Visual Studio 2017 Release Candidate の更新を発表


 

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Update to Visual Studio 2017 Release Candidate 2017/1/27

 

本日マイクロソフトは、Visual Studio 2017 Release Candidate の更新版をリリースしました。昨日一度、RC の更新に関する記事を投稿したことに気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、セットアップの問題が発生したため、いったん削除させていただきました。問題は解決しましたので、改めてご案内させていただきます。最新版を入手するには、上記のハイパーリンクをクリックするか、Visual Studio で出てくる通知をクリックしてください。

今回の更新内容の詳細については、Visual Studio 2017 のリリース ノートと既知の問題 (英語) でご確認いただけます。この記事では、重要な変更点について取り上げたいと思います。

  • .NET Core と ASP.NET Core のワークロードのプレビューが終了しました。今回の更新で複数の不具合が修正されたほか、.NET Core と ASP.NET Core のツールの操作性が向上しました。
  • チーム エクスプローラーの接続エクスペリエンスを改良し、接続したいプロジェクトやリポジトリを容易に検索できるようにしました。
  • 多くのご要望にお応えして、保存オプションの詳細設定を復活させました。
  • 複数インストールに関する問題について、ハングするなどの症状を解決しました。また、インストールが失敗したときに再試行ボタンが表示されるようにしました。スタート メニューに明確に Visual Studio のインストール メニューが表示されるようにしました。オフライン インストール用レイアウトの作成をサポートしました。

改良以外の変更点としては、Data Science と Python 開発のワークロードが削除されました。また、英語以外の言語への翻訳など、一部のコンポーネントは今回の VS リリースでサポートが終了するため、リリース要件から外れます。これらは近いうちに独立してダウンロード提供が開始されます。F# は、.NET デスクトップ ワークロードおよび .NET Web 開発ワークロードで引き続き使用できます。

最新版をお試しのうえ、ぜひフィードバックをお寄せください。問題点がありましたら、インストーラーまたは Visual Studio IDE 本体の [Report a Problem (英語)] オプションからご報告をお願いします。また、開発者コミュニティ ポータル (英語) もご利用ください。ご提案は UserVoice (英語) までお寄せいただければ幸いです。

John Montgomery (Visual Studio 担当プログラム マネジメント ディレクター)

@JohnMont は Visual Studio、C++、C#、VB、.NET、JavaScript の製品設計とユーザー サポートを担当しています。マイクロソフトには 18 年前に入社し、それ以来、開発者向けテクノロジの開発に従事しています。

Comments (0)

Skip to main content