[MEMO] WebMatrix で WordPress を Linux のレンタルサーバーに発行する方法

WebMatrix で WordPress を Linux のレンタルサーバーに発行する場合は FTPでの発行となりますが、事前にMySQL データベースの引っ越しと WordPress の設定ファイル(wp-config.php)の変更が必要です。以下にその方法をご紹介します。 ■MySQL データベースの引っ越し 通常は、ローカル環境で phpMyAdmin のエクスポートしたデータをレンタルサーバーの phpMyAdmin でインポートするのですが、WebMatrix では、データベースのエクスポートをコマンドライン上で実行する必要があります。 (1) Windows の画面左下の [スタートメニュー] –[すべてのプログラム] – [アクセサリ] – [コマンド プロンプト] を選択した状態で右クリックし、[管理者として実行]をクリックしてください(Windows 7 の場合です)。 (2) ユーザーアクセス制御のポップアップが表示されますので、[はい]をクリックすると、コマンドプロンプトの画面が表示されますので、 mysqldump.exe を実行してデータベースをエクスポートします。 まず、下記のコマンドを実行して mysqldump.exe のある場所に移動します。 cd c:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.1\bin 続いて、下記のように入力して mysqldump.exe を実行します。WebMatrix でインストールした時に設定したデータベース名を入力ください。 mysqldump.exe –u root –password データベース名 > wp.sql root…

2

WebMatrix で正規化されたテーブルを作ってみよう

2011年8月16日の『WebMatrix夏休み特番&勉強会』のネタを考えていた時にふと思いついたので、忘備録としてブログに書きたいと思います。 WebMatrix の特長の一つに「Excel 感覚でデータベースを編集できる」事があります。データベースの基礎を学ぶ際にこの機能を活用する事で、効率よく学習いただけるのではないかと思います。今回は WebMatrix のデータベース編集機能を活用して、正規化されたデータベースを作成したいと思います 。 本ブログ記事の構成は下記のようになっています。WebMatrix をインストール済みの方は、2. 以降をご覧ください。 WebMatrix のインストール テーブルを作成する 第3正規形のテーブルを作成する なお、今回は WebMatrix と一緒にインストールされている SQL Server Compact を使用します。 WebMatrix では下記のデータベースソフトウェアが対応していますので、他のデータベースソフトウェアを使っていただく事も可能です。 <WebMatrix に対応しているデータベースソフトウェア> SQL Server Compact Edition SQL Server 2005 / 2008 (Express Edition にも対応) MySQL 5.x / 6.x 1. WebMatrix のインストール WebMatrix のインストールには Web Platform Installer 経由でのインストールをお勧めしています(お勧めの理由はこちらをご覧ください)。 本ブログでも Web Platform Installer 経由での…

0

[MEMO] Web Platform Installer と WebMatrix の関係

Web Platform Installer はインストーラーで WebMatrix は開発ツールです。しかし、WebMatrix はいろいろなコンポーネントの上で動いていて、Web Platform Installer の機能も使っているため、例えばCMS をインストールするという観点ではどちらも同じ事ができてしまいます。 そこで、今回は Web Platform Installer と WebMatrix を少し掘り下げて紹介する事で両者の特長と関係を明確にしたいと思います。 ■Web Platfrom Installer http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx Web Platform Installer はマイクロソフトプラットフォームで Web 開発・運用を行うのに必要な環境を”かんたん”に構築する事ができるインストーラーです。 最大の特長は、ソフトウェアのインストール時にそのソフトウェアの依存関係のある他のソフトウェアを先にインストールしてくれるので、インストールする手間が大幅に削減することができます。例えば Web Platform Installer から WordPress インストールする時には、Web サーバー、PHP や MySQL などを先にインストールしてから WordPress のインストールを行います。 Web Platform Installer からインストールできるソフトウェアは下記のように 2 つの種類に分けられています。 プロダクト: WebMatrix や IIS などのソフトウェアをインストールすることができます。リストは XML ファイル形式になっていて Web…

0

[MEMO] XAMPP for Windows インストール済みの環境に WebMatrix を共存させる時の注意事項

XAMPP for Windows (以下、XAMPP) がインストール済みの Windows PC に WebMatrix をインストールして利用する場合、留意点がいくつかありますのでご紹介します。 ■WebMatrix をインストールすると、XAMPP の Apache が起動しなくなる WebMatrix のインストールの際にインストールされる Web 配置ツールのサービスとして自動起動する「Web Deployment Agent Service」がポート 80 を Listen しているためです。 (解決方法 その1) XAMPPの Apache のポートを変更します。”XAMPP\Apache\conf” フォルダーの http.conf を編集し、”Listen 80“ の 数字の箇所を変更します。 (解決方法 その2) 「Web Deployment Agent Service」のサービスを停止します。停止方法はこちらのブログをご参照ください。 ■WebMatrix で利用する MySQL のインストールに失敗する  XAMPPが起動している状態でMySQL のインストールを実行した場合、MySQL をインストールできなかった旨のメッセージが表示されます。実際には、MySQL のインストール自体は成功しているのですが、MySQL のサービス開始時に XAMPP の MySQL…

0

[MEMO] OSS アプリを Web Application Gallery に登録する (2-2) パッケージのテスト

前回は OSS アプリのパッケージング方法についてご紹介しました。今回は Web Application Gallery への登録手順 3つのうち、2番目の「パッケージのテスト」方法を WordPress 3.1 英語版のパッケージを例にご紹介申し上げます。 ■ テストに必要なもの パッケージのテストには Web Platform Installer のシステム要件を満たす PC が必要です。 また、下記のソフトウェアを予めインストールしてください。 Web Platform Installer:インストール方法はこちらに記載しています。 Microsoft File Checksum Integrity Verifier (SHA-1 ハッシュ 生成 プログラム): こちらからインストールしてください。 ■ テスト手順 テストの手順については、下記のように実施してください。 Web Platform Installer 用カスタムフィードの作成 カスタムフィードを Web Platform Installer に組み込む Web Platform Installer で IIS 環境にインストール Web Platform Installer…

0

[MEMO] OSS アプリを Web Application Gallery に登録する (2-1) OSS アプリのパッケージング

  前回は Web Application Gallery の概要についてご紹介しました。今回は Web Application Gallery への登録手順 3つのうち、最初の「OSS アプリのパッケージング」方法を WordPress 3.1 英語版のパッケージを例にご紹介申し上げます。 なお、パッケージングについての詳しい解説は下記URL に記載しています。 <Package an Application for the Windows Web Application Gallery: 英語> http://learn.iis.net/page.aspx/578/package-an-application-for-the-windows-web-application-gallery/ ■ パッケージング概要 パッケージは zip ファイル形式で、その中に下記のものが含まれます。 アプリケーション フォルダー:OSS アプリケーションのフォルダー manifest.xml: インストールの指示内容を記載 parameters.xml: インストール時にユーザーに入力させるパラメーターを記載 install.sql : データベースユーザーのアクセス権設定に関するSQL のスクリプト。定型 WordPress 3.1 英語版のパッケージの場合 wordpress-3.1-IIS.zip がパッケージで、その中は下記のようになっています。 これから、zip ファイルに含まれる各項目について紹介してまいります。 ■ アプリケーション フォルダー の構成…

0

[MEMO] OSS アプリを Web Application Gallery に登録する (1) 概要

OSS アプリを Web Application Gallery に登録すると、Web Platform Installer (Web PI) でインストールできるようになり、OSS アプリのインストールが飛躍的に簡単になります。今回は、Web Application Gallery の登録概要についてご紹介申し上げます。 ■ Web Platform Installer による Web Application Gallery 登録アプリのインストール範囲 下記はIISに OSS アプリをインストールする手順と Web PI が実施してくれる範囲を示したものです。通常、IIS に OSS アプリ をインストールする場合、環境構築や設定を行うのですがこれが大きな手間になります。しかし、 Web PI を使用する事でその手間を省く事ができます。もちろん、アプリのインストール部分も Web PI に実行させることも可能ですが、その場合は アプリをかなりカスタマイズする必要があるので現実的ではありません。すなわち、Web PI は OSS アプリのインストーラーを起動する前までの作業を行ってくれるツールという位置づけになります。 ■ Web Application Gallery の正体 Web Application Gallery に登録された OSS…

0

[MEMO] IIS に PHP アプリ の動作環境を構築する方法

詳細は「PHP on Windows ガイドライン」に記載されています。 (1) Web Platform Installer をインストールします。インストール方法はこちらをご覧ください。 (2) Web Platform Installer を起動し、画面下の [オプション] をクリックします。 (3) オプションの「どの Web サーバーを使用しますか?」の「IIS」のラジオボタンをクリックして [OK] ボタンをクリックしてください。 (4) 画面に表示されている 任意のPHP アプリケーション(OpenPNE, Geeklog, EC-CUBE, WordPress のいずれか)の [追加]ボタンをクリックしてから、[インストール]ボタンをクリックします。 (5) MySQL がインストールされていない場合は、使用するデータベースの確認画面が表示されます。MySQL を自分のコンピューターにインストールする場合はこのまま [続行] をクリックしてください。 (6) 今回インストールされるソフトウェアの一覧が表示されます。下記のコンポーネントがリストに含まれていることを確認してください。 No. IIS 7 / IIS 7.5 IIS 6.0 1 IIS: 静的コンテンツ IIS 6.0 2 IIS: 既定のドキュメント…

0

[MEMO] Web Platform Installer 3.0 で IIS 環境に OpenPNE をインストールする方法

■Web Platform Installer (Web PI) 3.0 のインストール編 下記 URL の記事をご覧ください。 http://blogs.msdn.com/b/web_/archive/2011/01/26/10120276.aspx ■Web PI でのインストール 編 (1) Web PI を起動し、画面上部の「アプリケーション」(赤枠で囲まれた箇所)をクリックします。 (2) OpenPNEを選択し、[追加] をクリックしてください。 (3) MySQL がインストールされていない場合は、使用するデータベースの確認画面が表示されます。MySQL を自分のコンピューターにインストールする場合はこのまま [続行] をクリックしてください。 (4) 今回インストールされるソフトウェアの一覧が表示されます。ライセンス条項をご確認のうえ、[同意する] をクリックしてください。 インストール先のコンピューターに下記のコンポーネントがない場合、OpenPNE と一緒にインストールされます(2011/2/8 現在) ■Windows 7 へのインストール時に一緒にインストールされるコンポーネント インストール順 コンポーネント名 1 IIS: 静的コンテンツ 2 IIS: 既定のドキュメント 3 IIS: ディレクトリの参照 4 IIS: HTTP エラー 5 IIS: HTTP…

0

[MEMO] Web Platform Installer (Web PI) 2.0 ユーザーが Web PI 3.0 を利用する場合の注意事項

PHP + MySQL Web アプリケーションを Web PI 経由でインストールする場合、Web アプリと一緒にインストールされる関連ソフトウェアが Web PI 2.0 と 3.0 では異なります(2010年11月26日時点)。 関連ソフトウェア 名称 Web PI 2.0で インストールされる バージョン Web PI 3.0で インストールされる バージョン 共存可能 PHP 5.2.14(*1) 5.2.14 / 5.3.3(*2) ○ MySQL Sever 5.1.49 community 5.1.49 community 同一バージョン MySQL Connector NET 5.2.1 6.2.3 × Web 配置ツール 1.1 2.0 ○ (*1) Web PI…

0