Azure App Services に ASP.NET Core プロジェクトを自動でビルドおよびデプロイ

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Automatically build and deploy ASP.NET Core projects to Azure App Services 2017/4/25   マイクロソフトでは、最近の更新プログラムにおいて、一般的なさまざまなシナリオをサポートするよう取り組みを進めてきました。今月の始めには、ソースをパブリックまたはプライベートの GitHub リポジトリ (英語) からプルする Visual Studio Team Services (VSTS) での自動 DevOps パイプライン設定のサポートを追加しました。また、TFVC シナリオのサポートについても現在対応を進めており、拡張機能のさらなる充実を図っています。今回の更新では、Continuous Delivery Tools for Visual Studio (英語) 拡張機能のしあげとして、Azure App Services 向け ASP.NET Core アプリケーションのビルドおよびデプロイのサポートを追加しました。これを使用すると、ASP.NET 4.x または ASP.NET Core アプリケーションのビルド、テスト、デプロイを自動で行う VSTS ビルドおよびリリース定義を構成できます。また、コミュニティで報告されたバグの修正も実施しました。皆様のご協力に感謝します。 ASP.NET Core…


Visual Studio 2017 をリリース: 生産性、パフォーマンス、パートナー エコシステムの強化

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2017: Productivity, Performance, and Partners 2017/3/7   このたびマイクロソフトは、Visual Studio 2017 をリリースしました。こちらからダウンロードを開始 (英語) のうえ、この記事で今回提供される主要機能の情報をご確認ください。今回のリリースによる変更点の完全な一覧については、Visual Studio 2017 のリリース ノートをご覧ください。この記事では、以下の点についてご紹介します。 基本機能: 生産性とパフォーマンス 優れたモバイル アプリケーション開発エクスペリエンス クラウドでの開発 DevOps Visual Studio のエコシステム 基本機能: 生産性とパフォーマンス 起動時間とプロジェクト読み込み時間の短縮: 複数の基本機能を強化した結果、Visual Studio 2017 では起動時間が Visual Studio 2015 の 3 分の 1 に短縮されました。また、ソリューションの読み込み時間が 2 分の 1 から 4 分の…


Release Management の一般提供を開始

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Announcing general availability of Release Management 2016/11/16   このたび、Visual Studio Team Services の Release Management の一般提供が開始されました。Release Management は Team Foundation Server 2017 でも使用できます。 マイクロソフトは、Release Management のパブリック プレビューを開始して以来、継続的に新機能を追加 (英語) してきました。このサービスは非常に多くのお客様にご利用いただき、製品改良の参考となる貴重なご意見を多数いただいています。 Release Management は DevOps に不可欠な要素であり、高品質なソフトウェアを速いペースで継続的に提供するうえで重要です。Release Management では、開発環境、テスト環境、ステージング環境、運用環境といった複数の環境へのアプリケーションのデプロイやテストを自動化することが可能で、あらゆるアプリケーション プラットフォームにデプロイし、オンプレミスまたはクラウドをターゲットにすることができます。 Release Management はクロス プラットフォーム対応で、Java から ASP.Net や Node.js まで、さまざまな種類のアプリケーションをサポートします。また、各種 ALM ツールとの統合やリリース プロセスのカスタマイズも可能です。たとえば、Release…


Visual Studio Team Services で iOS アプリケーションの継続的デリバリを実現

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Continuous Delivery of iOS Applications with Visual Studio Team Services 4 2016/8/25   このたび、Apple App Store 拡張機能 (英語) が発表されました。この機能を使用すると、Team Services または Team Foundation Server (2015 Update 3 以降) を通じて iOS アプリケーションを Apple App Store にデプロイすることができます。Google Play 拡張機能 (英語) と併せて使用すると、Team Services および TFS を通じて iOS や Android のモバイル アプリケーションの継続的なデプロイを実現できます。…


モバイル ファースト、クラウド ファーストのビジョンを掲げるマイクロソフト、Gartner Magic Quadrant の Mobile Application Development Platforms 分野で「リーダー」に

  本記事は、マイクロソフト本社の Official Microsoft Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Mobile-first, cloud-first makes Microsoft a Leader in the Gartner Magic Quadrant for Mobile Application Development Platforms 2016/6/16   マイクロソフトが Xamarin を買収してから数か月後、Scott Guthrie と私は、これまで両社が長年にわたってパートナーとして協力してきたモバイル開発およびクラウドサービスの分野をさらに補完するロードマップを発表しました。Visual Studio と Xamarin そして Azure を組み合わせたことで高い成果が得られており、たいへん嬉しく思っています。既に大勢の開発者の皆様にご採用いただいているだけでなく、開発者コミュニティ以外からもご好評の声が届いています。 昨日、マイクロソフトは、ガートナーのマジッククアドラントのモバイル アプリケーション開発プラットフォーム部門で「リーダー」に選出されました。これは、Xamarin の統合、Azure App Service の強化、モバイル DevOps 機能の改良などを推し進め、モバイル アプリケーション開発プラットフォームのビジョンを劇的に拡大させているマイクロソフトの取り組みを評価したものです。 この 1 年間、マイクロソフトは「すべての開発者、すべてのアプリ、すべてのプラットフォーム」というビジョンの下、驚くほどの進化を遂げました。開発者の皆様にとっては、フルスタック ソリューションの効率性と、開発者が習熟している言語やツール、サービスを状況に応じて使用できるという柔軟性を両立させる必要があります。マイクロソフトは、すべてのアプリ、すべての開発者、すべてのプラットフォームに向けて完全なソリューションを提供している唯一の企業でありながら、皆様のワークスタイルに合わせてお使いいただける柔軟性も兼ね備えています。このアプローチは、私たちがモビリティ分野において独自に進めているもので、業界内でもますます高く評価していただいており、嬉しいかぎりです。 マイクロソフトでは、開発者がアプリの構築や保守を行う方法を根本的に変革するべく取り組んでいます。また、この取り組みはまだまだゴールにはほど遠いですが、これまでの成果をガートナーから認められたことを誇りに思っています。今回の勝因と思われるポイントを以下にご説明します。 1 つのパッケージに最高級の開発ツールを集約 すべては IDE から始まります。Visual…


開発者向けイベント「Microsoft Connect (); // 2015」を11 月 18 – 19 日に開催

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Microsoft Connect (); // 2015 Developer Event Set for November 18-19 2015/10/19 6:30 PM   マイクロソフトは、開発者の皆様からの多大なサポートによって成長してきた企業です。そうしたことから、私たちは当社の最新のツールやテクノロジ、そして将来の計画に関する情報を開発者の皆様とシェアすることが何よりも重要であると考えています。このたびマイクロソフトは当社主催の開発者向けプレミアイベント「Connect (); // 2015」を米国時間 11 月 18 ~ 19 日に開催することを決定いたしました。当日はニューヨークから全世界に向けて、無料のライブストリーミングを配信します。 このイベントでは、キーノートのほか、最新の情報やデモ、インサイトをお伝えする数々のテクニカル セッションをご用意しています。Android、iOS、Linux、Windows を対象としたオープンな環境で活用できる強力で柔軟なツールが提供されてきた今、マイクロソフト製品に携わる開発者の皆様の役割が今後どのように変化していくかをご紹介します。 さらに今回のイベントで、Linux および OSX 向けにオープン ソース化したクロス プラットフォーム対応の .NET や、あらゆるデバイスや OS に対応した無料の Visual Studio Community など、昨年から始まった開発者向けの新たな取り組みにおける成果もご紹介します。 Scott Guthrie、Brian Harry、Scott Hanselman、Amanda Silver、Anders…


2015 年 8 月の注目記事のご紹介

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Top News for August 2015  2015/09/15 5:00 AM 皆さん、こんにちは。この記事では、先月投稿された特に注目の記事をまとめてご紹介します。 今月は、DevOps に関連する記事が数多くありました。「9 月に Visual Studio Online の料金とライセンスが変更に (英語)」(Brian Harry) では、9 月 1 日から開始された割安の階層型の料金モデルをご紹介しました。これに関連するものとして「Visual Studio Online の開発タイムライン (英語)」の更新情報 (英語) と「Visual Studio Online/TFS の開発タイムライン — UserVoice バージョン (英語)」もありますので、あわせてご覧ください。また、Jeremy Epling が投稿した「Git のエクスペリエンスの今後 (英語)」では、Visual Studio のプル リクエスト、プル リクエストをより簡単に検索/レビューする方法、巨大な Git リポジトリへのスケールの拡大、SSH と GitFlow のサポート、TFVC…


2015 年 3 月の注目記事のご紹介

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Top News from March 2015  2015/04/02 10:30 AM 1 度取り上げただけでは見逃すこともあると思いますので、ここでは 1 か月の間に投稿された注目記事をまとめてお知らせしたいと思います。2 回目の今回は、3 月の注目記事をピックアップしてお届けします。 3 月は開発者向けのさまざまなコンテンツを紹介し、マイクロソフトが特に重要と考える事柄についてお伝えしてきました。これらの記事が皆様のお役に立てば幸いです。そしてもちろん、皆様からのご意見もお待ちしております。 2015 年 3 月に注目を集めた記事 Internet of Things の実現: 沿岸部の調査 (英語): Sam Stokes が Channel 9 の DevRadio (英語) で公開したコンテンツの 4 本目となるビデオが「Internet of Things の実現: 沿岸部の調査 – データ ストレージ (英語)」です。このビデオでは、沿岸部の調査を目的としたデータ ストレージおよびデータ収集について掘り下げ、生命科学技術分野に関心を持つ学生に向けて、このプロジェクトが Common Core…


【Visual Studio 2015 スペシャル ツアー】全国 7 か所にて開催

昨年秋、ニューヨークで開催された開発者向けイベント『Connect();』において、.NET サーバー コンポーネントのオープン ソース化やクロス プラットフォーム開発の強化、次バージョンの Visual Studio 2015、そして Visual Studio Community エディションの無償提供など、いくつかの重要な発表がありました。 これらの発表は、今後のアプリケーション開発において何か影響があるののでしょうか?それらの発表が意味するところや、マイクロソフトの開発プラットフォームのビジョンと今後の方向性について、開発に携わる皆様と共有したく、この度全国7都道府県の日本マイクロソフトの本支店にてセミナーを開催することとなりました。2015 年中に発売が予定されている Visual Studio 2015、Team Foundation Server 2015 もデモを交えてご紹介します。 Visual Studio のマーケティングを担当している私自身、これらの発表を聞いたり Visual Studio 2015 の製品コンセプトに触れるにつれ、マイクロソフトが目指そうとしているアプリケーション開発の姿は変化しつつあるのだな、と感じています。そしてそれは開発者の皆様の可能性がさらに広がっていくものだと思います。 ぜひ、皆様にもご参加いただき、これからの Visual Studio、これからの .NET について触れ、今後のアプリケーション開発がどのようになっていくのか、皆様なりの感想をもってかえっていただけると幸いです。   【Visual Studio 2015 スペシャル ツアー】 Visual Studio 2015/.NET で広がるアプリケーション開発の可能性           開催地 開催日 申込み 東京 3 月 6 (金) 間もなく締切り 大阪 3…


Visual Studio 2015 CTP 6 および Team Foundation Server 2015 CTP をリリース

  本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Visual Studio 2015 CTP 6 and Team Foundation Server 2015 CTP Released  2015/02/23 6:05 PM   マイクロソフトでは短いサイクルで更新版をリリースするよう努めており、今回もその流れに沿って Visual Studio 2015 CTP 6 (英語)、さらに Team Foundation Server 2015 CTP (英語) をリリースしました。これらの製品はいずれもダウンロード センター (英語) と MSDN サブスクライバー ダウンロードのページからもダウンロードできます。少しでも早く利用したいというユーザーの方は、Azure でホストされている仮想マシン (英語) で最新の CTP を使用できますので、こちらをご活用ください。この記事では、ご利用を検討中の方に向けて両製品の注目点をいくつか説明します。本稿以外にも Brian Harry が執筆したブログ記事 (英語)、Team Foundation Server…