Visual Studio Team Services の最新情報: 2018 年 4 月のまとめ

執筆者: Buck Hodges (Director of Engineering, VS Team Services) このポストは、2018 年 4 月 25 日に投稿された What’s brewing in Visual Studio Team Services: April 2018 Digest の翻訳です。   このブログ シリーズでは、3 週間ごとに Visual Studio Team Services (VSTS) のリリースに関する最新情報をお届けします。Visual Studio Team Services は、効率のよい継続的インテグレーションと Azure リリース パイプラインの構築に最適な DevOps ツールです。機能が大幅に増えたことで、言語やデプロイ先の OS を問わず、あらゆるアプリの Azure ワークフローのすべての分野で Team Services を効率的に活用できるようになりました。 ビルド完了トリガーを使用して関連ビルドを連結 大規模な製品の場合、複数のコンポーネントが相互に依存していますが、多くの場合、コンポーネント自体は個別に構築されています。そのため、アップストリームのコンポーネント (ライブラリなど)…


Visual Studio Team Services の最新情報: 2018 年 3 月のまとめ

執筆者: Buck Hodges (Director of Engineering, VS Team Services) このポストは、2018 年 3 月 5 日に投稿された What’s brewing in Visual Studio Team Services: March 2018 Digest の翻訳です。   このブログ シリーズでは、3 週間ごとに Visual Studio Team Services (VSTS) のリリースに関する最新情報をお届けします。Visual Studio Team Services は、効率的な継続的インテグレーションと Azure へのリリース パイプライン構築に最適な DevOps ツールです。Team Services の機能が急速に拡大する中で、チームは使用する言語やデプロイ先の OS を問わず、あらゆるアプリの Azure ワークフローのすべての分野で Team Services を効率的に活用することができます。 Azure…


Visual Studio Team Services の最新情報: 2017 年 7 月のまとめ

執筆者: Buck Hodges (Director of Engineering, VS Team Services) このポストは、7 月 12 日に投稿された What’s brewing in Visual Studio Team Services: July 2017 Digest の翻訳です。   このブログ シリーズでは、Visual Studio Team Services (VSTS) に関する最新情報をお届けします。皆様はここで 3 週間分のリリース情報をご確認いただけます。Visual Studio Team Services は効率的な継続的インテグレーションと Azure へのリリース パイプラインを作成するのに最適な DevOps ツールです。 今月はまず、業界で初めて行った Git の大幅なスケーリングについてご紹介します。他にも Git の機能強化をいくつか説明し、その次に、新しい組み込みの Wiki のパブリック プレビューについてお伝えします。さらに、ビルド、リリース、パッケージ管理、作業項目の追跡に関する機能強化などたくさんのニュースがありますので、さっそく始めましょう。 世界最大の Git リポジトリを VSTS…


Continuous Delivery Tools にコンテナーのサポートを追加

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Continuous Delivery Tools adds support for Containers 2017/5/18   先日の Microsoft Build 2017 にて、Continuous Delivery Tools for Visual Studio (英語) の更新が発表されました。マイクロソフトでは、お客様からのフィードバックを拡張機能の拡充に積極的に取り入れています。私たちは皆様からの熱意のあるご意見やご要望を受けて製品を追求する多くのチャンスをいただき、お客様にさらに価値あるものを継続的に提供することができています。今回の更新では、不具合を修正したほか、Docker Compose を使用したソリューションで Azure App Service on Linux および Azure Service Fabric クラスターへの継続的デリバリ パイプラインを構成できるようになりました。また、コードの品質改善を支援する新機能 (英語) を追加しました。この機能を使用すると、コードをコミットする際に未解決のコード分析問題が通知され、エラー インジケーターをクリックしてエラー リストを参照できます。チーム内の CI/CD プロセスに影響が及ぶ前に対処することが可能なため、安心してコードをコミットできるようになります。この機能の詳細については、こちらのブログ記事 (英語) を参照してください。 App Service on Linux への継続的デリバリ コンテナー対応ソリューションのサポート拡大の一環として、このたび、ビルドやリリース定義を IDE…


Azure App Services に ASP.NET Core プロジェクトを自動でビルドおよびデプロイ

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Automatically build and deploy ASP.NET Core projects to Azure App Services 2017/4/25   マイクロソフトでは、最近の更新プログラムにおいて、一般的なさまざまなシナリオをサポートするよう取り組みを進めてきました。今月の始めには、ソースをパブリックまたはプライベートの GitHub リポジトリ (英語) からプルする Visual Studio Team Services (VSTS) での自動 DevOps パイプライン設定のサポートを追加しました。また、TFVC シナリオのサポートについても現在対応を進めており、拡張機能のさらなる充実を図っています。今回の更新では、Continuous Delivery Tools for Visual Studio (英語) 拡張機能のしあげとして、Azure App Services 向け ASP.NET Core アプリケーションのビルドおよびデプロイのサポートを追加しました。これを使用すると、ASP.NET 4.x または ASP.NET Core アプリケーションのビルド、テスト、デプロイを自動で行う VSTS ビルドおよびリリース定義を構成できます。また、コミュニティで報告されたバグの修正も実施しました。皆様のご協力に感謝します。 ASP.NET Core…


Visual Studio 2017 をリリース: 生産性、パフォーマンス、パートナー エコシステムの強化

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2017: Productivity, Performance, and Partners 2017/3/7   このたびマイクロソフトは、Visual Studio 2017 をリリースしました。こちらからダウンロードを開始 (英語) のうえ、この記事で今回提供される主要機能の情報をご確認ください。今回のリリースによる変更点の完全な一覧については、Visual Studio 2017 のリリース ノートをご覧ください。この記事では、以下の点についてご紹介します。 基本機能: 生産性とパフォーマンス 優れたモバイル アプリケーション開発エクスペリエンス クラウドでの開発 DevOps Visual Studio のエコシステム 基本機能: 生産性とパフォーマンス 起動時間とプロジェクト読み込み時間の短縮: 複数の基本機能を強化した結果、Visual Studio 2017 では起動時間が Visual Studio 2015 の 3 分の 1 に短縮されました。また、ソリューションの読み込み時間が 2 分の 1 から 4 分の…


Release Management の一般提供を開始

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing general availability of Release Management 2016/11/16   このたび、Visual Studio Team Services の Release Management の一般提供が開始されました。Release Management は Team Foundation Server 2017 でも使用できます。 マイクロソフトは、Release Management のパブリック プレビューを開始して以来、継続的に新機能を追加 (英語) してきました。このサービスは非常に多くのお客様にご利用いただき、製品改良の参考となる貴重なご意見を多数いただいています。 Release Management は DevOps に不可欠な要素であり、高品質なソフトウェアを速いペースで継続的に提供するうえで重要です。Release Management では、開発環境、テスト環境、ステージング環境、運用環境といった複数の環境へのアプリケーションのデプロイやテストを自動化することが可能で、あらゆるアプリケーション プラットフォームにデプロイし、オンプレミスまたはクラウドをターゲットにすることができます。 Release Management はクロス プラットフォーム対応で、Java から ASP.Net や Node.js まで、さまざまな種類のアプリケーションをサポートします。また、各種 ALM ツールとの統合やリリース プロセスのカスタマイズも可能です。たとえば、Release…


Visual Studio Team Services で iOS アプリケーションの継続的デリバリを実現

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Continuous Delivery of iOS Applications with Visual Studio Team Services 4 2016/8/25   このたび、Apple App Store 拡張機能 (英語) が発表されました。この機能を使用すると、Team Services または Team Foundation Server (2015 Update 3 以降) を通じて iOS アプリケーションを Apple App Store にデプロイすることができます。Google Play 拡張機能 (英語) と併せて使用すると、Team Services および TFS を通じて iOS や Android のモバイル アプリケーションの継続的なデプロイを実現できます。…


モバイル ファースト、クラウド ファーストのビジョンを掲げるマイクロソフト、Gartner Magic Quadrant の Mobile Application Development Platforms 分野で「リーダー」に

  本記事は、マイクロソフト本社の Official Microsoft Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Mobile-first, cloud-first makes Microsoft a Leader in the Gartner Magic Quadrant for Mobile Application Development Platforms 2016/6/16   マイクロソフトが Xamarin を買収してから数か月後、Scott Guthrie と私は、これまで両社が長年にわたってパートナーとして協力してきたモバイル開発およびクラウドサービスの分野をさらに補完するロードマップを発表しました。Visual Studio と Xamarin そして Azure を組み合わせたことで高い成果が得られており、たいへん嬉しく思っています。既に大勢の開発者の皆様にご採用いただいているだけでなく、開発者コミュニティ以外からもご好評の声が届いています。 昨日、マイクロソフトは、ガートナーのマジッククアドラントのモバイル アプリケーション開発プラットフォーム部門で「リーダー」に選出されました。これは、Xamarin の統合、Azure App Service の強化、モバイル DevOps 機能の改良などを推し進め、モバイル アプリケーション開発プラットフォームのビジョンを劇的に拡大させているマイクロソフトの取り組みを評価したものです。 この 1 年間、マイクロソフトは「すべての開発者、すべてのアプリ、すべてのプラットフォーム」というビジョンの下、驚くほどの進化を遂げました。開発者の皆様にとっては、フルスタック ソリューションの効率性と、開発者が習熟している言語やツール、サービスを状況に応じて使用できるという柔軟性を両立させる必要があります。マイクロソフトは、すべてのアプリ、すべての開発者、すべてのプラットフォームに向けて完全なソリューションを提供している唯一の企業でありながら、皆様のワークスタイルに合わせてお使いいただける柔軟性も兼ね備えています。このアプローチは、私たちがモビリティ分野において独自に進めているもので、業界内でもますます高く評価していただいており、嬉しいかぎりです。 マイクロソフトでは、開発者がアプリの構築や保守を行う方法を根本的に変革するべく取り組んでいます。また、この取り組みはまだまだゴールにはほど遠いですが、これまでの成果をガートナーから認められたことを誇りに思っています。今回の勝因と思われるポイントを以下にご説明します。 1 つのパッケージに最高級の開発ツールを集約 すべては IDE から始まります。Visual…


開発者向けイベント「Microsoft Connect (); // 2015」を11 月 18 – 19 日に開催

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Microsoft Connect (); // 2015 Developer Event Set for November 18-19 2015/10/19 6:30 PM   マイクロソフトは、開発者の皆様からの多大なサポートによって成長してきた企業です。そうしたことから、私たちは当社の最新のツールやテクノロジ、そして将来の計画に関する情報を開発者の皆様とシェアすることが何よりも重要であると考えています。このたびマイクロソフトは当社主催の開発者向けプレミアイベント「Connect (); // 2015」を米国時間 11 月 18 ~ 19 日に開催することを決定いたしました。当日はニューヨークから全世界に向けて、無料のライブストリーミングを配信します。 このイベントでは、キーノートのほか、最新の情報やデモ、インサイトをお伝えする数々のテクニカル セッションをご用意しています。Android、iOS、Linux、Windows を対象としたオープンな環境で活用できる強力で柔軟なツールが提供されてきた今、マイクロソフト製品に携わる開発者の皆様の役割が今後どのように変化していくかをご紹介します。 さらに今回のイベントで、Linux および OSX 向けにオープン ソース化したクロス プラットフォーム対応の .NET や、あらゆるデバイスや OS に対応した無料の Visual Studio Community など、昨年から始まった開発者向けの新たな取り組みにおける成果もご紹介します。 Scott Guthrie、Brian Harry、Scott Hanselman、Amanda Silver、Anders…