウェアの一覧が表示されます。ライセンス条項をご確認のうえ、[同意する] をクリックしてください。 インストール先のコンピューターに下記コンポーネントがない場合、Concrete5 日本語版 と一緒にインストールされます(2011/5/25 現在)。 PHP 5.2.17 For WebMatrix MySQL Community Server 5.1.57 MySQL Connector/NET 6.2.3 (6) (5) で表示されたソフトウェアがダウンロードおよびインストールされます。この時点では Concrete5 日本語版 のインストールは行われません。 (7) Concrete5 日本語版以外のソフトウェアのダウンロードとインストールが完了するとConcrete5 日本語版のインストールが始まります。 Concrete5 日本語版で使用するデータベースのパスワードの設定と管理者のパスワードを入力して、[次へ] をクリックしてください。 管理者用の入力項目もあります。 (8) Concrete5 日本語版のインストールが実行され実行結果が表示されますので、内容をご確認のうえ [OK] をクリックしてください。…


Concrete5 日本語版が Web Platform Installer 対応しました

今朝、Concrete5 日本語版が Web Application Gallery に登録されました。 これで、Web Platform Installer や WebMatrix から Concrete5 日本語版をインストールする事ができますので、ぜひお試しいただけると幸いです。 ■Web Application Gellry 上の Concrete5 日本語版のサイト http://www.microsoft.com/web/gallery/concrete5ja.aspx 武田正樹


Web Platform Installer 経由での EC-CUBE のダウンロードが好調です!

Web Platform Installer 経由での EC-CUBE のダウンロード数が好調です。ブログ執筆時点で、EC-CUBE の累計ダウンロード数は 4949 (2010 年 9 月 ~ 2011年5月16日)ですが、このうち約半分の数値が今年の 4 月以降にダウンロードされています(この数値は Web Platfrom Installer で確認できます)。 主な要因としては、3 月23日にリリースの EC-CUBE 2.11 の Web Platform Installer 対応版を同月内にリリースいただいた事が挙げられます。お忙しいなか早期にご対応いただきました EC-CUBE 開発コミュニティの皆様には改めて御礼申し上げます。 EC-CUBE 2.11 のサンプル画面も秀逸です。 ぜひ Web Platform Installer 経由でのEC-CUBEのインストールをお試しください。 武田正樹


[MEMO] Web Platform Installer / WebMatrix でインストールできる OSS Web アプリケーション を調べる方法

  Web Platform Installer や webMatrix でインストールできる OSS Web アプリケーションは下記URL の Web Application Gallery で調べることができます。 http://www.microsoft.com/web/gallery/categories.aspx 主な機能を下記にて紹介します。 キーワードを入力して該当のアプリケーションがあるかを、検索することができます。 アプリケーション言語の切り替えを行います。日本語を選択した場合は、日本語版のみ表示されます。 Install ボタンを押すと、Web Platform Installer が起動して、該当アプリケーションをインストールします。 執筆時点(2011年4月28日時点)では、英語版(多言語版含む)と日本語版合わせて 55 あります。 Web Platform Installer や WebMatrix をまだインストールしていない場合はこちらで調べるのが早いです。 武田正樹


[MEMO] IIS 環境に PHP をインストールする

* IIS Express (WebMatrix) 環境へのインストールは「 IIS 環境へのインストール」の後に記載しています。 ■IIS 環境へのインストール (1) Web Platform Installer を起動し、画面下の[オプション] をクリックしてください。 (2) 「どの Web サーバーを利用しますか?」下の [IIS] のラジオボタンをクリックして、[OK] ボタンをクリックしてください。 (3) 下記画面の①~④の箇所を順番にクリックして、PHP を選択します(今回は PHP 5.2 を選択しています)。 (4) 今回インストールされるコンポーネントが表示されます。ライセンス条項などをご確認のうえ、[同意する] をクリックしてください。 (5) インストールが成功すると下記の画面が表示されます。 以上で、IIS 環境へのインストールは終了です。通常、C:\Program Files\PHPv5.2 にインストールされています。 ■IIS Express (WebMatrix) 環境にインストール (1) Web Platform Installer を起動し、画面下の[オプション] をクリックしてください。 (2) 「どの Web サーバーを利用しますか?」下の [IIS Express] のラジオボタンをクリックして、[OK] ボタンをクリックしてください。…


[MEMO] OSS アプリを Web Application Gallery に登録する (2-2) パッケージのテスト

前回は OSS アプリのパッケージング方法についてご紹介しました。今回は Web Application Gallery への登録手順 3つのうち、2番目の「パッケージのテスト」方法を WordPress 3.1 英語版のパッケージを例にご紹介申し上げます。 ■ テストに必要なもの パッケージのテストには Web Platform Installer のシステム要件を満たす PC が必要です。 また、下記のソフトウェアを予めインストールしてください。 Web Platform Installer:インストール方法はこちらに記載しています。 Microsoft File Checksum Integrity Verifier (SHA-1 ハッシュ 生成 プログラム): こちらからインストールしてください。 ■ テスト手順 テストの手順については、下記のように実施してください。 Web Platform Installer 用カスタムフィードの作成 カスタムフィードを Web Platform Installer に組み込む Web Platform Installer で IIS 環境にインストール Web Platform Installer…