Visual Studio Team Services で iOS アプリケーションの継続的デリバリを実現

  本記事は、マイクロソフト本社の Microsoft Application Lifecycle Management Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 Continuous Delivery of iOS Applications with Visual Studio Team Services 4 2016/8/25   このたび、Apple App Store 拡張機能 (英語) が発表されました。この機能を使用すると、Team Services または Team Foundation Server (2015 Update 3 以降) を通じて iOS アプリケーションを Apple App Store にデプロイすることができます。Google Play 拡張機能 (英語) と併せて使用すると、Team Services および TFS を通じて iOS や Android のモバイル アプリケーションの継続的なデプロイを実現できます。…


サーバーレス コンピューティングと Azure Functions の概要

  本記事は、マイクロソフト本社の Scott Hanselman Blog の記事を抄訳したものです。 【元記事】 What is Serverless Computing? Exploring Azure Functions 2016/8/27   「クラウド」という言葉は別にしても、クラウドの世界はわかりづらい言葉であふれています。 IaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) – オンデマンドで使用可能な仮想マシンなどのリソース。 PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) – アプリのデプロイ先。その基盤となる仮想マシンなどについて考慮する必要はありません。実際には仮想マシンは存在しているのですが、必要がない限り存在が見えないようになっています。 SaaS (サービスとしてのソフトウェア) – Office 365 や Gmail のような製品。サブスクリプション料金を支払って電子メールなどのサービスを利用します。ユーザーには動作しているようすのみが見えます。 「サーバーレス コンピューティング」では、実際にサーバーが存在しないわけではありません。サーバーレスとは、ユーザーがサーバーの存在を意識する必要がないという意味です。これは PaaS と類似していますが、さらに高レベルなものです。 サーバーレス コンピューティングでは、コードを作成してスライダーを調整し、クレジット カードを用意します。以上で関数を使用する準備が完了し、支払い額に応じてスケーリングすることができます。これは、クラウドで得られる「クラウド的」なメリットによく似ています。 PaaS では、Node や C# のアプリを作成して Git にチェックインし、Web サイトにデプロイするか、または Web アプリケーションとしてデプロイすると、エンドポイントが作成されます。この場合、スケール アップ (CPU の高速化やメモリ、ディスクの容量増加) またはスケール アウト (Web アプリのインスタンス数の増加) は可能ですが、シームレスに実行することはできません。非常に有効な手段ではありますが、この環境では常にサーバーを意識する必要があります。…