Visual Studio 2017 をリリース: 生産性、パフォーマンス、パートナー エコシステムの強化


本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Visual Studio 2017: Productivity, Performance, and Partners 2017/3/7

 

このたびマイクロソフトは、Visual Studio 2017 をリリースしました。こちらからダウンロードを開始 (英語) のうえ、この記事で今回提供される主要機能の情報をご確認ください。今回のリリースによる変更点の完全な一覧については、Visual Studio 2017 のリリース ノートをご覧ください。この記事では、以下の点についてご紹介します。

基本機能: 生産性とパフォーマンス

起動時間とプロジェクト読み込み時間の短縮: 複数の基本機能を強化した結果、Visual Studio 2017 では起動時間が Visual Studio 2015 の 3 分の 1 に短縮されました。また、ソリューションの読み込み時間が 2 分の 1 から 4 分の 1 に短縮されたほか、VC++ ブログ (Ankit Asthana 執筆、英語) で触れたとおり、特に C++ プロジェクトでビルド パフォーマンスが高速化されました。これらの強化点の詳細については、Dan Taylor の記事「Visual Studio の全体的な応答性向上」をご覧ください。

ナビゲーションの強化: Visual Studio 2017 では、[Go to All]、[Find All References]、インデント ガイドなど、コード内のナビゲーション機能が大幅に強化されました。たとえば、これまで [Find All References] の検索結果は [Results] ウィンドウにフラット リストとして表示されていましたが、Visual Studio 2017 では検索結果が色分けされるほか、カスタムのグループ化、並べ替え、フィルタリング、検索機能を使って目的の参照をすばやく見つけることができるようになりました。中でも強力なのは、完全に刷新された [Go to All] (Ctrl + T または Ctrl + ,) 機能です。[Go to All] では、ソリューション内のファイル、型、メンバー、シンボルのすべての宣言をすばやく検索できます。検索バーの下部にあるアイコンを使用すると、検索結果をグループでフィルタリングしたり、検索範囲を調整したりすることができます。また、右下にある歯車アイコンをクリックすると、検索バーの配置、強調表示された結果を含むファイルのリアルタイムのプレビュー、各結果のファイルの詳細情報などの設定をカスタマイズできます。

go-to-all

Go To 関連のキーボード ショートカット

Go to All
(すべてに移動)
Go To Line
(行に移動)
Go To File
(ファイルに移動)
Go To Type
(型に移動)
Go To Member
(メンバーに移動)
Go To Symbol
(シンボルに移動)
ショートカット Ctrl + T
または Ctrl + ,
Ctrl + G Ctrl + 1、F Ctrl + 1、T Ctrl + 1、M Ctrl + 1、S
クエリの
プレフィックス
プレフィックスなし : f t m #

ソリューションを必要としないファイルの読み込み: お客様から寄せられたフィードバックに、プロジェクトやソリューションを開かずにファイルを編集できるようにしてほしいというご要望がありました。これにお応えして、Visual Studio 2017 では、C#、C++、Ruby、Go の各言語について、任意のファイルを開いて作業できるようになりました。利用可能なすべての機能の一覧については、Visual Studio で任意のフォルダーを開く方法 (英語) に関するブログ記事をご覧ください。

load-files

IntelliSense フィルタリング: IntelliSense に、目的のメンバーを簡単に絞り込むことができるフィルターが追加されました。このフィルタリング機能によって、相当な数の型の中からこれまでよりも簡単に必要なメンバーを見つけ出せるようになります。

intellisense

言語関連の機能強化 (リファクタリング、スタイル アナライザーなど): 多くの機能が追加されたため、ここでは各機能をごく簡単にご紹介したいと思います。新しい C# 言語のリファクタリング コマンドが追加され、最新の標準に合わせてコードを修正できるようになりました。新しいスタイル アナライザーと EditorConfig のサポートにより、チーム全体でコーディング標準を統一できるようになりました。WPF または UWP アプリケーションを実行しながら XAML を編集し、変更をリアルタイムで確認できるようになりました。C++ コンパイラと標準ライブラリが更新され、C++ 11 と C++ 14 の機能のサポートが強化されました。TypeScript と JavaScript の新しい言語サービスにより、両方の言語で標準的な最新の JavaScript 機能がサポートされ、高度な型推論が実装されました。

CMake での C++ のサポート: Visual Studio 2017 では、新たに CMake がサポートされました。Visual Studio で CMake プロジェクトを直接読み込んでコーディングを開始できます。CMake の構成は簡単に切り替えることができるほか、CMakeLists.txt ファイルと同じフォルダーにある CMakeSettings.json ファイルを使用して、さらに詳細な構成を行うこともできます。CMake のサポートの概要については、Visual C++ チームのブログ記事 (英語) や CMake に関する 10 分間の動画 (英語) をご覧ください。

Linux での C++ のサポート: 人気の高い拡張機能 Visual C++ for Linux Development が、Visual Studio 2017 の一部として実装されました。Linux での C++ 開発の詳細については、Visual C++ チームのブログ記事 (英語)こちらの動画 (英語) をご覧ください。

ライブ ユニット テスト: ライブ ユニット テストとは名前のとおり、直前のコード編集のユニット テスト結果をリアルタイムで表示できる機能です。ユニット テストはコード エディターを表示したまま実行できます。Visual Studio 2017 のライブ ユニット テストの詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。

live-unit-testing

Run to Click (クリックで実行): 通常、デバッグ時には一時的なブレークポイントを使用する方法が一般的ですが、Run to Click を使うとはるかに便利です。デバッガーがブレーク状態で停止している間、コード行にマウス ポインターを合わせると、Run to Click グリフ (アイコン) が表示されます。そのグリフをクリックすると、コードの実行が継続され、その行で停止します。

run-to-click

例外ヘルパー: 例外ヘルパーが追加されました。これにより、例外の根本原因を瞬時に確認できるほか、コンパクトなモードレス ダイアログから内部例外にすぐにアクセスできます。さらに、その種類の例外がスローされた場合に中断するように設定したうえで、特定のモジュールを除外できるようになりました。スローされた例外によって停止している間に、チェック ボックスをオンにして条件を追加できます。

exception

インストールのサイズ縮小と軽量化: 新しいインストーラーが採用され、Visual Studio 2017 を簡単にセットアップして利用を開始できるようになりました。最小インストールは、以前のバージョンのわずか 10 分の 1 のサイズで、1 ~ 2 分でインストールできます。すぐに利用を開始できるように、必要なフレームワークとツールのみを簡単にインストールできます。

優れたモバイル アプリケーション開発エクスペリエンス

Xamarin Forms Previewer: 開発において特に時間がかかるのは、コード行の記述 (ビルド) と動作の確認 (実行) を繰り返す作業です。リアルタイムでフィードバックを確認できれば、開発作業はより迅速になり、簡単で楽しいものになります。Xamarin Forms Previewer では、ページのライブ プレビューが XAML マークアップと並べて表示されるため、コードの入力に合わせて Visual Studio で実際のユーザー インターフェイスを確認することができます。

Xamarin Forms XAML IntelliSense の機能強化: Visual Studio 2017 では、Xamarin Forms の XAML ドキュメントに使用される IntelliSense が大幅に強化されました。新しい IntelliSense では、バインド、カスタム プロパティ、カスタム コントロール、コンバーターなどがサポートされます。

接続済みサービス: Visual Studio 2017 の新しい接続済みサービス エクスペリエンスでは、モバイル アプリケーションを Azure Mobile Apps のデータ ストレージや認証などのクラウド サービスに非常に簡単に接続することができます。プロジェクトにサービスを追加すると、必要なすべての依存関係と初期化コードがモバイル ターゲットに追加されます。

モバイル開発者向けに提供された最初の接続済みサービスでは、Azure App Service バックエンドにアプリを接続し、認証、プッシュ通知、オンライン/オフライン同期に対応したデータ ストレージなどのサービスを簡単に利用することができます。また、この機能を使用すると、Azure ポータルにアクセスしなくても、Visual Studio から直接新しい App Service を作成してプロビジョニングできます。

クラウドでの開発

.NET Core: Visual Studio 2017 では、新たに .NET Core 1.0 と 1.1 のアプリケーションの開発がサポートされました。ASP.NET Core と Entity Framework Core を含む .NET Core は、マイクロソフトのオープン ソース フレームワークで、Windows、MacOS、Linux 用のクラウドおよびサーバー アプリケーションやマイクロサービスを開発できます。ASP.NET Core は高速かつ軽量で、Tech Empower の Web ベンチマーク (英語) では、Java サーブレット、Node.js、Ruby、PHP を抑えて、最も高速な Web フレームワークのトップ 10 にランクインするスコアを記録しました。

dotnet-core

コンテナーのサポートの簡略化: コンテナー開発では、開発環境のセットアップと構成という反復作業を自動化できます。開発者は運用環境のマシンを複製する場合に、自分のマシンに複雑なソフトウェアをインストールしなくても、パッケージ化されたコンテナーとして依存関係を取り込む単純なファイルを利用できるようになりました。Visual Studio 2017 では、Windows と Linux の両方におけるコンテナー型アプリケーション開発がサポートされました。.NET Core および .NET アプリケーションは、作成中または作成後に単純な右クリック操作でコンテナー化できるほか、ローカルでの開発中にコンテナー内で実行、デバッグすることができます。

container-support

Azure App Service のサポート: Azure App Service は ASP.NET や ASP.NET Core でのホスティングを提供するもので、Visual Studio では App Service でのアプリケーションの発行とデバッグが強力にサポートされています。Visual Studio 2017 では、そのサポートが App Service の .NET Core コンテナー型アプリケーションのホスティングにも拡張されました。.NET と Visual Studio 2017 により、コンテナー開発がさらに容易になります。

azure-app-service

詳細については、.NET Blog の最新の記事 (英語) をご覧ください。

DevOps

Visual Studio 2017 では、バージョン管理や開発者分析ツールが改良され、Visual Studio から直接 CI/CD パイプラインを構成 (英語) できるようになるなど、DevOps 環境での作業におけるさまざまな点が改善されました。中でも特に注目なのが、Visual Studio での Git のサポートが改善されたことです。Visual Studio に新しい Git 機能が追加され、IDE を離れることなくエンドツーエンドでより幅広くワークフローを行えるようになりました。送信コミットの差分を表示したり、リベースを force push で完全に実行したり、修正したコミットをプッシュしたり、上流のブランチを削除したり、連続的にパッチを適用してリベースを実行するなどの作業を、Visual Studio からより簡単に実行できます。さらに git.exe に移行したことで、SSH がサポートされたほか、ユーザーの構成オプションを優先したり、コマンド ラインで表示される内容をチーム エクスプローラーで正確に表示するなど、最新機能を提供できるようになりました。

他にも、Visual Studio に Redgate Data ツールが組み込まれ、DevOps をソース コードだけでなくデータベース構成にも適用できるようになった点も注目です。Visual Studio 2017 の DevOps 機能を SQL Server のデータベースに拡張するには、データの格納と処理を行うワークロードをインストールする必要があります。

  • Redgate SQL Search (英語): Redgate SQL Search は複数のデータベースに存在する SQL の断片化やオブジェクトをすばやく発見するための機能で、Visual Studio 2017 のすべてのエディションで使用できます。
  • Redgate ReadyRoll Core (英語): Redgate ReadyRoll Core は Visual Studio Enterprise 2017 に含まれる機能で、移行スクリプトを開発したり、ソース管理を利用してデータベースの変更を管理したり、アプリケーションや SQL Server のデータベースの変更のデプロイを安全に自動化できます。
  • Redgate SQL Prompt Core (英語): Redgate SQL Prompt Core は Visual Studio Enterprise 2017 に含まれる機能で、SQL コードの作成、書式設定、リファクタリングをサポートします。高度なコード補完機能によって、SQL のコードをすばやく正確に作成できます。SQL Prompt は、データベースやシステムのオブジェクト、およびキーワードを自動的に補完したり、入力時に列の候補を示してくれます。このため、開発者はすべての列の名前やエイリアスを覚えておく必要がなくなり、コードが洗練されてエラーも減少します。

さらに、Visual Studio Enterprise サブスクリプションでは、オープン ソースの脆弱性管理およびライセンス確認ソリューションである WhiteSource Bolt と、サービス仮想化ソリューションである Parasoft を 6 か月にわたって使用できます。詳細については、新規サブスクライバー向けの特典に関する記事を参照してください。

Visual Studio のエコシステム

今日では多くのお客様が Visual Studio Marketplace (英語) で提供されているソリューションを利用して Visual Studio を拡張しています。本日の発表に合わせて、100 社以上のパートナーが新たな拡張機能を公開しました。これにより、Visual Studio 2017 では 700 以上の拡張機能をご利用いただけるようになっています (英語)

中でも特に人気なのが、マイクロソフトが提供している Productivity Power Tools という拡張機能です。昨年、Power Tools を再構成して個別の拡張機能のセットとして提供するための作業を行い、本日からその多くが Visual Studio 2017 でご利用いただけるようになりました。

vs-marketplace

また、Python Tools のプレビューも本日公開されました。ローカライズ作業を完了させ、すべての Visual Studio 2017 ユーザーに今後のマイナー アップデートを発行するために、ユーザーが確実に Python 用のツールを使用できるようにしました。

Visual Studio 2017 のご利用とフィードバックのお願い

Visual Studio 2017 は既にインストールしていただいたでしょうか? そうであればとても嬉しいです。インストールに関連して、お客様から次の 2 つの質問をよくいただくので、ここではそれについてお答えします。

  • Visual Studio 2017 Visual Studio 2015 と共存インストールできますか。はい。Visual Studio 2017 は、過去のバージョンの Visual Studio (2012/2013/2015) と共存させることができます。ただし、Visual Studio 2017 の RC 版 (Visual Studio “15”) やプレビュー版と共存させることはできません。
  • Visual Studio 2017 Visual Studio “15” Preview Visual Studio 2017 RC に上書きインストールできますか。Visual Studio 2017 RC や Visual Studio “15” Preview が既にインストールされているコンピューターでは、新しいインストーラーに [Update] ボタンが表示されます。このボタンをクリックするとインストールが開始されます。

Visual Studio 2017 のプレビュー版や RC 版のデータ サイエンス用ワークロードが必要な場合は、今後のバージョンで R のサポートが追加されるまでお待ちいただくこともご検討ください。

ご不明な点がありましたら、Visual Studio 2017 のよく寄せられる質問 (英語) に一般的な質問とその回答が掲載されていますのでご確認ください。互換性の詳細については、Visual Studio 2017 の互換性に関するドキュメントVisual Studio 2017 のシステム要件に関するドキュメントを参照してください。また、オフライン インストールの詳細については、こちらのドキュメント (英語) を参照してください。

Visual Studio 2017 には、数多くの新機能や機能強化が実装されました。このリリースに含まれる機能の完全な一覧と既知の問題については、Visual Studio 2017 のリリース ノートを参照してください。

マイクロソフトでは皆様からのフィードバックをお待ちしています。問題点がありましたら、インストーラーまたは Visual Studio IDE 本体の右上に表示される [Report a Problem (英語)] オプションからご報告をお願いします。また、開発者コミュニティ ポータル (英語) に寄せられたフィードバックもご覧ください。ご提案は UserVoice (英語) までお寄せいただければ幸いです。

最後に、Visual Studio 2017 ローンチ イベント (英語) のご案内です。このイベントではエンジニアリング チームによる製品デモが行われます。また、3 月 8 日にはライブ トレーニングを終日配信します。皆様のご参加をお待ちしています。

John Montgomery 2013 John Montgomery (Visual Studio 担当プログラム マネジメント ディレクター)
John Montgomery (@JohnMontJohn) は Visual Studio、C++、C#、VB、JavaScript、.NET の製品設計とユーザー サポートを担当しています。マイクロソフトに 18 年前に入社して以来、開発者向けテクノロジの開発に従事しています。

 

 

Comments (0)

Skip to main content