[MEMO] IIS 環境に PHP をインストールする

* IIS Express (WebMatrix) 環境へのインストールは「 IIS 環境へのインストール」の後に記載しています。 ■IIS 環境へのインストール (1) Web Platform Installer を起動し、画面下の[オプション] をクリックしてください。 (2) 「どの Web サーバーを利用しますか?」下の [IIS] のラジオボタンをクリックして、[OK] ボタンをクリックしてください。 (3) 下記画面の①~④の箇所を順番にクリックして、PHP を選択します(今回は PHP 5.2 を選択しています)。 (4) 今回インストールされるコンポーネントが表示されます。ライセンス条項などをご確認のうえ、[同意する] をクリックしてください。 (5) インストールが成功すると下記の画面が表示されます。 以上で、IIS 環境へのインストールは終了です。通常、C:\Program Files\PHPv5.2 にインストールされています。 ■IIS Express (WebMatrix) 環境にインストール (1) Web Platform Installer を起動し、画面下の[オプション] をクリックしてください。 (2) 「どの Web サーバーを利用しますか?」下の [IIS Express] のラジオボタンをクリックして、[OK] ボタンをクリックしてください。…

0

[MEMO] OSS アプリを Web Application Gallery に登録する (2-2) パッケージのテスト

前回は OSS アプリのパッケージング方法についてご紹介しました。今回は Web Application Gallery への登録手順 3つのうち、2番目の「パッケージのテスト」方法を WordPress 3.1 英語版のパッケージを例にご紹介申し上げます。 ■ テストに必要なもの パッケージのテストには Web Platform Installer のシステム要件を満たす PC が必要です。 また、下記のソフトウェアを予めインストールしてください。 Web Platform Installer:インストール方法はこちらに記載しています。 Microsoft File Checksum Integrity Verifier (SHA-1 ハッシュ 生成 プログラム): こちらからインストールしてください。 ■ テスト手順 テストの手順については、下記のように実施してください。 Web Platform Installer 用カスタムフィードの作成 カスタムフィードを Web Platform Installer に組み込む Web Platform Installer で IIS 環境にインストール Web Platform Installer…

0

[MEMO] OSS アプリを Web Application Gallery に登録する (2-1) OSS アプリのパッケージング

  前回は Web Application Gallery の概要についてご紹介しました。今回は Web Application Gallery への登録手順 3つのうち、最初の「OSS アプリのパッケージング」方法を WordPress 3.1 英語版のパッケージを例にご紹介申し上げます。 なお、パッケージングについての詳しい解説は下記URL に記載しています。 <Package an Application for the Windows Web Application Gallery: 英語> http://learn.iis.net/page.aspx/578/package-an-application-for-the-windows-web-application-gallery/ ■ パッケージング概要 パッケージは zip ファイル形式で、その中に下記のものが含まれます。 アプリケーション フォルダー:OSS アプリケーションのフォルダー manifest.xml: インストールの指示内容を記載 parameters.xml: インストール時にユーザーに入力させるパラメーターを記載 install.sql : データベースユーザーのアクセス権設定に関するSQL のスクリプト。定型 WordPress 3.1 英語版のパッケージの場合 wordpress-3.1-IIS.zip がパッケージで、その中は下記のようになっています。 これから、zip ファイルに含まれる各項目について紹介してまいります。 ■ アプリケーション フォルダー の構成…

0

[MEMO] OSS アプリを Web Application Gallery に登録する (1) 概要

OSS アプリを Web Application Gallery に登録すると、Web Platform Installer (Web PI) でインストールできるようになり、OSS アプリのインストールが飛躍的に簡単になります。今回は、Web Application Gallery の登録概要についてご紹介申し上げます。 ■ Web Platform Installer による Web Application Gallery 登録アプリのインストール範囲 下記はIISに OSS アプリをインストールする手順と Web PI が実施してくれる範囲を示したものです。通常、IIS に OSS アプリ をインストールする場合、環境構築や設定を行うのですがこれが大きな手間になります。しかし、 Web PI を使用する事でその手間を省く事ができます。もちろん、アプリのインストール部分も Web PI に実行させることも可能ですが、その場合は アプリをかなりカスタマイズする必要があるので現実的ではありません。すなわち、Web PI は OSS アプリのインストーラーを起動する前までの作業を行ってくれるツールという位置づけになります。 ■ Web Application Gallery の正体 Web Application Gallery に登録された OSS…

0

IIS 7.5 環境で WordPress のパーマリンクに日本語が含まれると 404 エラーが発生る場合の回避方法

回避方法はこのサポートオンラインに掲載されています。しかし機械翻訳となっておりますので、記載内容の補足として回避方法をご紹介します 。 (1) http://support.microsoft.com/kb/2277918/ja にアクセスし、[この技術情報に対応する修正プログラムのダウンロードのリスト] をクリックしてください。 (2) 「修正プログラムのダウンロード」ページが開きますので、必要事項を入力のうえ、[リクエストを送信する] ボタンをクリックしてください。 (3) (2) で入力したメールアドレス宛に、「ご依頼の修正プログラムのダウンロード リンク」というタイトルのメールが届きます。本文下の方にダウンロードURLが記載されていますので、このリンクをクリックして修正プログラムをダウンロードしてください。 (4) ダウンロード先のフォルダーには下記のアイコンがあります。ダブルクリックしてZIP ファイルの解凍を行ってください。最初のダイアログで展開先の指定を行い、次のダイアログで (3) のメールに記載されていたパスワードを入力してください。 (5) ZIP ファイルの解凍が完了すると、解凍先に下記のファイルがありますので、ダブルクリックして修正プログラムのインストールを行ってください。 (6) [スタートメニュー] –> [ファイル名を指定して実行…] をクリックして、下記のコマンド(32bit版の場合)を実行してください。レジストリに FastCGIUtf8ServerVariables が登録されます。 reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\w3svc\Parameters /v FastCGIUtf8ServerVariables /t REG_MULTI_SZ /d REQUEST_URI\0PATH_INFO 以上で作業は完了です。これでパーマリンクに日本語が含まれていても 404 エラーがでることはありません。 武田正樹

0

[MEMO] Web Platform Installer 3.0 で IIS 環境に OpenPNE をインストールする方法

■Web Platform Installer (Web PI) 3.0 のインストール編 下記 URL の記事をご覧ください。 http://blogs.msdn.com/b/web_/archive/2011/01/26/10120276.aspx ■Web PI でのインストール 編 (1) Web PI を起動し、画面上部の「アプリケーション」(赤枠で囲まれた箇所)をクリックします。 (2) OpenPNEを選択し、[追加] をクリックしてください。 (3) MySQL がインストールされていない場合は、使用するデータベースの確認画面が表示されます。MySQL を自分のコンピューターにインストールする場合はこのまま [続行] をクリックしてください。 (4) 今回インストールされるソフトウェアの一覧が表示されます。ライセンス条項をご確認のうえ、[同意する] をクリックしてください。 インストール先のコンピューターに下記のコンポーネントがない場合、OpenPNE と一緒にインストールされます(2011/2/8 現在) ■Windows 7 へのインストール時に一緒にインストールされるコンポーネント インストール順 コンポーネント名 1 IIS: 静的コンテンツ 2 IIS: 既定のドキュメント 3 IIS: ディレクトリの参照 4 IIS: HTTP エラー 5 IIS: HTTP…

0

[MEMO] Web Platform Installer (Web PI) 経由で IIS 7.0 / IIS 7.5 がインストールできない場合の確認事項

Web PI 経由で IIS (Internet Information Services : Apache のような Web サーバー) がインストールできない場合、手動でのインストールをお試しください。手動でのインストールが成功しない場合、まずはログインしているアカウントに管理者権限が付与されているかをご確認ください。 (1) [スタート メニュー] から [コントロール パネル] をクリックしてください。 (2) コントロールパネルが開きますので、[プログラム]をクリックしてください。 (3) [Windows の機能の有効化または無効化] をクリックしてください。 (4) [インターネット インフォメーション サービス] のチェックボックスにチェックを入れ(チェックではなくチェックボックスが塗りつぶされます)、[OK] ボタンをクリックしてください。 (5) IIS のインストールが開始されますのでしばらくお待ちください。インストールが完了すると自動的にウインドウが閉じます。 (6) ブラウザを起動し、[http://localhost] と入力してください。下記の画面が表示されれば、IIS のインストールは完了です。 武田正樹  

0

[MEMO] Web Platform Installer (Web PI) 経由で IIS 7.0 / IIS 7.5 がインストールできない場合の確認事項

Web PI 経由で IIS (Internet Information Services : Apache のような Web サーバー) がインストールできない場合、手動でのインストールをお試しください。手動でのインストールが成功しない場合、まずはログインしているアカウントに管理者権限が付与されているかをご確認ください。 (1) [スタート メニュー] から [コントロール パネル] をクリックしてください。 (2) コントロールパネルが開きますので、[プログラム]をクリックしてください。 (3) [Windows の機能の有効化または無効化] をクリックしてください。 (4) [インターネット インフォメーション サービス] のチェックボックスにチェックを入れ(チェックではなくチェックボックスが塗りつぶされます)、[OK] ボタンをクリックしてください。 (5) IIS のインストールが開始されますのでしばらくお待ちください。インストールが完了すると自動的にウインドウが閉じます。 (6) ブラウザを起動し、[http://localhost] と入力してください。下記の画面が表示されれば、IIS のインストールは完了です。 武田正樹  

0