Visual Studio 2017 RC のライブ ユニット テスト

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Live Unit Testing in Visual Studio 2017 RC 2016/11/18   Visual Studio 2017 に新機能のライブ ユニット テストが導入されました。この機能を使用すると、スピードが求められる開発作業の中でも、品質を確保しながら必要なテストをすべて網羅できるため、生産性が大幅にアップします。たとえば、なじみの薄いコード ベースのバグを修正する必要がある場合、この機能を使用すれば、修正によるコード変更がシステムの他の部分に影響しないかをすぐにチェックできます。また、コードを入力していくとその場でフィードバックを得られるので、より生産的にコーディングを進められるだけでなく、バグの修正やユニット テスト作成も楽しくなるに違いありません。 ライブ ユニット テストでは、コードの編集中にバックグラウンドで影響範囲のユニット テストが実行され、その結果やテスト範囲がリアルタイムでエディターにわかりやすく表示されます。コード変更の既存テストへの影響のほか、新たに追加したコードが 1 つ以上の既存のテスト範囲でカバーされているかどうかも即座にフィードバックされます。このため、バグの修正や機能の追加の際に、ユニット テストの作成が必要かどうかを把握できます。コード ベースのテストがすべて成功すればひと安心です。 ライブ ユニット テストは Visual Studio 2017 Enterprise エディションで使用可能で、.NET Framework をターゲットとした C# と VB のプロジェクトに対応しています。この機能では、VB と C# のコンパイラを使用してコンパイル時にコードを実装します。次に、そのコードでユニット テストを実行してデータを生成します。このデータは、テスト範囲に含まれるコードの行を分析するために使用されます。そして、このデータを使用して編集箇所のテストを実行し、すぐにエディター内に結果を表示します。コードを編集したりテストを追加または削除したりするたびにデータが更新され、影響を受けるテストが特定されます。 ライブ ユニット テストを開始する ライブ ユニット テストを開始するには、上部のメニュー…