2017 年に .NET 開発者が知っておくべきこと

  本記事は、マイクロソフト本社の Scott Hanselman Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 What .NET Developers ought to know to start in 2017 2017/1/11   ずいぶん前にも、「.NET 開発者が知っておくべきこと」というタイトルでブログ記事 (英語) を書いたことがあります。このときは質問集のように掲載したのが悪かったのか、リクルーターなどにリトマス試験紙のように使われてしまいました。 .NET については情報量が膨大なので、便利なリストを作成して学習ガイドや用語集として使ってもらおうと思い立ち、Jon Galloway と協力して用語とリソースをリストにまとめました。 始めてみて最初に思うのは、「やることが多すぎるじゃないか。だから .NET は嫌なんだ」ということかもしれませんが、参入時にはどのプラットフォームでも同じような壁 (用語集の作成) にぶつかるものです。3 文字略語のない言語やコンピューター エコシステムはありません。あまり深く考えずに、知っておくべきことを知ることからゆっくり始めていきましょう。どこまでやるかはご自身で判断すればよいのです。すべてを知らなくても大丈夫です。その代わり、どのレイヤーでもラベルでも、今どんなプログラムに向き合っているにせよ、その奥にはまだ知らない事実が隠れている可能性があるということだけは知っていてください。 あなたにとって知っておかなければならない項目には線を引いておいてください。その部分を理解したら、他も見てみるようにしてください。詳しい内容を知りたい人もいれば、そうでない人もいます。根本から学ぶべきか、ユーザー視点で学ぶべきかを考え (英語)、自分のスタイルで楽んでください。 まず、.NET と C# ですが、オンライン (https://dot.net、英語) で学ぶことができます。また、F# は http://www.tryfsharp.org (英語) で学習できます。どちらのサイトでもダウンロードなしでコードを作成し、ブラウザー上で作業できます。 https://dot.net (英語) で .NET Core と Visual Studio Code を入手したら、さっそく読み始めてみましょう! 知っておくべきこと (必須)…


PowerShell のオープン ソース化とクロス プラットフォーム対応

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 PowerShell is now open-source, and cross-platform 2016/8/18   このたび、PowerShell がオープン ソース化され、Windows、Mac、Linux で利用可能になったことが PowerShell チームより発表 (英語) されました。これ自体がすばらしいニュースですが、.NET チームとしては、.NET 開発者にどのようなメリットがあるのかを考察してみたいと思います。 まず、PowerShell が Linux や Mac OS で利用可能になったことで (これらのオペレーティング システムのネイティブのシェル エクスペリエンスの代わりにご利用いただくことが目的ではないものの)、環境が混在するチームでの共同作業が容易になります。仮想マシンを起動することなく各 OS 上で同じスクリプトを実行できるため、開発作業が促進され、異なる環境を使用している開発者間の摩擦が軽減されます。 アプリケーションを運用環境にデプロイする際には、PowerShell スクリプトを Linux で実行できることで、ターゲット環境をより柔軟に選択できるようになり、Linux サーバーと Windows サーバー間での移行も簡単になります。 もちろん、オープン ソース モデルへの移行には、コミュニティの協力が必要となるだけでなく、設計プロセスの透明性の向上とバグ追跡が重要になります。今後は、PowerShell を必要とするユーザーがだれでも、新しいプラットフォームや環境に実装できるようになります。 そして、PowerShell および PowerShell スクリプトは .NET Core でも実行可能になりました。…


.NET Framework 4.6.2 を発表

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing .NET Framework 4.6.2 2016/8/2   このたび、.NET Framework 4.6.2 がリリースされました。今回の変更点の多くは、UserVoice (英語) や Connect (英語) などに寄せられた皆様からのフィードバックを反映したものです。皆様の継続的なご支援とご協力に感謝いたします。 このリリースでは、以下の分野で多数の機能強化が実施されました。 基本クラス ライブラリ 共通言語ランタイム ClickOnce ASP.NET SQL Windows Presentation Foundation Windows Communication Foundation すべての変更点の一覧については、.NET Framework 4.6.2 の変更リスト (英語) および API の差分 (英語) をご確認ください。 今すぐダウンロード .NET Framework 4.6.2 は以下のリンクからダウンロード可能です。 .NET Framework 4.6.2 Web インストーラー:…


dotnetConf 再び開催! – 2016 年 6 月 7 ~ 9 日、開発者向け無料ストリーミング イベントをお届け

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 dotnetConf is back! Free live streaming developer event – June 7th-9th 2016 2016/6/6   .NET は、多くの Visual Studio 開発者の開発作業で重要な役割を果たしています。私も長年開発者の 1 人として、ASP.NET、WPF デスクトップ、その他のバックエンド .NET サービスなどの開発に携わってきました。そんな中、今週 dotnetConf が再び開催され、ライブ ストリーミングが配信されることになりました。私もその開催チームの一員として皆様にイベントをお届けできることをたいへん光栄に思っています。イベントへの参加は無料で、登録も不要です! 2016 年 6 月 7 ~ 9 日にライブ配信、その後も Channel 9 でオンデマンド視聴可能 ライブ ストリーミング配信は、2016 年 6 月 7 日~ 9 日の…


.NET Framework 4.6.2 Preview のリリース

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。【元記事】 Announcing the .NET Framework 4.6.2 Preview 2016/3/30   マイクロソフトは .NET Framework 4.6.2 のプレビュー版を発表しました。下記のリンクからダウンロード可能です。 .NET Framework 4.6.2 プレビュー: スタンドアロン .NET Framework 4.6.2 プレビュー: Web ブートストラップ .NET Framework 4.6.2 プレビュー: Developer Pack 今回のリリースでは次の分野で新しい機能や API が追加されました。 ClickOnce で TLS 1.1/1.2 をサポート Project Centennial が .NET デスクトップ アプリに対応 新しい暗号化標準をサポート WPF でソフト キーボードと Per-Monitor DPI…


Visual Studio 2015 Update 2 リリース

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。【元記事】 Visual Studio 2015 Update 2 RTM 2016/3/30   本日開催されている Build 2016 (英語) で、Visual Studio 2015 の最終バージョンとなる Update 2 のリリースが発表されました。このリリースには、Visual Studio 2015 Update 2 CTP リリースに関する記事と Visual Studio 2015 Update 2 RC のリリースに関する記事でお伝えしていた更新内容がすべて含まれています。 Visual Studio 2015 Update 2 のリリースにあたっては、パフォーマンスと信頼性の向上と、お客様からのフィードバックへの対応に集中的に取り組みました。今回パフォーマンスと応答性の向上 (英語) のために行った主なことは、拡張機能をインストールする際の Visual Studio の起動時間の短縮、Visual Studio のシャットダウン時間の短縮、NuGet のパフォーマンス向上、Visual Studio 内でチーム…


.NET Framework の互換性の診断

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 .NET Framework Compatibility Diagnostics 2016/3/3   今回は、.NET チームでソフトウェア エンジニアを務める Taylor Southwick の記事をご紹介します。   概要 .NET Framework 4 の更新は互換性の高いインプレース更新として配信されているため、ユーザーはアプリケーションをそのまま、最も安全性の高い最新バージョンの .NET Framework で実行させることができます。しかし、一部の保証外の動作、またはドキュメントに記載されていない動作に依存するアプリケーションでは、以前のバージョンのときと挙動が変わってしまうことがあります。これまではこのような変化を見つけることは困難でしたが、.NET のバージョンをアップグレードする際の動作の変化を識別できるようにするために、.NET の互換性診断ツール「.NET Compatibility Diagnostics」が公開されました。   .NET Compatibility Diagnostics 特定のバージョンでどのような更新が実装されたかを確認するには、これまで MSDN のドキュメントを参照するか、ApiPort ツール (英語) を実行するかしかありませんでした。このため、既存のアプリケーションを新しいバージョンの .NET Framework で実行する場合に、特定の API を使用することで対象のアプリケーションの機能にどのような影響があるのかを詳細に把握できるツールが必要とされていました。アップグレードによる影響やそれに対してどのような変更を行う必要があるのかを判断できれば、新しいバージョンの .NET Framework で問題なく動作させることができます。 この診断ツールは Roslyn で構築されているため、Visual Studio 2015 を必要とし、通常のコンパイル処理の一部として実行されます。このツールの目的は、新しいバージョンの…


2015 年 10 月~ 12 月の注目記事のご紹介 (パート 1)

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Top News from October-December 2015, Part 1 2016/1/26 10:00 AM 前回の開発者向けの注目記事のまとめを公開してから数か月が経過しました。今回は、昨年秋からのニュースを 2 回に分けてお伝えします。このパート 1 では、Visual Studio、.NET、ASP.NET、言語、その他いくつかのツールについてお伝えします。パート 2 では、Connect(); //2015、Windows 10、クロス プラットフォーム開発、Visual Studio Code、その他のさまざまなトピックを扱います。それでは見ていきましょう。 Visual Studio Update 1: Visual Studio Update 1 は 10 月に CTP、11 月に RC、12 月に RTM と、ほぼ月に 1 回のペースでリリースされ、それぞれ John Montgomery が記事を書きました。すべての機能と変更点の一覧は、Update 1 RTM…


Microsoft .NET Framework 4.6.1 を Windows Update と WSUS で提供開始

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Microsoft .NET Framework 4.6.1 is available on Windows Update and WSUS 2016/1/26 0:00 AM  このたび Windows Update (WU) および WSUS から、.NET Framework 4.6.1 とこれに対応する言語パックの提供が開始されました。これらは Windows 7 SP1 (機械翻訳) と Windows Server 2012 R2 (機械翻訳) を対象にしたものです。Windows 8.1、Windows Server 2008 R2 SP1、Windows Server 2012 をご利用の場合は、こちらのページ (機械翻訳) からオフライン インストーラーをご利用いただけます。なお、Windows 10 の場合、.NET Framework…


.NET Framework 4, 4.5 および 4.5.1 のサポート終了について

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Support Ending for the .NET Framework 4, 4.5 and 4.5.1 2015/12/09 7:00 PM 以前に発表したように(英語、抄訳版)、2016 年 1 月 12 日からはマイクロソフトは .NET Framework 4、4.5、および 4.5.1にセキュリティ更新プログラム、テクニカルサポートや修正プログラムを提供されなくなります。.NET Framework 4.6.1、4.6、4.5.2、3.5SP1 を含む他のすべてのバージョンは、それらの確立されているライフサイクルの間サポートされます。これらのバージョンのサポートを終了する決定により、私たちは .NET Frameworkの改善に向けてより多くのリソースを投資することができます。 どういう意味がありますか? Windows デスクトップおよびサーバーの環境でサポートされるバージョンの .NET Framework がインストールされていることを確認してください。これには、Azure と他のクラウド サービスの展開も含まれます。Azure 展開の詳細については下を参照してください。 サポートされなくなる .NET Framework のバージョンを使っている 1 つまたは複数のアプリケーションがあるかもしれません。新しいバージョンをターゲットせずに後継の .NET Framework のバージョンでそれらのアプリケーションを実行できます。.NET framework 4.5.2 とそれ以降のバージョンは高い互換性を持ち、”quirking”と呼ばれる新しい機能により提供されています。Quirking…