[MEMO] WebMatrix は PHP on Windows Azure の開発環境としてもアリ


PHP on Windows Azure の開発環境を構築する場合、(1) Web サーバー(IIS)、(2) PHP ランタイム (3) SQL Server (4) ツール がローカルに必要ですが、PHP on Windows Azure  の第一歩というであれば WebMatrix(IIS Express + PHP + ツール) + SQL Azure の構成で十分です。以下、個人的な感想です。

  • 環境構築がとても簡単でした。
  • 入力支援機能はない(次期バージョンでは搭載)が、コードが色分けされていてみやすいです。
    image
  • SQL Azure のデータベースも WebMatrix から Excel 感覚で操作可能です。
    image
  • SQL Azure 側で PHP 用のデータベース接続文字列が提供されています(pwd の値は要変更)。
    image
  • PHP デバッガーが搭載されているともっと使いやすいと思われます。
  • SQL Azure の利用料金を意識しておく必要あります。 

なお、今回の環境構築に必要な作業は以下の 3 ステップです。



また、Windows Azure へのデプロイには、Windows Azure SDK for PHP を利用します。デプロイの手順は以下の通りです。

  1. http://phpazure.codeplex.com/ から Windows Azure SDK for PHP をダウンロードし、zip ファイルを展開し適切な場所に移動します。
    (私は、C:\Program Files\Windows Azure SDK for PHP に置きました)
  2. Windows Azure SDK for PHP フォルダー下にある bin フォルダーにあるファイルを実行しやすくするため Path を通します。
    image
  3. コマンドプロンプトから下記コマンドを実行し、Windows Azure 用のプロジェクトのひな型を作ります。

    scaffolder run -out="C:\temp\WindowsAzurePHPApp"

  4. WebMatrix でコーディングした PHP ファイルを PhpOnAzure.Web フォルダーにコピーします。
    そして、下記コマンドを実行し、Windows Azure にデプロイするパッケージと構成ファイルを生成します。


    package create-in="C:\temp\WindowsAzurePHPApp"-out="C:\temp\WindowsAzurePHPApp\build" -dev=false'

  5. Windows Azure 管理ポータルから パッケージと構成ファイルを選択してデプロイします。


武田正樹

 

Comments (0)

Skip to main content