[MEMO]VMDepot にイメージを登録する。(暫定版)

まずは、VMDepotに登録するためのイメージを作成します。Windows Azure Linux Agent が必要なので、Windows Azure 仮想マシンのギャラリーからイメージを作成することをお勧めします。 キャプチャする前に、2つ作業をします。 (1) VHDディスクデータが格納されているストレージコンテナー(通常は vhds)のメタデータを編集して、アクセスを [パブリックコンテナー]に変更します。 (2) Linux 上で以下のコマンドを実行します。 詳しくはコチラ。 sudo waagent –deprovision   その後で仮想マシンを停止してキャプチャします。チェックボックスには必ずチェックを入れてください。 キャプチャをしたら、イメージファイルの URL をコピーします。   続いて、VMDepot にアカウントを登録して、VMDepotにファイルをアップロードします。 http://vmdepot.msopentech.com/List/Index にアクセスして、[Publish] ボタンをクリックします。 下記いずかのアカウントを利用してログインします。 プロファイル情報を入力します。 アップロードするイメージ情報を入力して [Publish] ボタンをクリックします。[URL of the VHD file to publish*] には、先ほどコピーしたイメージファイルのURLを貼り付けします。 イメージファイルが指定したデータセンターにコピーされます。コピーが終了すれば登録は完了です。 VMDepotのカタログに表示されるようになります。 武田正樹