IntelliTest for .NET – 手間をかけずにカバレッジの高いテストを実施するには

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 IntelliTest for .NET – Test More with Less (effort)  2015/09/30 6:00 PM   単体テストにおいて、対象コードのロジックを網羅的に検証できるテスト スイートを作成するのは非常に手間がかかります。また、すべてを検証するとなるとコストが足りなくなる場合もあります。Visual Studio 2015 Enterprise Edition で提供される IntelliTest 機能 (英語) はこの両方の課題に対処し、わずかなコストで高いコードカバレッジ (網羅率) を達成します。 .NET コードで IntelliTest を実行すると、CLR でテスト対象のコードが動的に分析され、テスト ケースが生成されます。ホワイト ボックステストのように、コード内の各ステートメントに対して、そこに到達する入力値が生成され、各条件分岐 (if ステートメント、アサート ステートメント、例外をスローする可能性のあるすべての処理) に対するケース分析が実行されます。IntelliTest の目的は、コードのすべての分岐を網羅するテスト スイートを生成することです。そのため、カバレッジを高める入力値を生成するたびに、C# と MSTest、xUnit.net、NUnit のいずれかをテスト フレームワークとして使用して、その具体的な値をテスト ケースとして出力します。その結果、開発者がゼロからテストを作成しなくても、カバレッジの高いコンパクトなテストスイートが生成されます。 メモ: IntelliTest は Pex…


Visual Studio 2015 で Windows 10 向けアプリを開発

  本記事は、マイクロソフト本社の Somasegar’s blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Building Apps for Windows 10 with Visual Studio 2015 2015/07/29 6:30 PM   Windows ユーザーと Windows 開発者の皆様が心待ちにしていた Windows 10 がついにリリースされました。開発者の皆様にとって Windows 10 は、1 つの統合 Windows コアによる Windows 実行というプラットフォーム統合のこれまでの取り組みの集大成となるものです。この統合が実現したことで、ユニバーサル Windows プラットフォームをターゲットとした 1 つのアプリを、ポケット サイズのスマートフォンから、バッグに収まるタブレットやノート PC、デスク上の PC、リビングの Xbox といったあらゆる Windows デバイスで実行できるようになりました。つまり、HoloLens (英語)、Surface Hub、IoT デバイス (Raspberry Pi 2 (英語) など) を含むあらゆる最新デバイスが Windows…


Visual Studio 2015 リリース記念パッケージ(イミテーション)を組み立てよう!

皆さま、こんにちは。 Visual Studio 製品マーケティングの相澤です。 いよいよ、今晩 Visual Studio のリリース記念のオンライン イベントが日本時間 7 月 21 日午前 0 時 30 分より行われます。既報の通り日本では、 7 月 20 日午後 11 時 45 分からのニコニコ生放送でのイベント生中継と 7 月 21 日午後 7 時 30 分からのマイクロソフト品川本社での Visual Studio 2015 リリース記念イベントが行われます。 こちらのイベントを皆さまと一緒にお祝いするためのイミテーションですが Visual Studio 2015 のパッケージ ボックスを作成しました。よろしければ、こちらの PDF ファイルをダウンロードいただきリリース記念パッケージを印刷・工作して作成していただけますと大変うれしいです!!しかもその箱の写真を撮っていただき #vsjp に Tweet いただけるととっても嬉しく思います! ダウンロード ファイル:https://chack411.blob.core.windows.net/documents/VS2015_Package_Box_imitation.pdf ツイッター ハッシュタグ: #vsjp 私が作成しましたボックスは下の写真になります。…


Tools for Apache Cordova で iOS 向けのアプリケーションを開発する

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Developing for iOS using the Tools for Apache Cordova  2015/06/05 12:51 PM   開発者の皆様の多くは、Xamarin や C++ を使って iOS 開発をした経験があるのではないでしょうか? 実は Visual Studio 2015 でも、JavaScript を使用して iOS、Android、Windows 向けのアプリをすばやく簡単に構築することができます。Tools for Apache Cordova (英語) は、短期間での市場投入、保守性、コードの再利用を重視するプロジェクトに最適なツールです。Apache Cordova (英語) の Web 標準に基づくアプローチと、柔軟性の高いプラグインモデルを活用することで、成長を続ける大規模なクライアント側の Web 開発に気軽に参加できるようになっています。オープン ソースのリソースはスタックのすべての階層で充実しています。Cordova のプラグインからネイティブ API にアクセスすることも、AngularJS (英語)、Ionic (英語)、Onsen UI (英語)…


BUILD 2015 最新情報: Visual Studio Code、Visual Studio 2015 RC、Team Foundation Server 2015 RC、Visual Studio 2013 Update 5

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 BUILD 2015 News: Visual Studio Code, Visual Studio 2015 RC, Team Foundation Server 2015 RC, Visual Studio 2013 Update 5  2015/04/29 10:10 PM   Microsoft BUILD カンファレンス (英語) の時期にはいつも多数の開発者ツールがリリースされますが、今年は特に多くなっています。ここでは本日リリースされた各製品について、概要を説明していきたいと思います。今回の発表については、このブログのほかにも、Scott Guthrie のブログ (英語)、Windows ブログの Terry Myerson の記事、Somasegar のブログ、Brian Harry のブログ (英語) で触れられています。また、読みもの以外にも、Channel 9 で動画 (英語) を公開していますのでそちらもご覧ください。 今回の発表内容を簡単にまとめると、マイクロソフトは Visual…


【VisualStudio チュートリアル】IDE 新機能

チュートリアルは、Visual Studio 2015 RC で作成されています。  本記事は、Visual Studio 2015の新しい機能の中からピックアップしてご紹介するチュートリアルです。 より使いやすい開発環境 プロジェクトの新規作成から [コンソールアプリケーション]を選択し 、Visual Studio 2015の右上にある「サインイン」をクリックしましょう。 Visual Studio 2015では、Microsoft Azure、開発者アカウントなどのサービスを使っていても、その都度アカウントをログインすることなく切り替えることが可能です。自分のアカウントの箇所をクリックすると、[アカウントの設定…] という項目がでてくるので、選択すると自分のアカウント情報が確認できます。 筆者の環境ではアカウントは一つですがアカウントが追加できるようになっています。 サインインすると、自分のVisual Studio 2015のウインドウレイアウトの設定を記憶させておくことができます。 そして、これは、同じアカウントを使っている他のマシンとも共有されます。 このウインドウレイアウトが気に入ったとします。下記のように [ウインドウ] – [ウインドウレイアウトの保存] を選択してください。 保存したいウインドウレイアウトの名前を記入しください。 試しに画面右側にあるソリューションエクスプローラー、チームエクスプローラーのウインドウを閉じてみます。 下記のように [ウインドウ] – [ウインドウレイアウト適用] – [コード作成用] を選択してください。 無事元のウィンドウレイアウトに戻りました。 Visual Studio 2015では、これの他にも、Surfaceなどで使えるタッチパネル対応なども実施されています。 詳しくはこの動画をご覧ください。 Visual Studio: An IDE For All Your Modern Devices & Services (英語)…


【VisualStudio チュートリアル】コードレンズ

チュートリアルは、Visual Studio 2015 RC で作成されています。  コードレンズは、Visual Studio 2013 から搭載された機能です。 開発者のみなさんが、自分の書いているコードに何が起こっているか?ということをVisual Studioお任せして、自分の仕事に集中するための機能です。このチュートリアルでは、Visual Studio 2015に新たに追加された機能についてご紹介していきたいと思います。   Visual Studio 2015 コードレンズの新機能 新しいVisual Studio 2015のコードレンズでは新たに次の機能がサポートされました。 Gitのサポート 最終更新日 チームアクティビティ 変更中の通知 C++, SQL もしくは JavaScriptのサポート(ただし、ファイルレベル) Visual Studio Onlineの Team Foundation Version Control (Coming soon) 今回のチュートリアルでは、Gitサポートの新機能中心にご案内したいと思います。   GitHubのリポジトリを選択する コードレンズは主に、チームの状況をVisual Studio 2015から簡単に見えるようにする機能なので、チームですでに作業しているリポジトリを使って、コードレンズの機能を確認してみましょう。 マイクロソフトの提供するフレームワークの一つEntity Frameworkは現在GitHubに公開されています。これを利用してみましょう。 GitHubのページにある、HTTPS clone URLという箇所から、リポジトリのURLを取得します。現在のリポジトリのアドレスは次の通りです。https://github.com/aspnet/EntityFramework.git   GitHubリポジトリのクローン Team Explorerを開いてコンセントのアイコンの [接続の管理] を選択します。…


【VisualStudio チュートリアル】負荷テスト

チュートリアルは、Visual Studio 2015 RC で作成されています。  この記事では、Visual Studio 2015 を使って負荷テストを簡単に実施するためのチュートリアルをご紹介いたします。 Visual Studio2015では、クラウドベースの負荷テストを簡単に実施することができます。 お手元のVisual Studio からテスト用のバーチャルマシンのインスタンスを複数起動して、 あなたのWebサイトに対して同時に負荷をかけることができます。 今回のチュートリアルでは、皆さんのサイトの代わりに、Bingに対して負荷をかけていきます。   負荷テストを作成する Visual Studioで、「Web パフォーマンスとロードテストのプロジェクト」を選択します。 プロジェクトの名前は何でも構いませんが、ここでは、説明のため「LoadTestForMyAPP」にしています。   パフォーマンステストを記録する 負荷テストを実施するまえに、パフォーマンステストを作成します。これは、負荷テストにおける実行シナリオを指します。 Solution Explorerのプロジェクト名の箇所を右クリックします。次の例では「LoadTestForMyAPP」です。 プロジェクト名右クリック – [追加] – [Web パフォーマンステスト]  を選択してください。 そうすると、ブラウザが起動して、負荷テストシナリオを記録し始めます。 ブラウザが起動したら、BingのURL(www.bing.com)を入力してください。 ブラウザは記録を始めます。 今回はこの検索ボックスに対して「Visual Studio 2015」と入れて検索してみました。 その後、検索結果がでますので、「Microsoft Visual Studio ホームページ」のサイトを選択しました。 ブラウザに表示されているWeb Test RecorderのStopボタンを押すと、今までの操作が記録されます。 Visual Studio 2015は動的なパラメータ入力があった個所を通知してくれます。 ではVisualStudioがこのシナリオが正常に動作するかをテスト実行してみましょう。 記録されたシナリオは、WebTest[数字]という名前で保存されます。 このウインドウにある、ビーカーアイコンをクリックして、 [テストの実行] を選択してみましょう。記録したシナリオが正しく動作するかを検証してくれます。…


【VisualStudio チュートリアル】IntelliTest

チュートリアルは、Visual Studio 2015 RC で作成されています。  IntelliTest を使えば、あなたが書いたソースコードを解析して、テストデータと最大のコードカバレッジを持つ単体テストを作成することができます。早速体験してみましょう。   テスト対象クラスの作成 テスト対象となるクラスを作成します。Unit Test Projectを作成します。 今回はプロジェクト名をIntelliTestにしてみました。 プロジェクトが作成されたら、プロジェクト名の箇所(ここでは、IntelliTest)を右クリックして[追加]-[新しい項目]を選択します。 [クラス] を選択してください。今回はUserという名前のクラスを作成します。 クラスのテンプレートができたら次のようなコードを作成してください。 具体的なコードは次のようになります。 6行目にある「using System.Text.RegularExpressions」はデフォルトで追加されないので、記入忘れしないようにしてください。 このコードをレガシーコードと見立てて、実際に IntelliTest をしてみたいと思います。 using System; using System.Collections.Generic; using System.Linq; using System.Text; using System.Threading.Tasks; using System.Text.RegularExpressions; // ここは追加で記入してください。 namespace IntelliTest {   public class User {     public string Validate(string password) {       if ((password.Length <…


Visual Studio 2015 RC チュートリアル

Visual Studio 2015 の新機能を中心にステップバイステップで学習できるチュートリアルを用意しました。 最新の Visual Studio の利便性をぜひ体験ください。 IntelliTest でテストデータと最大のコードカバレッジを持つ単体テストを作成する Visual Studio Online を活用した負荷テストを実施する コードレンズで Git に公開されているソースコードの変更履歴を確認する IDE 新機能を操作する ~コードマップ、診断機能の強化 など~ Visual Studio 2015 新機能を解説している動画もございます。 [MVA] Visual Studio 2015 における統合開発環境の進化 Visual Studio 2015 RC 日本語版を Microsoft Azure 仮想マシンで構築する手順書です。 Windows / Mac 端末に対応しています。 Microsoft AzureによるVisual Studio 2015 評価環境 構築手順書(PDF形式) 好評のMicrosoft Azure ハンズオン 手順書を Visual Studio 2015…