Visual Studio “15” Preview 3 のリリースを発表


 

本記事は、マイクロソフト本社の The Visual Studio Blog の記事を抄訳したものです。
【元記事】 Visual Studio “15” Preview 3 2016/7/7

 

Visual Studio “15” Preview 3 がリリースされました (Visual Studio 2015 Update 3 とは別物です)。今回のリリースは引き続きプレビュー版でサポート対象外であるため、運用環境にはインストールしないことをお勧めします。ただし、以前の Visual Studio “15” のプレビュー版へ上書きでインストールすることや、以前のバージョンの Visual Studio とのサイドバイサイドで実行することが可能です。詳細については、Visual Studio “15” Preview のリリース ノートおよび Visual Studio “15” Preview 3 の既知の問題をご確認ください。

前回のバージョンに引き続き基礎的な作業を進めていますが、同時にいくつか新しい機能も追加しています。たとえば、IntelliSense を機能強化してメンバー リストを型で絞り込めるようにしたり、新しい例外ヘルパーで内部例外がモードレス ビューに瞬時に表示されるようにしました。また、IntelliSense トレイは既定では無効になっていますが、[Tools] > [Options] > [Text Editor] > [C#/VB] > [IntelliSense] の順にクリックして簡単に有効化できるようにしています。さらに、Preview 3 に含まれる Xamarin 4.1 では、バグの修正、tvOS のサポートの追加、iOS Asset Catalog のサポートの強化を実施しています。詳細については、Xamarin のリリース ノート (英語) をご確認ください。

さらに今回は、Team Foundation Server “15” Preview もリリースされました。このリリースの詳細については、TFS “15” のリリース ノートおよび TFS “15” の既知の問題をご確認ください。

clip_image002_thumb4

現在、フィードバック システムのアップグレードにも取り組んでいます。新しくなった IDE の問題報告機能をお試しいただいてから、Web ポータル (英語) ビューをご覧ください。

マイクロソフトでは皆様からのフィードバックをお待ちしています。問題点がありましたら、Visual Studio の [Report a Problem] オプションからご報告をお願いします。ご提案は UserVoice (英語) までお寄せください。

 clip_image002_thumb30.jpg John Montgomery (Visual Studio 担当プログラム マネジメント ディレクター)
@JohnMontJohn Montgomery は Visual Studio、C++、C#、VB、JavaScript、.NET の製品設計とユーザー サポートを担当しています。マイクロソフトには 17 年前に入社し、以来、開発者向けテクノロジの開発に従事しています。

 

Comments (0)

Skip to main content