Visual Studio 2017 をリリース: 生産性、パフォーマンス、パートナー エコシステムの強化

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2017: Productivity, Performance, and Partners 2017/3/7   このたびマイクロソフトは、Visual Studio 2017 をリリースしました。こちらからダウンロードを開始 (英語) のうえ、この記事で今回提供される主要機能の情報をご確認ください。今回のリリースによる変更点の完全な一覧については、Visual Studio 2017 のリリース ノートをご覧ください。この記事では、以下の点についてご紹介します。 基本機能: 生産性とパフォーマンス 優れたモバイル アプリケーション開発エクスペリエンス クラウドでの開発 DevOps Visual Studio のエコシステム 基本機能: 生産性とパフォーマンス 起動時間とプロジェクト読み込み時間の短縮: 複数の基本機能を強化した結果、Visual Studio 2017 では起動時間が Visual Studio 2015 の 3 分の 1 に短縮されました。また、ソリューションの読み込み時間が 2 分の 1 から 4 分の…


Visual Studio 2017 Release Candidate を発表

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2017 Release Candidate 2016/11/16   本日 Connect(); 2016 (英語) で、次期 Visual Studio リリース候補版となる Visual Studio 2017 Release Candidate (英語) が発表されました。Visual Studio の開発は、常に皆様にいただく声を重視しながら進めています。プレビルド版やプレビュー版を実際にご使用いただき、フィードバックをくださった皆様に改めて感謝を申し上げます。   今回のリリースでは、生産性機能やパフォーマンス強化が多数実施され、モバイル開発エクスペリエンスやクラウド開発エクスペリエンスも改良されています。ここではその一部をご紹介します。さらに詳しい情報については、Visual Studio 2017 のリリース ノートと既知の問題、Visual Studio 2017 RC に関するよく寄せられる質問 (英語)、visualstudio.com の Visual Studio 2017 RC ページ (英語) をご覧ください。   今回は、Visual Studio 2017 RC の他にも Visual…


Visual Studio “15” の全体的な応答性を向上

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Improved overall Visual Studio “15” Responsiveness 2016/10/14   今回の記事は、Visual Studio “15” のパフォーマンス強化について 5 回にわたってお伝えするシリーズ記事の最終回です。 このシリーズでは下記の内容についてお伝えしてきました。 第 1 回: Visual Studio “15” の起動を高速化 第 2 回: Visual Studio “15” でのソリューション読み込み時間の短縮 第 3 回: Visual Studio “15” でのメモリ不足によるエラーが減少 第 4 回: Visual Studio “15” で C++ ソリューションの読み込みとビルドを高速化 第 5 回: Visual Studio…


Visual Studio “15” で C++ ソリューションの読み込みとビルドを高速化

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Faster C++ solution load and build performance with Visual Studio “15” 2016/10/13   Visual Studio “15” では、C++ 開発者の皆様の生産性を大きく向上させることを目指しています。この目標に向けて、先日リリースされた Preview 5 ビルドには多数の改良点が実装されました。この記事ではその主な機能について説明します。 C++ ソリューションの読み込みを高速化 C++ プロジェクトに向けて、「迅速なプロジェクトの読み込み」という試験的な機能が導入されました。C++ プロジェクトを初めて開いたときの読み込み時間を短縮するもので、2 回目以降はさらに短くなります。この試験機能を使用する場合は、下図のように [Tools]、[Options] の順に選択してから [Enable Faster Project Load] を [True] に設定します。 次の簡単なデモでは、1968 個のプロジェクトを含む大規模な Chromium Visual Studio ソリューションを用いて、読み込み時間が短縮されることを証明しています。詳細については、C++ ソリューションの読み込みの高速化に関するブログ記事 (英語) を参照してください。 これとは別に、Visual Studio ではソリューションの読み込みを高速化する「ライトウェイト ソリューション ロード」機能の試験も行っています。この…


Visual Studio “15” でのメモリ不足によるエラーが減少

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Reduced Out of Memory Crashes in Visual Studio “15” 2016/10/12   今回の記事は、Visual Studio “15” Preview 5 のパフォーマンス強化についてお伝えする 5 回のシリーズの第 3 回です。これまでの 2 つの記事では、Visual Studio “15″ で可能になった起動時間の短縮とソリューションの読み込み時間の短縮についてお伝えしました。 Visual Studio には多様な機能が詰め込まれており、実に多くの開発者が業務で活用しています。高い応答性を確保しながらこれらの機能をサポートするためには、大量のメモリが必要になります。しかし、Visual Studio 2015 では特定のシナリオでメモリ使用量が増えすぎることで、メモリ不足によりクラッシュしたりインターフェイスの応答が悪くなったりするという報告がお客様から多数寄せられました。VS “15” では、Visual Studio の高い機能性とパフォーマンスを維持しながら、これらの問題を解決することに取り組んでいます。 Visual Studio ではさまざまな分野で機能の最適化を進めていますが、今回の記事では JavaScript と TypeScript の言語サービス、デバッガーでのシンボルの読み込み、VS での Git のサポートの 3 つの分野について説明します。この記事では、全体を通じてそれぞれのシナリオで測定した下記の 2 つのメトリックを比較し、改善状況についてお伝えします。…


Visual Studio “15” でのソリューション読み込み時間の短縮

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Shorter Solution Load Time in Visual Studio “15” 2016/10/11   今回の記事は、Visual Studio “15” のパフォーマンス強化について 5 回にわたってお伝えするシリーズ記事の第 2 回です。 前回は、Visual Studio “15” の起動の高速化についてお伝えしました。今回は、ライトウェイト ソリューション ロードという Visual Studio “15” の新機能について説明します。この機能を使用するとソリューションの読み込み時間が大幅に短縮され、IDE の高速化と生産性の向上につながります。 ライトウェイト ソリューション ロード 簡単に言うと、ライトウェイト ソリューション ロード機能が有効化されている場合、実際に作業を開始するまでプロジェクトを完全には読み込みません。すべてのプロジェクトの読み込みが完了していなくとも、コードベース内のナビゲーション、コード編集、プロジェクトの構築などの一般的なタスクの多くは実行可能です。 ライトウェイト ソリューション ロードは、Visual Studio “15” Preview 4 で、実際のプロジェクトでの動作に関する情報を収集するための限定機能としてリリースされました。これまでのところ、パフォーマンスは良好な結果を示しています。 限定ロールアウトでは、ソリューションの読み込み時間が半分から 4 分の 1 であることが確認されています。 この機能の最終的な目標は、IDE を可能な限り迅速に使用可能な状態にすることです。ライトウェイト…


Visual Studio “15” の起動を高速化

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Faster Visual Studio “15” Startup 2016/10/10   John Montgomery の記事でもお伝えしたように、Visual Studio “15” Preview 5 ではパフォーマンスの強化に重点的に取り組みました。Visual Studio “15” のパフォーマンス強化について、この記事を含め 5 回のシリーズ記事としてお届けしたいと思います。 初回となるこの記事では、最新リリースに実装された起動エクスペリエンスの中でも特に以下の点についてご説明します。 新しいパフォーマンス センターを使用して、使用中の拡張機能やツール ウィンドウが、起動、ソリューションの読み込み、コード編集の操作に影響を及ぼしていないかを確認する方法。また、その方法を最適化する方法 拡張機能の読み込みのオンデマンド化や最適化、キャッシュの初期化を後回しにすることで起動時に読み込まれる拡張機能が減少し、起動時間が短縮することについて Visual Studio のユーザー数は年々大きく増加し、Visual Studio で使用されるパートナー テクノロジの種類も多様化しています。機能や拡張機能は起動時に自動的に読み込まれるため、残念ながらそのうちの一部は Visual Studio の起動時間が大幅に長くなる原因となっています。 次に示すように、Visual Studio の起動時間は、起動時の拡張機能の読み込みによって 50% 以上遅くなることがあります。 Visual Studio の起動時に何が起きているのか Visual Studio の起動方法には次の 3 つの種類があります。 初回起動: Visual Studio…


Visual Studio “15” Preview 5 を発表

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing Visual Studio “15” Preview 5 2016/10/5   このたび Visual Studio “15” Preview 5 をリリースしました。今回のプレビューでは、特にパフォーマンスの向上に焦点を当てて取り組みを行いました。向上した点については、今後の記事でも詳しくご紹介していく予定です。また、生産性の面でもいくつか改良を加えています。 では、こちらでインストーラーを起動させながら、残りの内容をお読みください。リリース ノートはこちらでご覧いただけます。 パフォーマンスとメモリ効率が大幅アップ まず以下のビデオをご覧ください。以前のバージョンの画面と隣り合わせで表示しているので、パフォーマンスがどのように向上したかひと目でわかるようになっています。ここでは、Visual Studio を起動して .NET コンパイラ プラットフォームの “Roslyn” を使用するソリューション (英語) を読み込むときのパフォーマンスを比べています。Visual Studio 2015 では 60 秒かかりましたが、Visual Studio ‘15’ では 30 秒で終了しました。 この読み込みの高速化は、プロジェクトの読み込みの軽量化と拡張機能の読み込みのオンデマンド化という 2 つの点を改良したことによって実現しました。Preview 5 では主に以下の点でパフォーマンスが強化されています。 プロジェクトの読み込みを軽量化して、読み込み時間を短縮: 100 種類など多くのプロジェクトが含まれるようなソリューションでは、すべてのファイルやプロジェクトが同時に使用されることはありません。VS “15” では、すべてのプロジェクトが読み込まれるまで待たずに編集やデバッグを開始できます。この機能を使用するには、Preview 5 の管理対象プロジェクトで…