Visual Studio 2017 の一般提供開始、その他リリース情報を発表

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing Visual Studio 2017 General Availability… and more 2017/3/7   今、画期的な開発ツールが新たにリリースされようとしています。Visual Studio の月間アクティブ ユーザー数 25% 増、Visual Studio Code の月間アクティブ ユーザー数 130 万人、Mac IDE のアクティブ ユーザー数 2 倍という数字を見て思うのは、ユーザーの皆様も私と同じく今回のリリースにたいへん期待を寄せられているのではないかということです。 Visual Studio 2017 Release Candidate はリリース以降、約 700,000 ダウンロードを記録しており、開発チームはお客様からのフィードバックを参考にしながらユーザー エクスペリエンスを強化し、これまでで最も強力で生産性の高い Visual Studio をお届けしようと取り組んできました。また、Visual Studio ファミリのツールにも改良を加えています。11 月には、Visual Studio for Mac と Visual Studio Mobile…


Connect(); 2016 の最新情報(VSTS & TFS)

  本記事は、マイクロソフト本社の Brian Harry’s blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 News from Connect(); 2016 2016/11/16   本日、ニューヨークで開催中のイベント Connect(); において魅力的な新機能やサービスが続々と発表されています。Connect(); で発表される最新情報は多岐にわたるため、この記事では TFS と Team Services に関連する情報に絞ってご紹介したいと思います。 TFS 2017 RTM をリリース 特に大きなニュースの 1 つが、TFS 2017 RTM 版のリリースです。オンプレミスの TFS をご利用のお客様に向けて Team Services の多数の機能強化が提供されます。TFS 2017 の新機能は次のとおりです。 パッケージ管理 – 非公開の NuGet フィードの作成と管理 コード検索 – プロジェクト コレクション全体のすべてのコードの容易な検索 アジャイル計画機能の強化 – 新しいフォーム、作業項目のフォロー、ライブ更新、通知の機能強化など Git 関連の機能強化 – プル リクエストの大幅なアップグレード、反復型のレビュー、squash マージなど…


Team Foundation Server (TFS) 15 RC2 をリリース: 運用環境での使用に対応

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Team Foundation Server (TFS) 15 RC2 is available and ready for production use 2016/9/28   このたび Team Foundation Server “15” RC2 の提供が開始されました。このリリースは既にマイクロソフトの運用環境で使用されており、運用環境での使用に完全に対応しています。Team Foundation Server 2012 から RC1 までをお使いの方は、RC2 へのアップグレードが可能です。また、RC2 から RTM へのアップグレードも可能です (RC2 と RTM では変更点がかなり少ないため、アップグレードは短期間でできます)。 使用を始めるには、まずこちらの入門ページ (英語) をご覧ください。また、使用可能な機能の一覧についてはリリース ノートをご確認ください。 要件は以下のページからご確認いただけます。 Team Foundation Server 15 の主な要件 (TFS 2015 からの変更点)…


2015 年 8 月の注目記事のご紹介

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Top News for August 2015  2015/09/15 5:00 AM 皆さん、こんにちは。この記事では、先月投稿された特に注目の記事をまとめてご紹介します。 今月は、DevOps に関連する記事が数多くありました。「9 月に Visual Studio Online の料金とライセンスが変更に (英語)」(Brian Harry) では、9 月 1 日から開始された割安の階層型の料金モデルをご紹介しました。これに関連するものとして「Visual Studio Online の開発タイムライン (英語)」の更新情報 (英語) と「Visual Studio Online/TFS の開発タイムライン — UserVoice バージョン (英語)」もありますので、あわせてご覧ください。また、Jeremy Epling が投稿した「Git のエクスペリエンスの今後 (英語)」では、Visual Studio のプル リクエスト、プル リクエストをより簡単に検索/レビューする方法、巨大な Git リポジトリへのスケールの拡大、SSH と GitFlow のサポート、TFVC…


BUILD 2015 最新情報: Visual Studio Code、Visual Studio 2015 RC、Team Foundation Server 2015 RC、Visual Studio 2013 Update 5

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 BUILD 2015 News: Visual Studio Code, Visual Studio 2015 RC, Team Foundation Server 2015 RC, Visual Studio 2013 Update 5  2015/04/29 10:10 PM   Microsoft BUILD カンファレンス (英語) の時期にはいつも多数の開発者ツールがリリースされますが、今年は特に多くなっています。ここでは本日リリースされた各製品について、概要を説明していきたいと思います。今回の発表については、このブログのほかにも、Scott Guthrie のブログ (英語)、Windows ブログの Terry Myerson の記事、Somasegar のブログ、Brian Harry のブログ (英語) で触れられています。また、読みもの以外にも、Channel 9 で動画 (英語) を公開していますのでそちらもご覧ください。 今回の発表内容を簡単にまとめると、マイクロソフトは Visual…


【VisualStudio チュートリアル】負荷テスト

チュートリアルは、Visual Studio 2015 RC で作成されています。  この記事では、Visual Studio 2015 を使って負荷テストを簡単に実施するためのチュートリアルをご紹介いたします。 Visual Studio2015では、クラウドベースの負荷テストを簡単に実施することができます。 お手元のVisual Studio からテスト用のバーチャルマシンのインスタンスを複数起動して、 あなたのWebサイトに対して同時に負荷をかけることができます。 今回のチュートリアルでは、皆さんのサイトの代わりに、Bingに対して負荷をかけていきます。   負荷テストを作成する Visual Studioで、「Web パフォーマンスとロードテストのプロジェクト」を選択します。 プロジェクトの名前は何でも構いませんが、ここでは、説明のため「LoadTestForMyAPP」にしています。   パフォーマンステストを記録する 負荷テストを実施するまえに、パフォーマンステストを作成します。これは、負荷テストにおける実行シナリオを指します。 Solution Explorerのプロジェクト名の箇所を右クリックします。次の例では「LoadTestForMyAPP」です。 プロジェクト名右クリック – [追加] – [Web パフォーマンステスト]  を選択してください。 そうすると、ブラウザが起動して、負荷テストシナリオを記録し始めます。 ブラウザが起動したら、BingのURL(www.bing.com)を入力してください。 ブラウザは記録を始めます。 今回はこの検索ボックスに対して「Visual Studio 2015」と入れて検索してみました。 その後、検索結果がでますので、「Microsoft Visual Studio ホームページ」のサイトを選択しました。 ブラウザに表示されているWeb Test RecorderのStopボタンを押すと、今までの操作が記録されます。 Visual Studio 2015は動的なパラメータ入力があった個所を通知してくれます。 ではVisualStudioがこのシナリオが正常に動作するかをテスト実行してみましょう。 記録されたシナリオは、WebTest[数字]という名前で保存されます。 このウインドウにある、ビーカーアイコンをクリックして、 [テストの実行] を選択してみましょう。記録したシナリオが正しく動作するかを検証してくれます。…


2015 年 2 月の注目記事のご紹介

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Top News from February 2015  2015/03/05 8:30 AM   Visual Studio チームでは、開発者どうしが Twitter、Facebook、Google+ といったさまざまなソーシャル ネットワーク チャネルを通じてつながり、互いに情報を交換できるようにさまざまな取り組みを進めています。私たちはその取り組みの一環として、Twitter のリツイート、Facebook の「いいね!」や共有、その他の公開されている情報をもとに、皆様がどのような機能やコンテンツを求めているのかを調査しています。 皆様のご協力やフィードバックは、皆様のニーズを把握するうえで非常に重要な情報源となっています。私たち Visual Studio チームから見た皆様のニーズとはどのようなものかをお伝えするために、私はこちらのブログ (lyalin.com (英語)) で「最も注目の話題トップ 10」を毎日公開しています。 今月はもう一歩踏み込んで、2015 年 2 月に公開した記事をすべて振り返り、最も注目を集めた 11 件の記事をここでご紹介することにしました。ぜひご覧いただければ幸いです。もちろんこの記事に対するご意見もお待ちしています。   2015 年 2 月に注目を集めた記事トップ 11 .NET CoreCLR がオープン ソースに: .NET チームは、.NET のオープン ソース化の話題に続いて「CoreCLR がオープン…


Visual Studio 2015 CTP 6 および Team Foundation Server 2015 CTP をリリース

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2015 CTP 6 and Team Foundation Server 2015 CTP Released  2015/02/23 6:05 PM   マイクロソフトでは短いサイクルで更新版をリリースするよう努めており、今回もその流れに沿って Visual Studio 2015 CTP 6 (英語)、さらに Team Foundation Server 2015 CTP (英語) をリリースしました。これらの製品はいずれもダウンロード センター (英語) と MSDN サブスクライバー ダウンロードのページからもダウンロードできます。少しでも早く利用したいというユーザーの方は、Azure でホストされている仮想マシン (英語) で最新の CTP を使用できますので、こちらをご活用ください。この記事では、ご利用を検討中の方に向けて両製品の注目点をいくつか説明します。本稿以外にも Brian Harry が執筆したブログ記事 (英語)、Team Foundation Server…


Visual Studio 2013 と Team Foundation Server 2013 の Update 4 CTP1 が公開されました

  本記事は、マイクロソフト本社の Brian Harry’s blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】VS & TFS 2013 Update 4 CTP 1 is available  2014/9/4 2:00 AM 皆さんはどうか分からないのですが、私達は既に Visual Studio 2013 Update 4 と Team Foundation Server 2013 Update 4 をリリースするという事実を頭の中に詰め込むのが私にとっては大変です。Update 3 のリリースもそんなに古い話ではありませんでした。本日、マイクロソフトは Update 4 の CTP (コミュニティ テクノロジ レビュー) 1 を公開しました。いつものように、およそ 3 週間おきに 2-3 回の CTP があり、その後 RC 版 (リリース候補版)、そして最終的な製品版をリリースする予定です。ですから、Update 4 の製品版リリースまでにはまだ少し時間があり、…


Visual Studio、Team Foundation Server、Perfecto Mobile MobileCloud プラットフォームで行うモバイル デバイス テスト

本記事は、マイクロソフト本社の Somasegar’s blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】Mobile device testing with Visual Studio, Team Foundation Server and Perfecto Mobile MobileCloud platform  2014/7/7 10:00 PM モバイル ファースト開発の時代においては、コンシューマーおよびビジネスユーザー両方が共通して使うことができる、幅広いデバイスでのテストを行うことが求められています。開発チームが高品質なモバイル アプリを配信するには、統一プラットフォームが存在しない現代のモバイル市場におけるマルチプラットフォーム開発の複雑さに対処できるような、堅牢なテスト ソューションが必須となります。 過去一年間にわたり、私たちは Perfecto Mobile 社とパートナー関係をもち、Visual Studioや Team Foundation Server、Visual Studio Online 向けに、同社の Mobile Cloud™ をベースとしたシームレスなモバイル テスト拡張をお届けしてまいりました。本日、そのパートナーシップを MSDN サブスクライバーおよび Azure ユーザーにも広げ、また、Perfecto Mobile および Visual Studio 両ユーザーの皆さまにもご利用いただける新機能を追加いたしました。 Perfecto Mobile と Visual Studio Perfecto…