[MEMO]WebMatrix のインストール手順


WebMatrix のインストールには Web Platform Installer 経由でのインストールをお勧めしています(お勧めの理由はこちらをご覧ください)。
本ブログでも Web Platform Installer 経由での WebMatrix インストール方法をご紹介します。

注意: Windows Update の自動更新は “OFF” にしてください。インストールが途中で止まる可能性があります。

まず Web Platform Installer をインストールします。

(1) http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx にアクセスすると下記の画面が表示されますので、「今すぐダウンロード(赤枠で囲まれたところ)」をクリックします。

image_thumb

(2) Windows XP 以外 の OS をお使いの場合は、(4)まで進んでください。

お手元の PC の OS が Windows XP の場合、まず Web PI に必要な .NET Framework 2.0 のインストーラーがダウンロードされます。

alt

(3) インストーラーのダウンロードが完了すると、.NET Framwork 2.0 のインストーラーが起動しますので、インストールを完了させてください。

alt alt

(4) Web PI 3.0 のインストールが自動的に始まります。インストール終了後、自動的に Web PI が起動します。

image_thumb1

(5) 下記の画面が表示されましたら Web PI 3.0 のインストールは完了です 。続いて WebMatrix のインストールを行います。

image_thumb2

(6) 画面上部の[プロダクト]をクリックすると、リストの中に「WebMatrix」があります。
WebMatrix の「追加」ボタンをクリックしてから[インストール] ボタンをクリックしてください。

image_thumb1[1]

(7) インストールされるソフトウェアの一覧が表示されます。ライセンス条項をご確認のうえ、[同意する] ボタンをクリックしてください。

image_thumb2

WebMatrix と一緒にインストールされるソフトウェアは下記になります。
これらのソフトウェアは WebMatrix を動作させるためのテスト開発環境構築に必要なコンポーネントになります。

<WebMatrix と一緒にインストールされるソフトウェア> * は Windows XP 環境でのみインストールされます

WebMatrix
IIS Express 7.5

ASP.NET Web Pages

ASP.NET Web Pages 言語パック
.NET Framework 4
Windows インストーラー (*)
.NET Framework 2.0 SP2 (*)
SQL Server System CLR 型
SQL Server Native Client
SQL Server Compact 4.0
SQL Server Compact 4.0 Tools
SQL Server 2008 R2 管理オブジェクト
Web 配置ツール

(8) (7) で表示されたソフトウェアがダウンロードおよびインストールされます。
途中、.NET Framework とWindows インストーラーのインストールが完了すると再起動を要求されますので、再起動してください。

image_thumb

(9) 全てのソフトウェアのインストールが完了すると下記のような画面が表示されます。

image_thumb1

(10) WebMatirx で PHP ファイルを編集する場合、デフォルトの文字コードを UTF-8 に設定する必要があります。
設定方法はこちらをご覧ください。

以上で、WebMatrix のインストールは完了です。
Windows Update の自動更新は “OFF” にした場合は、”ON”に戻すのをお忘れなく。

武田正樹

Comments (1)

  1. Anonymous says:

    注意事項まで細かく書いてくださっているので(しかも色を変える等してわかりやすく)、とてもよく分かりました。

Skip to main content