Windows Bridge for iOSのオープン ソース化

※本ブログは Building Apps for Windows “Open Sourcing the Windows Bridge for iOS” の抄訳です。 190 か国以上で、無料でアップグレードできる Windows 10 をリリースし、10 億台のデバイスを Windows 10 とユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) にアップグレードするための大きな第一歩を踏み出しました。また、ユニバーサル Windows アプリの作成や申請に使用する Windows SDK や付属ツールも提供しました。Windows 10 では新しい API を導入し、アダプティブ UX、ナチュラル ユーザー入力、クラウド ベースのサービスを介してアプリをより個人向けに設定する処理の大半を実行するプラットフォームを構築しました。また、開発者が、既存の iOS、Android、Web、デスクトップPCのコードやスキルセットを Windows ストアで利用できるように、一連の “Bridge(ブリッジ)” テクノロジも導入しました。この記事では、その最新情報を紹介します。 この度、開発初期段階の Windows Bridge for iOS (旧称、Project Islandwood) をリリースしました。製品版のリリースは今秋を計画していますが、オープン ソースのコミュニティでは現時点の Bridgeをご利用いただけます (製品版の Bridgeで、近日公開予定の…


Visual Studio 2015 と .NET 4.6 のダウンロード提供を開始

本記事は、マイクロソフト本社の Somasegar’s blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】Visual Studio 2015 and .NET 4.6 Available for Download  2015/07/20 11:35 PM 本日、Visual Studio 2015 と .NET 4.6 のダウンロード提供が開始されました! この 2 つのリリースは、昨年の 11 月の発表に続く大きなステップです。今回の発表によって、すべての開発者の皆様が Visual Studio と .NET による生産性の高い開発環境を利用できるようになるだけでなく、Visual Studio を使用する開発者の皆様にとっても、これまで以上に高い生産性水準に達することができるすばらしい機会となっています。 なお、今回のリリースを祝して、Visual Studio 2015 リリース記念のオンライン イベント (英語) が開催されますので、皆様ぜひご参加ください。また、Channel 9 では 60 以上の新機能に関するオンデマンド ビデオ (英語) をご覧いただけます。もちろん、すぐに新しい機能を試したいという方は今すぐ Visual Studio 2015 をダウンロードしてお試しください。 Visual Studio…


Glimpse チームがマイクロソフトの一員に

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 The Glimpse Team Joins Microsoft  2015/07/15 1:00 AM 現在、Web 開発者がアプリケーションを構築するうえで頭に入れておかなければならない問題はとても多くなっています。それは、ブラウザー、プラットフォーム、デバイス、フォーム ファクターの数がかつてないほど増えているのが原因です。モバイル コンピューティングをはじめ、タッチ インターフェイス、高解像度ディスプレイ、すぐに仕様が変わるブラウザー API、JavaScript ライブラリといったハードウェアは今日大きく進歩し、最先端の Web で優れた開発を行うために従わなければならない原則の難易度は高まる一方です。そんな中でも、開発者を支援する Web 開発ツールの成熟度は高まっていますが、依然としてそこには大きなギャップがあり、Web プラットフォーム向けの開発は本来あるべきほど簡単ではないのが現状です。しかし、マイクロソフトならこのギャップを埋めることができると私は確信しています。 そして今回素晴らしいことに、Glimpse の Nik Molnar 氏 (英語) と Anthony van der Hoorn 氏 (英語) が Visual Studio チームに加わることになりました。 Mix 11 で Glimpse を発表する Anthony van der Hoorn 氏、Nik Molnar…


.NET Core がオープン ソースに

  本記事は、マイクロソフト本社の .NET Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 .NET Core is Open Source 2014/11/12 7:39 AM 投稿者: Immo Landwerth [MSFT]、投稿日: 2014 年 11 月 12 日 午前 7 時 39 分 本日、.NET にとって重大な発表がありました。マイクロソフトはランタイムおよび Framework のライブラリを含む .NET Core (英語) 全体をオープン ソース化することを発表しました。 今回の発表は、既に実施された以下のマネージ コンパイラ (C#、VB、F#) と ASP.NET のオープン ソース化という流れに沿って決定されたものです。 · C# および Visual Basic ("Roslyn") (英語) · Visual F#…


Visual Studio “14” CTP 3 がリリースされました

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】Visual Studio “14” CTP 3 Released  2014/8/19 1:55 AM 本日、Visual Studio “14” CTP 3 と、初期ビルド版の .NET Framework vNext がリリースされました。ダウンロードは Microsoft Download Center もしくはMSDN subscriber downloads から、またはセットアップ不要ですぐに使用ができるAzureのVirtual Machine もご利用いただけます。追加された新機能と修正の一覧は Visual Studio “14” release notes をご確認ください。今回のリリースにおける注目点は以下の通りです。 ASP.NET および Web Development vNext のアップデート このCTP 版には、Visual Studio 2013 Update 3 の全Webツールの改良、また ASP.NET vNext…


Web アプリケーション開発をさらに強力に支援 ~ ASP.NET および Web Tools 2012.2 をリリースしました。

近年のアプリケーション開発において重視されている価値の一つに、「ユーザーに対し継続的に価値を届ける」、ということがあります。   アプリケーションのライフサイクルを考えてみると、実際に開発を行っている期間よりも、アプリケーションをリリース後、ユーザーによって利用されている期間のほうが長いはずです。ユーザーによる利用を経て受け取ったフィードバックや提案をどのようにアプリケーションに反映し、どのタイミングでユーザーに提供するかは開発チームにとっても大きな課題の一つです。   Visual Studio の開発チームでは、Visual Studio のユーザーである開発者の皆様に「ユーザーに対し継続的に価値を届ける」ことがより容易に、そして素早くできるように様々な機能を提供していますが、一方で自らが「ユーザーに対し継続的に価値を届ける」、ということを実践できるように Visual Studio 2012 において(ユーザーである開発者の皆様に)継続的に機能強化を行うことをお約束しています。     このお約束に対する実践として、昨年の夏に Visual Studio 2012 をリリースした後、秋(11月)に Update 1 として新たな価値提供を行わせていただきました。また、この冬に更なる価値の提供として Update 2 を予定しています(現在 Visual Studio 2012 の Update 2 のプレビュー提供を行っています)。     そして本日お伝えするのは、これとは別に ASP.NET と Web Tools に関しての新しい価値提供となる アップデートのリリースについてです。 (エバンジェリスト井上の Blog より抜粋)     ASP.NET および Web Tools のアップデートとなる 2012.2 (※)では、以前より情報をお伝えしていた Single…