Visual Studio 2017 をリリース: 生産性、パフォーマンス、パートナー エコシステムの強化

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2017: Productivity, Performance, and Partners 2017/3/7   このたびマイクロソフトは、Visual Studio 2017 をリリースしました。こちらからダウンロードを開始 (英語) のうえ、この記事で今回提供される主要機能の情報をご確認ください。今回のリリースによる変更点の完全な一覧については、Visual Studio 2017 のリリース ノートをご覧ください。この記事では、以下の点についてご紹介します。 基本機能: 生産性とパフォーマンス 優れたモバイル アプリケーション開発エクスペリエンス クラウドでの開発 DevOps Visual Studio のエコシステム 基本機能: 生産性とパフォーマンス 起動時間とプロジェクト読み込み時間の短縮: 複数の基本機能を強化した結果、Visual Studio 2017 では起動時間が Visual Studio 2015 の 3 分の 1 に短縮されました。また、ソリューションの読み込み時間が 2 分の 1 から 4 分の…


Visual Studio 2017 の一般提供開始、その他リリース情報を発表

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing Visual Studio 2017 General Availability… and more 2017/3/7   今、画期的な開発ツールが新たにリリースされようとしています。Visual Studio の月間アクティブ ユーザー数 25% 増、Visual Studio Code の月間アクティブ ユーザー数 130 万人、Mac IDE のアクティブ ユーザー数 2 倍という数字を見て思うのは、ユーザーの皆様も私と同じく今回のリリースにたいへん期待を寄せられているのではないかということです。 Visual Studio 2017 Release Candidate はリリース以降、約 700,000 ダウンロードを記録しており、開発チームはお客様からのフィードバックを参考にしながらユーザー エクスペリエンスを強化し、これまでで最も強力で生産性の高い Visual Studio をお届けしようと取り組んできました。また、Visual Studio ファミリのツールにも改良を加えています。11 月には、Visual Studio for Mac と Visual Studio Mobile…


Productivity Power Tools for Visual Studio 2017 のリリースを発表

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Productivity Power Tools for Visual Studio 2017 2017/3/6   明日に迫った Visual Studio 2017 のリリース (英語) に先立ち、Productivity Power Tools for Visual Studio 2017 がリリースされました。このため Visual Studio 2017 のリリース初日から皆様のお気に入りの生産性機能をすべてご利用いただくことができます。 Productivity Power Tools は、Visual Studio IDE の開発者エクスペリエンス向上を目的とした複数の拡張機能をまとめたもので、公式にはサポートされていないもののマイクロソフトがテストしている最中の新機能をお試しいただける便利なツールです。Productivity Power Tools が作成された経緯については、こちらのページ (英語) をご覧ください。 新たに追加された機能 今回のリリースの主な目的は、Productivity Power Tools の各機能を個別の拡張機能に分割することでした。これにより、使用するコンポーネントのみを手動で選んでインストールできるようになるため、ツールの入手方法と管理方法をより柔軟に選択して、個々の拡張機能を好きなペースで更新、配信できるようになります。また、これには、マイクロソフトが各拡張機能の人気度を監視できるというメリットもあります。特に人気が高い機能については、Visual Studio の今後のバージョンに含めることが検討されます。 以下は、Visual Studio 2017…


Visual Studio 2017 リリース & 20 周年記念イベントのご案内

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Join Us: Visual Studio 2017 Launch Event and 20th Anniversary 2017/2/9   私がマイクロソフトに入社したのは 25 年前にもなります。Access チームの開発者としてキャリアをスタートし、その後、Visual InterDev という新製品の開発に携わりました。数あるマイクロソフト製品の中でも「Visual」の部分が強調されていたのが印象的で、これが現在の Visual Studio にまで長きにわたって続いています。 そして本日、Visual Studio がついに 20 周年を迎えました。20 歳を祝うときです! この大きな節目に発表させていただくのが、最新バージョンの Visual Studio 2017 で、リリースは 3 月 7 日を予定しています。 私は Visual Studio の初版の開発に携わっていましたが、その当時大きな目標として掲げていたのは、クライアント、サーバー、Web 用のアプリケーションの構築に開発者が必要としていたすべての機能をまとめて提供することでした。そして 20 年前の 1997 年 1 月 28 日、Visual…


Visual Studio 2017 Release Candidate の更新を発表

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Update to Visual Studio 2017 Release Candidate 2017/1/27   本日マイクロソフトは、Visual Studio 2017 Release Candidate の更新版をリリースしました。昨日一度、RC の更新に関する記事を投稿したことに気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、セットアップの問題が発生したため、いったん削除させていただきました。問題は解決しましたので、改めてご案内させていただきます。最新版を入手するには、上記のハイパーリンクをクリックするか、Visual Studio で出てくる通知をクリックしてください。 今回の更新内容の詳細については、Visual Studio 2017 のリリース ノートと既知の問題 (英語) でご確認いただけます。この記事では、重要な変更点について取り上げたいと思います。 .NET Core と ASP.NET Core のワークロードのプレビューが終了しました。今回の更新で複数の不具合が修正されたほか、.NET Core と ASP.NET Core のツールの操作性が向上しました。 チーム エクスプローラーの接続エクスペリエンスを改良し、接続したいプロジェクトやリポジトリを容易に検索できるようにしました。 多くのご要望にお応えして、保存オプションの詳細設定を復活させました。 複数インストールに関する問題について、ハングするなどの症状を解決しました。また、インストールが失敗したときに再試行ボタンが表示されるようにしました。スタート メニューに明確に Visual Studio のインストール メニューが表示されるようにしました。オフライン インストール用レイアウトの作成をサポートしました。 改良以外の変更点としては、Data Science と Python…


Visual Studio 2017 RC のデータ サイエンス ワークロード

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 The Data Science Workloads in Visual Studio 2017 RC 2016/11/18   Facebook で写真に写っている人物が自動でタグ付けされたり、オンライン サイトでおすすめの商品が表示されたり、写真をキーワード検索できたり、クレジット カードの不正利用が警告されたりと、機械学習とデータ サイエンスは、私たちのごく身近に存在しています。 このたび、Visual Studio 2017 RC (英語) 向けのデータ ストレージとデータ サイエンスの専用ワークロードがリリースされました。このワークロードには、次世代のインテリジェントなアプリやサービスの構築に必要なバックエンドやツールがすべて含まれています。 それぞれのワークロードについて詳しく見ていきましょう。 データ ストレージとデータ処理: ビッグ データのストレージと高度な分析に使用します。 SQL (英語)、HDInsight (英語) (Hadoop/Spark)、Azure Machine Learning (英語) を使用すると、エンタープライズ レベルの分析に特化した各種の高度なテクノロジを利用できます。 データ サイエンス: 分析、モデルの構築、スマート アプリの作成に必要なツールがすべて含まれています。 Python Tools for Visual Studio: デスクトップ、Web、指数、データ サイエンス/機械学習 R…


Visual Studio 2017 RC のライブ ユニット テスト

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Live Unit Testing in Visual Studio 2017 RC 2016/11/18   Visual Studio 2017 に新機能のライブ ユニット テストが導入されました。この機能を使用すると、スピードが求められる開発作業の中でも、品質を確保しながら必要なテストをすべて網羅できるため、生産性が大幅にアップします。たとえば、なじみの薄いコード ベースのバグを修正する必要がある場合、この機能を使用すれば、修正によるコード変更がシステムの他の部分に影響しないかをすぐにチェックできます。また、コードを入力していくとその場でフィードバックを得られるので、より生産的にコーディングを進められるだけでなく、バグの修正やユニット テスト作成も楽しくなるに違いありません。 ライブ ユニット テストでは、コードの編集中にバックグラウンドで影響範囲のユニット テストが実行され、その結果やテスト範囲がリアルタイムでエディターにわかりやすく表示されます。コード変更の既存テストへの影響のほか、新たに追加したコードが 1 つ以上の既存のテスト範囲でカバーされているかどうかも即座にフィードバックされます。このため、バグの修正や機能の追加の際に、ユニット テストの作成が必要かどうかを把握できます。コード ベースのテストがすべて成功すればひと安心です。 ライブ ユニット テストは Visual Studio 2017 Enterprise エディションで使用可能で、.NET Framework をターゲットとした C# と VB のプロジェクトに対応しています。この機能では、VB と C# のコンパイラを使用してコンパイル時にコードを実装します。次に、そのコードでユニット テストを実行してデータを生成します。このデータは、テスト範囲に含まれるコードの行を分析するために使用されます。そして、このデータを使用して編集箇所のテストを実行し、すぐにエディター内に結果を表示します。コードを編集したりテストを追加または削除したりするたびにデータが更新され、影響を受けるテストが特定されます。 ライブ ユニット テストを開始する ライブ ユニット テストを開始するには、上部のメニュー…


MSBuild ベースの .NET Core Tools の「アルファ版」を発表

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing .NET Core Tools MSBuild “alpha” 2016/11/16   マイクロソフトはこのたび、新しい MSBuild ベースの .NET Core Tools (英語) の最初の「アルファ版」リリースを発表しました。この .NET Core Tools は、Visual Studio 2017 RC、Visual Studio for Mac (英語)、Visual Studio Code (英語)、コマンド ラインでお試しいただけます。また、.NET Core 1.0 (英語) と .NET Core 1.1 (英語) の両方のランタイムで利用できます。 .NET Core と ASP.NET Core の開発を始めたときに重視したのは、Windows、Mac、Linux のいずれでも動作し、Visual Studio 以外のエディターでも機能するプロジェクト システムを構築することでした。新しいプロジェクト形式 project.json…


Visual Studio 2017 Release Candidate を発表

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2017 Release Candidate 2016/11/16   本日 Connect(); 2016 (英語) で、次期 Visual Studio リリース候補版となる Visual Studio 2017 Release Candidate (英語) が発表されました。Visual Studio の開発は、常に皆様にいただく声を重視しながら進めています。プレビルド版やプレビュー版を実際にご使用いただき、フィードバックをくださった皆様に改めて感謝を申し上げます。   今回のリリースでは、生産性機能やパフォーマンス強化が多数実施され、モバイル開発エクスペリエンスやクラウド開発エクスペリエンスも改良されています。ここではその一部をご紹介します。さらに詳しい情報については、Visual Studio 2017 のリリース ノートと既知の問題、Visual Studio 2017 RC に関するよく寄せられる質問 (英語)、visualstudio.com の Visual Studio 2017 RC ページ (英語) をご覧ください。   今回は、Visual Studio 2017 RC の他にも Visual…