Visual Studio 2017 RC で JavaScript 開発がより生産的に

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 More Productive JavaScript in Visual Studio 2017 RC 2016/11/28   開発者に Visual Studio が選ばれているのは、JavaScript 編集の生産性を高める各種のツールが用意されているためです。これまで Visual Studio 2017 RC では、開発者がよく使用する機能を強化することに重点が置かれてきました。その結果、開発者はコーディングにより多くの時間を割り当てられるようになっています。この記事では、Visual Studio 2017 RC で現在提供されている IntelliSense とコード参照の機能強化の中でも特に便利なものをいくつかご紹介します。 機能が豊富になった IntelliSense Visual Studio 2017 RC の JavaScript IntelliSense では、パラメーターやメンバー一覧に関する情報がさらに多く表示されるようになりました。この新しく追加された情報は TypeScript から補充され、バックグラウンドでのスタティック分析に基づいて開発者のコードを適切に理解します。TypeScript の複数のソースを基に情報が生成されます。 jQuery ajax() 関数に関するリッチな IntelliSense JSDoc に基づいた IntelliSense 既定での型の推定で望ましい型の情報が提示されないときは、JSDoc アノテーションから明示的に型情報が提示される場合があります。たとえば、部分的に宣言されたオブジェクトに特定の型を持たせるには、下図のように @type タグを使用できます。…


Visual Studio “15” の新しい JavaScript 言語サービス “Salsa” をプレビュー リリース

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Previewing Salsa – the New JavaScript Language Service in Visual Studio “15” 2016/4/8   Visual Studio “15” Preview (英語) で、新しい JavaScript 言語サービス (コードネーム “Salsa”) を使用できるようになりました。言語サービスとは、特定の言語について構文の強調表示、入力候補一覧、シグネチャ ヘルプ、その他のツール機能を IDE から使用できるようにするものです。Salsa では、既存の JavaScript 言語サービスよりも機能が大きく改善され、モジュール サポートの強化、ES6/ES7 の構文の完全なサポート、JSX のサポートなどが実施されました。   新しい言語サービスを導入した理由 これまで Visual Studio で JavaScript を編集する際は、言語サービスの実行モデルが使用されていました。実行モデルは基本的に、入力されたコードを JavaScript エンジンが常時実行し、入力候補一覧、シグネチャ ヘルプ、その他のツール機能で “ランタイムのような” 正確性を提供するものです。実行エンジンは言語の動的な要素の処理には適していますが、同時に非常に複雑で不整合が生じるという欠点もあります。たとえば、入れ子状のループや…